洋画

スパイダーマン:ファーフロムホームがつまらないし駄作|面白くないと感じる理由と評価・感想

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が2019年6月に世界最速で日本公開されました。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェーズ3の最終作となる今作は、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後の世界をどう描くのか注目が集まっていました。

今回は映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」がつまらないし駄作だという感想をツイッター上の評価や感想とともに紹介、

どうして面白くないと感じてしまうのか理由についてもみていきます。




映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のあらすじは?

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後の世界を描いており、強敵サノスを倒したもののアイアンマン:トニー・スタークを失ったピーター・パーカーが別れを惜しみつつもヒーローとしてどうあるべきかを改めて見つめ直す作品です。

ピーター・パーカーはヨーロッパへの研修旅行に学生として向かいますが、たどり着いたイタリア・ヴェネツィアで水のような怪物に襲われます。

スパイダー・スーツを持ってきておらず身を隠しつつ戦うために、満足に活躍できないスパイダーマンのもとに「ミステリオ」という空を飛ぶ魔法の戦士が助けに現れます。

ミステリオはパラレルワールドの地球からやってきた存在で、水のような怪物は「エレメンタルズ」と呼ばれており、かつてミステリオの住んでいた世界の地球を滅ぼしていました。

その後もエレメンタルズの出現やミステリオとの出会いがあるものの闘おうとしないスパイダーマンでしたが、次第に事件に巻き込まれていきます。

映画「スパイダーマン:ファーフロムホーム」の評価・感想!つまらないし駄作で面白くないと感じる理由




では、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」がつまらないし駄作だといった意見や面白くないという感想・評価をツイッター上の声とともに紹介していきます。

伏線を残しまくりで面白くないし駄作

作品の最初から、前作である「スパイダーマン:ホームカミング」だけでなく、MCUの関連作品を全て知っている前提ではじまります。

そして最後も次のMCU作品につながるようにちりばめられた伏線はほとんど回収されずに残されてしまいます。

ファンにはたまらないでしょうが、一つの作品として完結させる気がなく、連続ドラマのうちの一話かのような扱いにうんざりするという声があります。

ホームカミングとストーリーが同じでつまらないし面白くない

前作「スパイダーマン:ホームカミング」でスパイダー・スーツがなくても、自分自身がヒーローとしてあり続けようと思うことが大切だということを知ったピーター・パーカーでした。

今作ではその成長がまるでリセットされており、戦うことをやめているため振り出しに戻っています。

微妙に前作との違いが人間関係の進展などで描かれているのですが、「またかよ」という気持ちになってしまいます。

アベンジャーズを見ていないと面白くないしつまらない

MCU作品の一番の問題点とも言えます。

他の作品との関係性が強いため、ファンにとってはつながりを感じて興奮することができるのですが、あくまでスパイダーマンの一作品として見たい人には余計な人物・情報が多すぎて楽しめません。

登場人物だけでなく、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で再びヒーローとして戦うことを忌避する理由などもMCU作品を見てきていないとさっぱり分かりません。

スパイダーマンが子供っぽくてカッコよくないし面白くない

今まで映画化された「スパイダーマン(2002)」シリーズや「アメイジング・スパイダーマン(2012)」の主人公ピーター・パーカーとは違い、15歳の高校生の若々しさが前面に押し出されたキャラクター設定になっています。

歴代映画作品からのファンにとっては、自分たちは年をとって成長しているのにスパイダーマンは若返り理解のできないギャグや行動をすることに耐えられないという人も多くいます。

原作コミックに最も近いキャラクター設定なのですが、見慣れていない設定に戸惑ってしまいます。

サノスと比べて敵が地味でつまらないし面白くない

MCU作品を見てきている人にとっても、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の直前の世界ではサノスという強敵を倒すために2作品を費やして描いてきました。

多くのスーパーヒーローの命を犠牲にする大規模な戦いと敵を乗り越えた世界であるため、どうしても敵を比較してしまい「しょぼい」「地味」と感じてしまいます。

MCUがメインでスパイダーマンの映画ではないからつまらないし面白くない

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の冒頭からMCUの他のキャラクターが登場してストーリーの根幹を描いています。

スパイダーマンの映画ではなく、「MCUの世界がスパイダーマンの映画でも描かれている」という雰囲気が強くあります。

純粋にスパイダーマンの活躍を楽しみたい人たちにとっては十分に楽しめないストーリーになっています。

映画「スパイダーマン:ファーフロムホーム」が楽しいし面白いと思えるのはこんな人

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」について批判的な意見を紹介してきましたが、前作である「スパイダーマン:ホームカミング」よりは全然面白いといった意見もあります。

そうした好意的な感想についても紹介していきます。

アベンジャーズを見ていると面白いし楽しめる

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」はMCU作品のシリーズの中の一つの作品です。

そのことを理解して鑑賞することで、作品の世界観にどっぷりと浸かってキャラクターの気持ちなどにも感情移入しやすくなります。

可愛いMJが見たい人には楽しめる

映画「スパイダーマン:ホームカミング」の最後にミシェル・ジョーンズがヒロインであるMJだということが本人から暴露されます。

前作ではツンツンしていたMJとピーター・パーカーとの恋愛に変化が見られ、ミステリアスでクールなだけでなく女性的で可愛らしい姿も見られます。

また、脇役でしかなかったベティという同級生の登場シーンも増えており、成長した姿が可愛いと評判です。

まとめ

・映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のあらすじは?

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後の世界を描いており、強敵サノスを倒したもののアイアンマン:トニー・スタークを失ったピーター・パーカーが別れを惜しみつつもヒーローとしてどうあるべきかを改めて見つめ直す作品です。

・映画「スパイダーマン:ファーフロムホーム」の評価・感想!つまらないし駄作で面白くないと感じる理由

  • 伏線を残しまくりで面白くないし駄作
  • ホームカミングとストーリーが同じでつまらないし面白くない
  • アベンジャーズを見ていないと面白くないしつまらない
  • スパイダーマンが子供っぽくてカッコよくないし面白くない
  • サノスと比べて敵が地味でつまらないし面白くない
  • MCUがメインでスパイダーマンの映画ではないからつまらないし面白くない

・映画「スパイダーマン:ファーフロムホーム」が楽しいし面白いと思えるのはこんな人

  • アベンジャーズを見ていると面白いし楽しめる
  • 可愛いMJが見たい人には楽しめる

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です