邦画アニメ

映画「鉄コン筋クリート」蛇の最後やその後は?手下の殺し屋や創造主についても

映画「鉄コン筋クリート」は2006年に公開されたアニメ映画です。

「ピンポン」などで知られる松本大洋が原作を務めており、「ムタフカズ」や2019年6月に公開される「海獣の子供」の制作をしたSTUDIO 4℃が手がけた作品です。

独特な作画と世界観で多くのファンがいる中、かなり人を選ぶ作品でもあります。

今回は映画「鉄コン筋クリート」の悪役・蛇の最後やその後について。

また、蛇の手下の殺し屋や「組織」について解説します。




映画「鉄コン筋クリート」蛇の最後やその後は?

映画「鉄コン筋クリート」に登場する蛇とはどんなキャラクターで、最後はどうなってしまうのか?についてご紹介します。

映画「鉄コン筋クリート」蛇とはどんなキャラクター?

映画「鉄コン筋クリート」で舞台となる「宝町」に現れて、「子どもの城」という遊園地を作り待ちの様相を一変させていく謎の組織「財団法人 子どもの城」の宝町支部の代表を務めているのが「蛇」と言われる怪しげな見た目の男です。

白い肌に高い鼻、金髪、紫がかった唇にクルッと巻いた前髪が特徴的な男です。

原作コミックではクロとの戦闘で時間を割かれ計画が遅れていくごとに疲労してヒゲ面になっていきますが、映画「鉄コン筋クリート」では容姿の変化はあまりありません。

組織の全容は語ることが難しいらしいですが、「財団法人 子どもの城」がやっている活動は「あるお方のお導き」なのだそうです。

短気で同じことを繰り返すのは苦手であり、目的を果たすためには手段を選ばず行動するタイプの人間です。

映画「鉄コン筋クリート」蛇の最後は?




映画「鉄コン筋クリート」では、「宝町」の地元ヤクザが「蛇」の行なっている「子どもの城」計画に賛成派と反対派で意見が割れ、ヤクザの派閥すらも別れてしまいそうな事態に陥ります。

反対派が組織として成立してしまうと厄介なので、「蛇」は地元ヤクザの舎弟頭の木村に反対派の代表格・鈴木の暗殺を命じます。

暗殺は無事に実行されますが、木村は人質を取られた上で仕方なく命令に従ったこともあり、「蛇」を恨んで銃殺します。

映画「鉄コン筋クリート」蛇は銃に撃たれて死んだ?

木村との初めての対面のときから怪しげな男の雰囲気を漂わせていた「蛇」なので、本当に銃に撃たれて死んでいるのか?気になってしまいます。

直接銃殺されているシーンはありませんが、ディスプレイに反射して「蛇」の頭を銃弾が貫通して倒れたことが確認できます。

この「蛇」は木村によって銃に撃たれて死んだことは確定と言えるでしょう。

映画「鉄コン筋クリート」木村を殺したのも蛇?

しかしすぐに、「蛇」は本当は死んでいないのではないか?生きているのではないか?と思わせられるシーンがあります。

それは「蛇」を銃殺したあと、荷造りをして「宝町」から後ぐされなく立ち去ろうとしている木村の元に、「蛇」のような白い肌に紫がかった唇をした2人組のバイクによって木村が殺されてしまいます。

サングラスをかけていてセリフがあるわけでもないので、「蛇」なのか違うのかを特定することはできません。

原作コミックではバイクではなく車ですが、同じく「蛇」のような見た目をした男によって木村は殺されてしまいます。

少なくとも木村が銃殺した「蛇」は死んでいるので、同じ「蛇」でないことは確かです。

映画「鉄コン筋クリート」蛇の手下の殺し屋は最後どうなった?

