邦画アニメ

盾の勇者の成り上がり霊亀編の日本語の内容は?首が落ちていた理由・ネタバレについても

「盾の勇者の成り上がり」は2012年に小説投稿サイト・小説家になろうに投稿され、その後書籍化されており、シリーズ累計780万部を突破する人気を博している作品です。

今回は「盾の勇者の成り上がり」霊亀編に登場する壁画の日本語の内容について。

また霊亀の首が落ちていた理由などネタバレを紹介していきます。

「盾の勇者の成り上がり」霊亀編の日本語の内容は?

「盾の勇者の成り上がり」霊亀編に登場する壁画の日本語の内容はなんでしょうか?

アニメ版の設定の違い

「盾の勇者の成り上がり」には小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿されたweb原作版、小説版、マンガ版、そしてアニメ版の4種類が存在します。

web原作版とその他の作品では大幅な内容の変更がなされていることが多々あり、アニメ版は販促的な意味でも小説版、マンガ版を主なベースとしていると思われますが、詳細は製作者たちのみぞ知るところです。

今回の霊亀編に関しては特にweb原作版と展開が異なるため、アニメ版でどのような展開になっていくかは全くわかりません。

「盾の勇者の成り上がり」霊亀編の内容・ネタバレ

web原作版と小説・マンガ版では霊亀のエピソードが大きく異なります。

web原作版では、槍の勇者・元康たちは3度目の波とグラスの襲来で一切活躍することができず、おいしいところをすべて盾の勇者・尚文に持って行かれたことに苛立ちと焦りを感じていました。

そこで盾の勇者・尚文を除く3人は、より「強力な武器」を手に入れることで見返そうとします。

そこで目標とされたのが四霊の一角である霊亀でした。

かつて転生される前の世界で遊んでいたゲームに登場した霊亀は大したモンスターではなかったことから、元康たち3人の手で封印が解かれて討伐しようとします。

しかし実際の霊亀はゲームに登場したものとは全く異なり、一切の攻撃が通用しないことから全く歯が立たず、集落や国がいくつも破壊されることになり、槍の勇者・元康らは単に世界に災厄をもたらしただけの存在として全てを失います。

その後、霊亀はメルロマルク国を破壊しきる直前に尚文たちによって討伐されます。

 

小説・マンガ版では元康たち3人によって封印を解かれたのではなく、新たな悪役・キョウという人物が登場します。

四霊や霊亀とは?

私たちが住む現実世界にも存在するとされている四体の架空の聖獣のことを「盾の勇者の成り上がり」では四霊と呼んでいます。

四霊には、応龍、麒麟、鳳凰、霊亀がいます。

それら4体が尚文たちが転生した世界の各地にある役割を与えられて封印されています。

「盾の勇者の成り上がり」霊亀の壁画の日本語の内容は?

元康たち3人の勇者がすでに霊亀に向かって攻撃をしたことを知った尚文は加勢に向かいますが、3人の姿が見当たりません。

どういうわけか封印を解かれた霊亀は活動を開始しており、尚文たちは揺れ動く霊亀の背中に乗っている都市を捜索して回ります。

城を発見し、中を見て回ると霊亀の描かれた壁画とその横に日本語らしき文字がありました。

内容はかつて存在した勇者たちが霊亀を封印し、後世に封印を解くことの危険性を伝えるとともに、封印を解くことで得られる効果についても記されていました。

 

霊亀のような霊獣は本来、人間に幸福をもたらす霊獣として位置づけられていますが、「盾の勇者の成り上がり」における霊獣は波から世界を守るために作られ、世界の各地に封印されている存在です。

解放することで世界を崩壊から守ることができるのですが、全人口の3分の2を犠牲にすることでグラスや波といった他の世界から守ることができる結界を作ることができます。

そのため、人口が3分の1になるまで殺戮を続ける凶悪性も併せ持っています。

「盾の勇者の成り上がり」霊亀の首が落ちていた理由・ネタバレ

尚文たちが暴れ出した霊亀を収めるために霊亀の首のあたりに到着すると、すでに霊亀の首は落ちてしまっていました。

それをみた周囲の者たちは勇者が霊亀を倒したと言って盛り上がりますが、まだ周囲の使い魔は動き回っており、霊亀が倒されたことではないため警戒を続けるように尚文は言います。

 

小説版・マンガ版の霊亀はキョウという悪役によって封印を解かれ、人々の命を奪ってキョウがエネルギーを得るための道具として利用されていました。

霊亀は頭と心臓を同時に潰す必要があり、そのためには霊亀の体内に入る必要があります。

霊亀の体内は入り組んでおり、使い魔を隠れており、さらに心臓自体も侵入者を探知すると攻撃をしてくるという厄介な作りになっています。

そしてキョウによってコントロールされている霊亀は討伐がより難解になっており、霊亀のコアというものを見つけて破壊しなければならないようになっています。

 

霊亀は何者かによって首を落とされていましたが、必要な手順をもって倒されなかったために再生して動き、活動を続けていました。

まとめ

・アニメ版の設定の違い

今回の霊亀編に関しては特にweb原作版と展開が異なるため、アニメ版でどのような展開になっていくかは全くわかりません。

・「盾の勇者の成り上がり」霊亀編の内容・ネタバレ

小説・マンガ版では元康たち3人によって封印を解かれたのではなく、新たな悪役・キョウという人物が登場します。

・四霊や霊亀とは?

私たちが住む現実世界にも存在するとされている四体の架空の聖獣のことを「盾の勇者の成り上がり」では四霊と呼んでいます。

・「盾の勇者の成り上がり」霊亀の壁画の日本語の内容は?

霊亀を解放することで世界を崩壊から守ることができるのですが、全人口の3分の2を犠牲にすることでグラスや波といった他の世界から守ることができる結界を作ることができます。

・「盾の勇者の成り上がり」霊亀の首が落ちていた理由・ネタバレ

キョウによってコントロールされている霊亀は討伐がより難解になっており、霊亀のコアというものを見つけて破壊しなければならないようになっています。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!