邦画

映画・億男がつまらないし面白くない!大コケで駄作と感じる理由や評価・感想

映画「億男」は同名小説を2018年に映画化した作品です。

今回は、映画「億男」がつまらないし面白くないといった意見、

駄作と感じる理由をツイッター上の声とともに紹介します。




映画「億男」のあらすじは?

映画「億男」は、ある日大金を手にした人間がどのように立ち居振る舞うかを描いた感動物語です。

主人公・大倉一男(佐藤健)は図書館司書として働く青年。

兄が借金を作ったまま逃亡してしまい、その肩代わりをするハメになり図書館司書として働くかたわら、夜はパン工場のバイトをする二重生活を続けていました。

借金返済に追われる一男は妻と娘に愛想を尽かされてしまい別居をすることに。

そんなある日、一男は宝くじに当選して3億円を手にします。

「借金返済に追われる日々からついに脱することができる」と嬉々とする一男でしたが、ふとネット上で大金を手にした人たちの情報を目にすると、どれも悲惨な末路を辿ったものばかりでした。

どのように3億円を使えば、先人たちの轍を踏まずに済むか悩んだ一男は、大学時代の親友・九十九(高橋一生)の元を訪れます。

九十九は大学を中退して企業を立ち上げて、大成功した人物でした。

久々の大学時代の親友との再会で、浮かれてしまった一男は九十九と酒を呑み、そのまま酔い潰れて寝てしまう。

目を覚ました一男でしたが、目の前に九十九はおらず持参していた3億円とともに消え失せてしまっていました。

どうして突然、九十九は姿を消してしまったのか?・・・

映画「億男」の評価・感想|つまらないし面白くない理由




では、映画「億男」がつまらないし面白くないといった評価・感想、

駄作と感じる理由についてツイッター上の意見とともに紹介していきます。

役者の無駄遣いでつまらないし面白くない


タイトルやテーマソングも壮大であるにもかかわらず、作品のテーマも見え透いておりそれを盛り上げるような要素が特にありません。

出演している俳優陣はいずれもファンが多かったり、実力者揃いなのですが、それらを活かせていないように感じられます。

佐藤健、高橋一生といった主演をはじめ、脇を固める藤原竜也、沢尻エリカなども、どうしてこんな作品に出たのか?どうしてこんな使われ方しかしないのか?と疑問に思うとともに残念に思います。

モロッコ旅行が意味不明でつまらないし駄作

唐突に挿入される一男と九十九の二人で行ったモロッコ旅行の回想。

なんのためにモロッコ旅行だったのか?どうしてモロッコだったのか?

モロッコ旅行の回想を入れることで、一男と九十九が11年以上も絶縁状態であった理由の説明になっているわけでもなく、モロッコだからこそ二人が何かを手に入れたり、作品の鍵となる出来事が起こっているようにも思えません。

映画だから海外を要素として取り入れて壮大感を作り出したいだけなのでしょうか?

胡散臭いし雰囲気が面白くないしつまらない

よく分からないセミナーや現実味のない展開ばかりで、気持ち悪く感じる人もいるようです。

ある日大金を手にして、何かのきっかけに大金を失い、よく分からない胡散臭い人たちと出会い・・・という展開や作品全体の雰囲気が家族で楽しく見たいというものではないと言えます。

自己啓発本の映画化でつまらないし駄作

映画「億男」を評価しているレビューや感想でも、「お金について考えさせられました」といったものばかりでした。

この映画に触れることで初めてお金の大切さや、お金が人を狂わせたり一つの尺度になるということを考える機会になる人もいるのでしょう。

しかし、「だから何?」と思わせるところが多く、2時間の映画でくどくどと説教じみたことを胡散臭い雰囲気で延々と見せ付けることの必要性がわかりません。

内容が意味不明でつまらないし面白くない

何が言いたいのかよく分からないといった感想もありました。

大筋についてはお金の大切さや友情についてを描きたいのですが、要点はすでに分かりきっており、作品を見ることでさらなる発見があったり、新しい価値観を見せてもらえるわけでもありません。

また、お金に関してなくても良いみたいな考え方を持ち出していますが、どれだけの人が納得できるのか?

