ニュースなギモン

台風で風の音が怖いときの対策!眠れないときの対処法・強風恐怖症や過呼吸についても

夏や秋に上陸する台風が激しさを増し、多くの被害を出しています。

今回は、台風が来て風の音が怖いときの対策や眠れないときの対処法について紹介するとともに、

強風恐怖症や過呼吸の対策や対処法についても紹介していきます。




台風で風の音が怖いときの対策や眠れないときの対処法

台風で風の音が怖くて眠れないときの対策や対処法にはどのようなものがあるでしょうか?

台風で風の音が怖い・眠れないときの原因は?

台風が上陸し、あなたが住んでいる街にも影響があると天気予報で知ったとき、また実際に台風が通過しているときに怖いと感じて眠れない原因は恐怖心です。

  • 川が氾濫したら、浸水したらどうしよう・・・。
  • ものが飛んできて窓ガラスが割れるかも。
  • 外の自転車が飛ばされるかも。
  • 屋根が飛んで行ったり、電柱が倒れてきたりするかも。
  • 停電したらどうしよう・・・。

こうした想像を掻き立てる原因は家を揺らしたり木々を揺らす強い台風の風です。

普段感じ得ないほどの強い風が、聴き慣れない音を立てるためにどんどん恐怖心を煽ってきます。

また恐怖心を感じなかったとしても、台風の風の音があまりにも大きいために眠れなくなることがあります。

台風で風の音が怖いときの対策・眠れないときの対処法




台風で風の音が怖いときの対策や、恐怖や不安・風の音がうるさすぎて眠れないときの対処法を紹介していきましょう。

大きく分けると

  1. 台風に備えて事前に準備をしておくこと
  2. 実際に台風が通過しているときにできる怖さ対策・眠れないときの対処法

この2つがあります。

台風に備えて事前に準備をしておく

精神的な不安感や恐怖心を解消するための方法としては、「いかに準備を徹底できていたか?」は重要な要素の一つです。

家の中にしまうことのできなかった自転車、物干し竿などを中に入れる、窓ガラスの補強など。

もしもの停電に備えて懐中電灯や非常時用の持ち出し袋の用意をするなど、考えられる対策をどれだけやっておいたかで気持ちの余裕に違いが現れます。

ホテルや実家・友人宅などに避難する

一人暮らしでない場合はなかなか実行に移すことが困難ではあります。

しかし、事前に台風の規模や気象庁の警告レベルが高い場合や、風の音が怖くて眠れなくなりやすい自覚がある場合は、ホテルや実家・友人宅など安全が確保できる場所、安心と思える場所に避難することも考慮すべきです。

急な斜面など土砂崩れの危険がある地域に住んでいる場合は選択肢として入れておいた方がよいでしょう。

台風が来る前に眠りに就いておく

台風で風の音が怖くて眠れなくなるのであれば、先に眠りに就いておくことでやり過ごせる可能性があります。

起きた時には台風が通り過ぎてくれていれば完璧です。

しかし怖いという気持ちが買っていたり、あまりの風の音に起きてしまうかもしれません。

また、体の緊張をほぐす体勢というものがあり、うつぶせになり左足の膝より下をクッションや枕・座布団に乗せて寝ると良いそうです。

ノイズキャンセリング機能のヘッドホンや耳栓を使う

風の音がうるさいことが怖いと感じる原因でもあります。

また、風の音がうるさいと眠りに入ることができにくくなります。

音を遮断してしまうのが最も手っ取り早い方法です。

耳栓をつけたり、ノイズキャンセリング機能のあるヘッドホンやイヤホンを使うことでより効果的に風の音を軽減することができます。

ヘッドホンやイヤホンの場合は好きな音楽を聴くことで、気持ちも紛らわせることができるでしょう。

お風呂やアロマ、お茶などで気持ちをリラックスさせる

家の中にいるため直接風を受けたりするわけでもないのに、風の音や雨の音、雷などで怖いと感じて眠れなくなってしまいます。

恐怖心のせいで眠ることができなくなっています。

つまり心も体も緊張した状態にあるため、リラックスさせて緊張を解いてあげることが眠りにつくためには大切です。

お風呂に入ったりアロマキャンドルなどを使い慣れているのであれば、自分が落ち着くことができる香り、お茶・ハーブティなどを飲むと良いでしょう。

ただし気持ちをリラックスさせるためのものでしかないので、意気込みすぎたり普段慣れていないことをすると、逆に緊張を高めることにもなりかねません。

家族や恋人・同居人と一緒に寝る

一人暮らしでない場合、家族や恋人・同居人がいるならば一緒の部屋で寝るようにするだけでも安心感によって風の音の怖さを打ち消すことができるでしょう。

眠ることができないまでも、一人で怖い思いをするよりは誰かがそばにいてくれるだけでも気持ちの余裕ができます。

また、台風のことやそれ以外のことなどを話すことができれば、より心を落ち着けることができるでしょう。

SNSや日記などに今の気持ちを書き出す

一人暮らしなどでそばに人がいないのであれば、SNSや電話・LINEなどを使って友達や家族・恋人とつながっている時間を作るだけでも気持ちが落ち着きます。

他人に吐き出すのが苦手な場合は日記などの誰かに見られることがないものに、怖くて眠れない今の気持ちを書き出すだけでも、自分が何に対して恐怖を抱いているのかを客観的に見ることができ冷静になれます。

