邦画アニメ

映画「パプリカ」のネタバレあらすじ・感想!結末や最後のセリフの意味についても

映画「パプリカ」は2006年に公開されたアニメ映画です。

トラウマやヤバいといった感想を呟かれることも多い独自の精神世界を描いた作品です。

今回は映画「パプリカ」のネタバレあらすじと感想を紹介します。

結末や最後のセリフ・意味についても解説していきます。

FODなら映画「パプリカ」を今すぐ無料で視聴することができます♪

登録は1分程度で解約も会員ページから簡単!

2週間の無料トライアル期間に解約すればお金は一切かかりません。

映画「パプリカ」のフル動画配信を無料視聴する方法!Anitubeやアニポで見れる?映画「パプリカ」は2006年に公開されたアニメ映画です。 トラウマやヤバいといった感想を呟かれることも多い独自の精神世界を描いた作...

映画「パプリカ」のネタバレあらすじ

映画「パプリカ」のネタバレあらすじを解説します。

映画「パプリカ」登場人物紹介

千葉敦子:DCミニを用いて夢を共有した患者の治療をする。夢の中ではもう一人の人格であるパプリカとして活動。

粉川利美:トラウマを抱えてパプリカの治療を受ける現役警察官。映画に詳しいが本人は映画嫌いを主張している。

時田浩作:DCミニを発明した天才。超肥満体で子供っぽい性格。千葉が密かに好意を寄せているが気付いていない。

島寅太郎:千葉の勤める精神医療研究所の所長。パプリカの活動をサポートしている。

乾精次郎:精神医療研究所の理事長。体が不自由で車いすで移動している。夢を支配しようとする黒幕。

人の夢に侵入して治療するパプリカというセラピスト

気さくで明るいパプリカという女性は人々の夢の中に入り込んで治療をする心理セラピストです。

あくまでも夢の姿であるパプリカの本性は、真逆の性質を持った冷淡な表情を浮かべる千葉敦子でした。

パプリカは粉川の夢をPCを通して確認しながら、粉川の不安神経症について治療として夢の分析をします。

粉川利美が見る夢の中のサーカス場で物語が始まります。

映画の様な場面が次々と切り替わり、誰かを探していました。

長い廊下で誰かが撃ち抜かれた姿を見て一度立ち止まり、逃げた人を再び追い始めると空間が歪み、真っ白になった空間で落下していきます。

「続きはどうすんだよ」という男の声が響き、粉川は目を覚ましますがこれもまた夢でした。

夢に登場したパプリカは粉川から機械を取り外します。

付けていたのはDCミニという未完成のマシーンで、夢の中を記録したり、人の夢に入り込む事ができます。

人が撃たれる場面についてパプリカが質問すると、粉川は担当している殺人事件の被害者だと言います。

犯人を検挙できずにいる事が原因ではないかと粉川は考えていました。

奪われたDCミニを用いたテロが始まる

千葉がエレベーターに向かうと、エレベーターに肥満体で挟まって現れたのは時田造作です。

時田は夢についての開発を進める天才ですが、子供っぽい所があり、後先を考えないで行動する所がありました。