「蛇」には3人のおかっぱ頭の屈強な兵士の手下がいます。

紫色をした肌に黒いシャツを着ており、3人の胸にはそれぞれ「蝶」「龍」「虎」の文字が書かれています。

人間のようではありますが、シロ曰く「エイリアンじゃないか?」とのことです。

異国の言葉を話しており、「蛇」とだけは会話が成立しています。

3体ともクロやイタチによってトドメを刺されて死んでいます。

しかしその後、「蛇」は

心配するな、代わりはいくらでもいる。

本社に頼んでもっと性能の高いやつを取り寄せるさ。

壊れた部品はスペアで補う、これ常識。

と言っていることから、ある意味では機械に近い存在といえます。

人工的に人間の性能を管理して製造する技術を「財団法人 子どもの城」は持っているとも考えられます。

映画「鉄コン筋クリート」蛇の組織の創造主とは誰?

「蛇」は「財団法人 子どもの城」の宝町支部の代表を務めています。

この組織とは何か?また目的や代表者が誰かがわかれば、「蛇」の言っていた「スペア、部品」などの言葉の意味を理解できます。

木村「一体あんたら、何が目的なんだよ。」

蛇「我々の行為はあるお方のお導きによるものです。

誰だかわかりますか?木村さん。

神です。神のお導きなのです。

創造主に従うのです。主に変わって司るのです。主と共にあらんことを」

ここで語られている創造主はそのままの流れで捉えれば「神」を指しています。

色々な宗教がある中でも、「蛇」の言わんとする「神」はどの宗教なのか?

「蛇」は「我々の存在を口で説明するのは難しい」と言っています。

 

「蛇」の言い回しはキリスト教っぽいですが、「子どもの城」のデザインでも象が多用されていることから、象を崇拝する宗教と言えます。

つまり、最高神が存在しており、その姿は形容できるものではないこと。

象を崇拝する宗教であること。

そして「蛇」が仕えていること。

これらから導き出せるのは「ヒンドゥー教」であり、この「創造主」とはブラフマンだといえます。

ブラフマンとは世界を変える儀式や犠牲の力を表します。

ブラフマンは宇宙の源であり、全ての存在の中にも秘められており、ヒンドゥー教の他の神の中にもブラフマンは存在することから「言葉で説明するのは難しい」という点も解釈できます。

 

創造主が「財団法人 子どもの城」のトップに立っているので、たとえ部下が死んでしまったとしても、新たに作り変えれば問題はないと言えます。

「蛇」と似たような見た目の男たちに木村が銃殺されたことも、「蛇」の手下と同じくスペアが提供された結果です。

まとめ

・映画「鉄コン筋クリート」蛇とはどんなキャラクター?

映画「鉄コン筋クリート」で舞台となる「宝町」に現れて、「子どもの城」という遊園地を作り待ちの様相を一変させていく謎の組織「財団法人 子どもの城」の宝町支部の代表を務めているのが「蛇」と言われる怪しげな見た目の男です。

・映画「鉄コン筋クリート」蛇の最後は?

木村は人質を取られた上で仕方なく「蛇」の命令に従ったこともあり、「蛇」を恨んで銃殺してしまいます。

・映画「鉄コン筋クリート」蛇は銃に撃たれて死んだ?

直接銃殺されているシーンはありませんが、ディスプレイに反射して「蛇」の頭を銃弾が貫通して倒れたことが確認できます。

この「蛇」は木村によって銃に撃たれて死んだことは確定と言えるでしょう。

・映画「鉄コン筋クリート」木村を殺したのも蛇?

少なくとも木村が銃殺した「蛇」は死んでいるので、同じ「蛇」でないことは確かです。

・映画「鉄コン筋クリート」蛇の手下の殺し屋は最後どうなった?

3体ともクロやイタチによってトドメを刺されて死んでいます。

・映画「鉄コン筋クリート」蛇の組織の創造主とは誰?

この「創造主」とはブラフマンだといえます。

創造主が「財団法人 子どもの城」のトップに立っているので、たとえ部下が死んでしまったとしても、新たに作り変えれば問題はないと言えます。

「蛇」と似たような見た目の男たちに木村が銃殺されたことも、「蛇」の手下と同じくスペアが提供された結果です。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です