トクする雑学

台風時のバイク対策まとめ!転倒防止やカバー・壁や風速と洗車についても

台風が上陸し、各地に甚大な被害をもたらすことが多くなりました。

今回は、台風時のバイク対策まとめとして転倒防止対策やカバーはつけるべきなのか、壁やバイクが倒れる風速について。

また、台風通過後の洗車のポイントについて紹介します。

台風時のバイク対策まとめ!転倒防止やカバー・壁や風速は?

台風時のバイク対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

台風時のバイクが倒れる風速は?:風速40mなら確実

台風でなくとも強風が吹けば風に煽られたり、時には倒れてしまうことがあります。

台風とは最大風速が秒速17.2m以上のものを指します。

最大風速がいくらであっても一概に「これくらいの規模の台風なら大丈夫」と言い切ることはできません。

  • バイクのサイドスタンドの長さ
  • 道路とバイクのなす角度
  • バイクの重量
  • バイクに風が当たる面積
  • 道路の傾斜
  • バイクに当たる風の角度
  • バイクに当たる風の量

さまざまな要素が重なり合って、バイクが倒れてしまうか倒れないかが決まります。

真横から吹き付けた場合には風速が秒速17mでも転倒させたという話があります。

下の動画は風速が秒速40mで転倒したというものです。

このバイクが何かを特定することができませんが、秒速40mの風が吹けば大型バイクでも転倒するということは一つの情報として目安になるでしょう。

台風時のバイク対策は屋内がベスト:バンやトランクルームも

台風時のバイク対策として屋内に移動させられるなら、それが一番です。

ただし自転車とは訳が違うので、なかなか簡単に移動させられません。

そこで現実味のある選択肢は

  • バンなどの車内に移動させる
  • トランクルームをレンタルする
  • 地下駐車場に停める

といったところでしょうか。

バンなどの車内に移動させる

車長と車高がある程度必要ですが、バンの中には中型だけでなく大型バイクも収納できるものがあるでしょう。

ただし、わざわざこのためだけにバンを買うのは現実的ではないため、もしお持ちの車がバンタイプであれば検討してみても良いかもしれないというものです。

トランクルームをレンタルする

トランクルームは都会を中心に全国的に普及しています。

ロッカーくらいの大きさのものから、コンテナサイズのものまでさまざまな種類のトランクルームがレンタルされています。

台風の時のためだけにトランクルームをレンタルするのは難しいでしょうが、盗難対策としてもトランクルームは有効なので、防犯として契約を検討してみるのも良いでしょう。

加瀬倉庫

地下駐輪場に停める

屋外の駐輪場であれば無意味ですが、地下駐輪場を備えている施設があります。

事前に勢力の強い台風が来ることが分かっているのであれば、そうした地下駐輪場に停めておくことも一つの選択肢です。

台風時のバイクカバーは外す・外さない?:外すことで転倒防止

台風時のバイクカバーは外すべきか、それとも外さないでおくべきかという点は一つの問題です。

バイクカバーを外さないメリット

雨風や強風で飛んでくるゴミなどから汚れを守ってくれます。

また、電子機器部分やマフラーなどへの水の侵入を防ぐこともできます。

バイクカバーを外さないデメリット

しかし同時に、バイクカバーは本来通過する風も受け止めてしまいます。

いわゆるヨットの帆のような役割になってしまい、受け止めた風が強すぎるためにバイクが転倒してしまうリスクがあります。

バイクが転倒すればミラーやハンドル、カウルにヒビが入ったり割れてしまうこともあります。

バイクの汚れは洗えばなんとかなりますし、費用もそこまでかかりません。

 

どうしてもバイクカバーをつけて汚れから守りつつ、台風で転倒するのを避けたいのであればバイクカバーのバタツキ・遊びをできるだけなくなるように縛りつけておくことです。