DCミニを作ったのも時田でした。

そんな時田から千葉は何者かにDCミニが3機奪われたと報告を受けました。

内部の者から奪われたと精神医療総合研究所にいる所長の島寅太郎に連絡を取って千葉と時田は島の部屋に向かいます。

DCミニを使えば、いつどこからでも他のサイコセラピーマシンを使っている人たちの意識に侵入できました。

千葉たちは理事長の乾精次郎の元を訪れる。

乾理事長は直に夢に触れる行為は暴力にさえつながるからDCミニは作るべきではなかったと考えています。

他者と夢を共有するのは夢のある話ではありますが、テロリストに悪用されると大変な事になるからです。

すると急に島所長が意味の分からないおかしなことを言い出し、走り出してどこかに行ってしまいました。

島所長はそのまま研究所の窓ガラスを突き破り、入院します。

千葉がPCから島の夢を覗くと人形や鳥居などがパレードをする不思議な夢に島は紛れていました。

島はセラピーマシンで患者の治療をしている最中にDCミニで侵入したものと思われます。

DCミニには人の夢を操作する力がありました。

しかし、犯人も同じ悪夢を見続けなくてはなりません。

島の手元にある日本人形がしゃべり始めると、顔が職員の氷室啓に変形しました。

氷室は変な事を言い続けます。

氷室は千葉と同じ職員で、ここ数日休んでいましたが、何かに夢中になると何日も続けてしまうので誰も気にしてませんでした。

時田がピッキングをして人形だらけの氷室の部屋に千葉と職員の小山内を連れて侵入します。

時田の顔をしたロボットに釘を打ち付けていた事から氷室は時田に嫉妬していた事が分かりました。

黒幕の発覚と暴走し始める夢

千葉は氷室の部屋にあるクローゼットから抜け道を見つけ、調べようとします。

千葉はパプリカの忠告を無視すると、クローゼットから遊園地に繋がる道をでました。

室が扮していた日本人形を追いかけてあと一歩のところで現実に戻ります。

マンションから身を乗り出していました。

間一髪の所を千葉は小山内に助けられます。

DCミニを使い続けていると現実と非現実の境目がなくなってきます。

患者の治療にDCミニを使い続けていた千葉はその影響を受けていました。

島も何者かに悪夢を見せられ続けてますが、DCミニには覚醒といって目を覚まさせないでいると意識が永久に飛んでしまう危険性があります。

犯人が見つからない中、次々と研究員がDCミニによって気が狂っていました。

DCミニの一つは氷室が持っていましたが、氷室自身も悪夢に侵されて大けがをします。

DCミニは残り2つになりました。

仲直りしようと時田は氷室の世界に入りますが、犯人は氷室でないと気付きました。

夢は更に混乱していきます。

粉川の夢でパプリカがセラピーをしていると、頭のおかしくなったロボットの姿をした時田と数々の人形や家電などが大量に行進しながら入って来ました。

時田と氷室の夢が紛れ込んでいます。

DCミニはあらゆるサイコセラピーマシンに侵入可能で、接触を受けた夢は飲み込まれ、肥大化していました。

 