自律神経に効くツボを押す

台風や雨が降っているときに体がだるく感じてしまう原因は気圧の変化による「自律神経の乱れ」が原因と言われています。

自律神経が乱れることでストレスにも敏感に反応しやすくなるため、眠れなくなる可能性があります。

自律神経の乱れを整えてくれるツボは

  • 手首の甲側の中央にある「陽池ようち
  • 手首の手のひら側の小指寄りにある「神門しんもん
引用:救心製薬
  • 足の薬指と小指の骨の間にある「足臨泣あしりんきゅう
  • 頭の先にある「百会ひゃくえ

があります。

寝ようとせずに目を閉じて横になる

無理に寝ようとすると、逆にどんどん目が覚めてきたり色々なことが気になってきます。

「もう今日は寝れなくていい」と開き直るくらいの気持ちでいる方が眠りに就きやすいことがあります。

また、せめて眠れないまでも目を閉じて横になるだけでも、多少は疲れを癒すことができます。

強風恐怖症や過呼吸の対策・対処法は?

強風恐怖症や過呼吸について、またその対策や対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?

強風恐怖症とは何か?

強風恐怖症や風恐怖症と呼ばれるものがあります。

恐怖症の一種でかつて強風を受けた時にトラウマになるような出来事があったために、恐怖症として体を守ろうとするようになっています。

強風恐怖症の多くの場合、突風などを受けた時に鼻でうまく呼吸ができない体験をしていることがあります。

暖かい時期よりも冬の冷たい時期のほうが呼吸のしにくさがあり、そうした経験が恐怖症となり、呼吸が困難だったために過呼吸を引き起こしやすくなるようです。

強風恐怖症で過呼吸になる対策・対処法は?

強風恐怖症で過呼吸になってしまう場合の対策・対処法は個人差が激しいため、どの方法が自分に最も適切かは分かりません。

恐怖症である以上は精神的なトラウマが要因となっているため、心療内科などの専門医に相談することが一番の解決方法と言えます。

 

私の経験としては、強風恐怖症で過呼吸になる理由はかつて風を受けて呼吸ができなかったために、うまく呼吸ができないことをきっかけにして過呼吸が起きるようです。

台風の強い風の音などをきっかけに、実際には家の中にいるのに強風恐怖症で過呼吸となってしまうのは、風の音が過去のトラウマを思い出させているからです。

 

「いかにパニックにならないようにするか?」が重要なので、自分に言い聞かせ続けることで室内など直接風を感じることがない状況での強風恐怖症で過呼吸になることは防げます。

また、家の中の場合は本当は風を感じることがなく、あくまで「風の音」がきっかけになるため耳栓やヘッドホンなどで風の音を聞かないようにすることできっかけをなくすことができます。

口呼吸をしている場合は過呼吸になりやすいため、鼻呼吸を心がけておくことも重要です。

まとめ

・台風で風の音が怖い・眠れないときの原因は?

台風が上陸し、あなたが住んでいる街にも影響があると天気予報で知ったとき、また実際に台風が通過しているときに怖いと感じて眠れない原因は恐怖心です。

・台風で風の音が怖いときの対策・眠れないときの対処法

  • 台風に備えて事前に準備をしておく
  • ホテルや実家・友人宅などに避難する
  • 台風が来る前に眠りに就いておく
  • ノイズキャンセリング機能のヘッドホンや耳栓を使う
  • お風呂やアロマ、お茶などで気持ちをリラックスさせる
  • 家族や恋人・同居人と一緒に寝る
  • SNSや日記などに今の気持ちを書き出す
  • 自律神経に効くツボを押す寝ようとせずに目を閉じて横になる

・強風恐怖症とは何か?

強風恐怖症の多くの場合、突風などを受けた時に鼻でうまく呼吸ができない体験をしていることがあります。

・強風恐怖症で過呼吸になる対策・対処法は?

恐怖症である以上は精神的なトラウマが要因となっているため、心療内科などの専門医に相談することが一番の解決方法と言えます。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です