とはいえ、上の画像のように縛りつけたところで限界があります。

バイク単体で受ける風よりも確実にバイクカバーによって受け止めてしまう風は多くなります。

台風時のバイクは倒しておくべき?:ガソリン漏れの原因に

台風時に自転車であれば、倒しておく方が良いです。

同じようにバイクも倒しておいた方が、台風によって転倒させられてカウルが割れたりするよりも安全のように思えます。

しかし、バイクの場合は自転車以上に電子機器も多かったり、ガソリンやバッテリーも内蔵しています。

バッテリーやガソリンタンクは常時横倒しの状態に対応するような作りにはなっていません。

ガソリンが漏れてしまう危険性もあるため、何かのきっかけで引火して思わぬ大事件に発展する可能性があります。

バイクは台風時の対策であっても倒しておくべきではありません。

台風時のバイク転倒防止対策:10種類を組み合わせる

台風時のバイクを屋外に置いておく時にできる転倒防止対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

バイクカバーを外す

バイクカバーは極力外しておいてください。

バイクカバーがある影響で、本来は通り抜ける風が受け止められてしまいバイクが転倒するリスクが増えてしまいます。

どうしてもバイクカバーを使いたい場合はバタツキや遊びを紐やベルトで抑えるようにしましょう。

また、その他の方法と合わせることで対策を強化しましょう。

アスファルトやコンクリートの上に駐輪する

駐輪場所が土やじゃりで舗装されていない場所の場合、雨によって崩れてしまうことがあります。

せっかく壁などに固定したとしても地面がしっかりしていなければ無駄になってしまいます。

コンクリートやアスファルトなどの崩れない材質の上に駐輪しましょう。

サイドスタンドを使って駐輪する

センタースタンドとサイドスタンドの2つがある場合は、サイドスタンドで駐輪するようにしましょう。

センタースタンドを利用すると後輪が浮くことになります。

左右に傾かない分、バランスが取れていて安定しているように感じるかもしれませんが地震とは異なり接地面の広さも転倒を防ぐためには重要な要素の一つです。

 

また、サイドスタンドを利用することで車体が傾いた状態になります。

それだけ地球の重力の影響を受けやすくなります。

 

基本的にはバイクに対して前後左右の4方向から来る風の対策が出来ていれば倒れにくくなります。

センタースタンドではなくサイドスタンドを使うことで、左右のどちらかの風には強くなり、後輪が地面と接地することで前後の風にも強くなります。

バイクを壁やフェンスに固定する

バイクの転倒を防ぐためには前後左右の4方向からの風対策をすることです。

サイドスタンドを使って駐輪することで、「左右のどちらか一方と前後」の3つには最低限の対策ができました。

残るはサイドスタンドがない側への転倒対策をすれば良いです。

コンクリート塀であったり、家の壁などにくっつくように置いておくだけでもマシにはなります。

 

できればフェンスや柱などにチェーンやワイヤーで固定してしまう方がより安全ではあります。

上の画像は盗難対策なので少しイメージが異なりますが、前輪と後輪であったり、ハンドルなど前後2箇所をワイヤーやチェーンでフェンスや柱に固定しておくと良いでしょう。

ワイヤーやチェーンを使って固定できるようなフェンスや柱がないのであれば、せめて壁に触れるように立てておきましょう。

また、壁の位置は台風の風が(進路の西側・東側のどちらにあなたが住んでいるかにもよりますが)南北のどちらかから吹いてきます。

台風の進路西側に住んでいる 台風の進路の東側に住んでいる
東風→北風→西風 西風→南風→東風

基本的には台風が最も近づいてきたときに風も強くなるため、お住まいの位置によって北側の壁沿いにバイクをおいた方が良いか、南側かの選択をしてください。

バイクの重心を下げる

バイクの重心が高いと、それだけ風を受けた時に倒れやすくなります。

重心を下げるためにできることとしては

  • ガソリンタンクの容量を少なくしておく(満タンにはしておかない)
  • リアボックスなどの装備は外す

が挙げられます。

この他にもバーホルダーであったり重さや風を受けやすい面積の大きいものは外しておくと良いです。

他のバイクや自転車から離れて駐輪

どれだけあなたが転倒対策をしていても周囲のバイクや自転車が十分な対策をしていないことがあります。

せっかく対策をしていても、飛んできたり倒れてきたバイクや自転車で傷がついてしまうこともあります。

また、ドミノ倒しの巻き添えなってしまうこともあります。

 