犯人は乾理事長です。

乾理事長は科学によって奪われつつある人間の隠れ家である夢を守る番人として、夢をかき集めて夢の世界を支配しようとしていました。

乾理事長は足から生えた木を自在に操って移動でき、止めようとする千葉はパプリカになっています。

夢と現実が交差し始めていました。

パプリカは乾理事長と乾理事長に傾倒して言いなりになる小山内に捕まります。

氷室の部屋を調べていた千葉に幻覚を見せ、マンションから投身させかけたのも小山内による警告でした。

映画「パプリカ」の結末や最後のセリフの意味

夢の中のバーで飲んでいた粉川は17日という数字を見て硬直します。

粉川はバーテンに、映画が嫌いなのに詳しい理由を聞かれました。

17の頃の粉川は自主製作で刑事と犯人が追いかけっこするだけの映画を親友と制作しています。

その記憶が抜けていた事に粉川は気付きました。

全てにおいていつも一歩先にいた親友に嫉妬した粉川は映画を投げ出しますが、親友は病気で死んでしまいます。

バーに親友が現れ、逃げる親友を粉川は追いかけると、パプリカが小山内に拘束されている映画が上映されてました。

小山内はパプリカの皮を剥いでいきます。

すると、中から裸体の千葉が意識のない状態で出てきます。

小山内は千葉に好意を抱いていますが、小山内に寄生した乾理事長が小山内の体から現れました。

乾理事長は千葉を始末しようとし、やめさせようとする小山内と一体となった体で争います。

その隙に粉川は場のスクリーンを突き破って侵入し、千葉を救出しました。

パプリカの治療を受けて回復し、パプリカの夢をサポートしていた所長から粉川は、自分の夢の中に逃げろと言われます。

粉川は小山内から映画の世界で逃げました。

粉川が銃を取り出す場面で立場が逆転し、小山内を追いかけます。

しかし、ドアの向こうにはトラウマである殺人事件の被害者が倒れる場面が現れました。

「続きはどうするんだよ。」

という親友の声で我に返った粉川は小山内を撃ち、映画が終了します。

現実の世界でも小山内は体を撃ち抜かれ、倒れ込んだ場所から夢へと乾もろとも地面が飲み込まれていきました。

千葉と島所長は黒幕を押さえようと援軍を呼ぼうとしていた所に巨大な日本人形に襲われます。

現実が夢の世界になりました。

夢に狂った人々は人形などに姿形を変え、行列を作ってパレードをします。

そして千葉と夢の世界のパプリカが同時に存在していました。

パプリカの誘導で千葉と島は逃げますが、千葉と正反対の性格のパプリカと意見が割れます。

発狂して巨大ロボになっていた時田が通りかかり、千葉は飲まれます。

時田は「ややスパイスに不足、欠如はパプリカ」といい、パプリカを追いました。

バーテン二人がビルから横断幕で時田の目を塞ぎ、ビルに衝突させ意識を奪う。

一方で現実を飲み込む穴から巨大な乾理事長が現れ、灰色の世界に変えてしまいます。

乾理事長は、破壊活動を始めました。

乾理事長に対抗すべく、パプリカは時田の中にいる千葉と一体になり、大きな赤ん坊が生まれます。

赤ん坊は乾理事長が生み出した夢を吸収し、次第に大きくなっていきました。

遂に乾までも吸い込むと大きな千葉となって消え、青々とした空に戻ります。

 

現実に戻ると、パプリカと一体化した千葉は素直になって好きだった時田と結婚しました。

粉川は嫌いと言っていた映画を、パプリカの紹介で見に行きます。

粉川が途中で挫折していた映画を夢の世界で終わらせた事により、粉川のトラウマが解消されているのを示唆していました。

映画「パプリカ」の感想

夢の世界がテーマとなっていますが、不思議とも変だとか怖いとも言い表せない変わった世界観でした。

妖怪のような日本にまつわる日本人形やダルマから家電までキャラクターが行進する場面が見所で、見た事もない奇妙さで興味を惹かれます。

挿入歌も意味の分からない言葉を羅列して、理屈の通用しない夢の世界を引き立てていました。

「作者はどういう心境になればこんな無茶苦茶な世界観を描けるのだろう」という衝撃があります。

ただ、恐ろしい光景が広がってるはずなのに怖がらせようという意図をそこまで感じません。

アニメーションとしてカオスに映像が次々と切り替わるので、芸術として楽しめました。

黒幕の乾理事長は科学で想像もつかない夢を門番として支配しようとしますが、その本人ですらやっている事は意味もなく建物を壊したりで人間の理性が侵されていく不気味さがあります。

created by Rinker
ソニーピクチャーズエンタテインメント

FODなら映画「パプリカ」を今すぐ無料で視聴することができます♪

登録は1分程度で解約も会員ページから簡単!

2週間の無料トライアル期間に解約すればお金は一切かかりません。

まとめ

・映画「パプリカ」のネタバレあらすじ

  • 人の夢に侵入して治療するパプリカというセラピスト
  • 奪われたDCミニを用いたテロが始まる
  • 黒幕の発覚と暴走し始める夢

・映画「パプリカ」の結末や最後のセリフの意味

現実に戻ると、パプリカと一体化した千葉は素直になって好きだった時田と結婚しました。

粉川は嫌いと言っていた映画を、パプリカの紹介で見に行きます。

FODなら映画「パプリカ」を今すぐ無料で視聴することができます♪

登録は1分程度で解約も会員ページから簡単!

2週間の無料トライアル期間に解約すればお金は一切かかりません。

映画「パプリカ」のフル動画配信を無料視聴する方法!Anitubeやアニポで見れる?映画「パプリカ」は2006年に公開されたアニメ映画です。 トラウマやヤバいといった感想を呟かれることも多い独自の精神世界を描いた作...

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!