たとえ屋根のついたバイク・自転車置き場に駐輪していたとしても、吹き飛ばされてしまったというニュースもありました。

マンションに住んでおり、地下駐輪場があるのであれば気にすることもないでしょうが、屋外の駐輪場の場合は周囲のバイクや自転車によって被害をもたらされる危険があります。

離れて駐輪できるのであればその方が良いです。

ギアを1速に入れる

スクーターでは不可能ですが、オートバイの場合はギアを1速に入れておきましょう。

一般的に駐輪するときにはニュートラルにしておきます。

ただし、ニュートラルにしておくとタイヤが自由に動いてしまうため、風によって倒れやすい状態でもあります。

ギアが入った状態だとタイヤが固定されて前後の動きに強くなり、転倒しにくくなります。

ブレーキをかける

タイヤが風によって動かされることを防ぐための手立てとして、ブレーキをかけた状態にしておくことも考えられます。

リアブレーキも出来ないことはないですが、手軽さでいえばフロントブレーキです。

ブレーキレバーとハンドルグリップを輪ゴムやワイヤーなどで縛りつけておくことで、フロントブレーキがかかった状態をキープすることができます。

車や壁でバイクを挟む

室内にバイクを移動させられない場合にできる転倒防止対策としては、バイクを壁と車で挟んでおくことです。

車でなくとも、壁と壁の隙間のように台風の強風にも耐えられるような物体でバイクを挟み込むことで転倒のリスクを下げられます。

特にバイクカバーをしておきたい場合などには、チェーンやワイヤーで柱やフェンスにも固定しにくいため有効です。

ただし、車や壁にバイクがガンガン当たってしまう可能性があるので、注意が必要です。

電子機器やマフラーの防水

転倒防止対策ではありませんが、バイクカバーをしていない状態で屋外で台風の雨風を受けることになります。

もちろん防水対策がなされていますが、念のためメーターなどの電子機器の周辺はラップであったりビニールで水の侵入を防いであげる。

マフラーの開口部も塞いでおくと良いでしょう。

台風通過後のバイクの洗車注意点:確認ポイント

屋外においていた場合は特に、台風通過後にバイクの被害状況を洗車をしながらチェックしてあげましょう。

  • ブレーキはちゃんと効いているか?
  • 傷や破損部位はないか?
  • 電子機器は正常に動いているか?
  • ETCは正しく作動するか?

また、バイクカバーをしていた場合もカバーを外して確認しておきましょう。

激しい雨で油も流されていると考えられるので、乗車する前にオイルを差しておいた方が良いです。

まとめ

・台風時のバイクが倒れる風速は?:風速40mなら確実

真横から吹き付けた場合には風速が秒速17mでも転倒させたという話があります。

・台風時のバイク対策は屋内がベスト:バンやトランクルームも

  • バンなどの車内に移動させる
  • トランクルームをレンタルする
  • 地下駐車場に停める

・台風時のバイクカバーは外す・外さない?:外すことで転倒防止

バイクカバーは本来通過する風も受け止めてしまいます。

バイクが転倒すればミラーやハンドル、カウルにヒビが入ったり割れてしまうこともあります。

・台風時のバイクは倒しておくべき?:ガソリン漏れの原因に

バイクは台風時の対策であっても倒しておくべきではありません。

・台風時のバイク転倒防止対策:10種類を組み合わせる

  • バイクカバーを外す
  • アスファルトやコンクリートの上に駐輪する
  • サイドスタンドを使って駐輪する
  • バイクを壁やフェンスに固定する
  • バイクの重心を下げる
  • 他のバイクや自転車から離れて駐輪
  • ギアを1速に入れる
  • ブレーキをかける
  • 車や壁でバイクを挟む
  • 電子機器やマフラーの防水

・台風通過後のバイクの洗車注意点:確認ポイント

  • ブレーキはちゃんと効いているか?
  • 傷や破損部位はないか?
  • 電子機器は正常に動いているか?
  • ETCは正しく作動するか?

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!