おかしな展開が多く、感情移入しづらいため、結局はフィクションだろうというところが見えすぎています。

映画「億男」が面白いし泣けると感じるのはこんな人

映画「億男」について、批判的な意見を紹介してきましたが、中には面白い泣ける・感動するといった感想をもった人たちもいます。

いくつか紹介していきましょう。

高橋一生がかっこいい面白い

高橋一生や佐藤健、テーマソングのBUMP OF CHICKENの熱狂的なファンにとっては、作品の内容を気にせず見ることができるのであれば、それだけで十分に面白い作品だったと言えるようです。

池田エライザが可愛いし面白い

池田エライザが可愛いという意見は、「面白くなかったけど池田エライザは可愛かった」といった感想も多くありました。

主人公ではありませんが、ポイントとして使われた魅力的なキャラクターではありました。

お金に関して考えている人には面白いし泣ける

高評価している人たちの意見の大半は、作品を見てお金について考えさせられたというものでした。

「お金に振り回される人生を嫌っている人は見るべきだ」といったものや、「この作品が面白くない人は理解できない」といった排他的な価値観を持った人もいました。

映画「億男」の個人的な感想:大ゴケと興行収入・動員数

落語の芝浜という作品がベースになっていたり、主人公2人の名前が一男と九十九だから二人合わせて100になるといった寒い原作者の自己満足が垣間見えます。

胡散臭い展開を出すのはいっこうに構わず、お金に関して人生を振り回される人々を描いた作品は、最近であれば「闇金ウシジマくん」があります。

しかし、映画「億男」は中途半端で無駄に暖かい結末を意識した作品になっているので、結論も分かりきっているためすべてが茶番に感じます。

むしろ、冒頭と結末だけで短編にしてくれた方が不必要な遠回りをさせられないため、分かりやすいくらいです。

 

まず、本作でよく分からないのは3億円を手にしてすぐに借金の返済をしないのか?という点です。

妻と娘にも愛想を尽かされて、それでも必死になって借金返済に奔走していた男であるならば、すぐに3,000万円の返済をすべきではないのか?

また、どうしてネット上の意見で恐怖心を抱いた後に10年以上も音信不通になっていた人物に3億円を持った状態で会いに行くのか?

10年以上も会っていなかった人物の意見と、ネットの意見ならばほぼ等価値で信用度はゼロじゃないのか?

10年以上も会っていない人物をどうして親友だと言えるのか、信じ続ける理由は何か?

まったく現実味に欠ける展開で感情移入ができず、ツッコむことに追われます。

藤原竜也のセミナーに関しても、そういうセミナーがあるのかもしれませんが、「だから何?」というイメージしか湧きません。

どれだけの人間があんな意味不明なセミナーに躍らされるのか?

もちろん、藁にもすがる思いの人にとってはお金はただの紙切れだという考え方に心酔してしまえば、楽になるでしょう。

ただ、そんな夢物語を言っていてもなんの意味もなさないし、金が全てであることには変わりません。

また、一男の妻にしても、借金を背負わされて必死に返済に励む人物は愛想を尽かすべきなのでしょうか?

娘がいる以上は娘のためを思った人生というのも理解はできますが、愛想を尽かさなければならないほどのことなのか?

単に自分が思い描いた理想の家族生活を送れなくなったから逃げただけじゃないのか?

 

また、キネマ旬報によると興行収入は6.3億円とのことでした。

動員数は47万人ということで、6週間公開されて上映館数も231館あったことを踏まえると非常に少ない数値だったことが分かります。

このことから伺えることは、まずタイトルが現代の私たちの感覚から見たいという意識を向けさせなかったと言えます。

お金に関して考えさせられたという意見がある一方で、多くの人は「わざわざ映画を見なくてもそんなことは分かり切っている」ということでしょう。

昨今はギャンブルや大金を手にして…といった作品があまり多くないため、比較にはなりませんが2009年、2011年に公開されたカイジシリーズは2作とも16億円以上の興行収入をあげています。

お金に関する作品で私たちが見たいと思える作品は、極限まで異常なバラエティ展開なのでしょう。

お金を全面に押し出す内容というものは一般受けしないと言えます。

まとめ

・映画「億男」のあらすじは?

映画「億男」は、ある日大金を手にした人間がどのように立ち居振る舞うかを描いた感動物語です。

・映画「億男」の評価・感想|つまらないし面白くない理由

  • 役者の無駄遣いでつまらないし面白くない
  • モロッコ旅行が意味不明でつまらないし駄作
  • 胡散臭いし雰囲気が面白くないしつまらない
  • 自己啓発本の映画化でつまらないし駄作
  • 内容が意味不明でつまらないし面白くない

・映画「億男」が面白いし泣けると感じるのはこんな人

  • 高橋一生がかっこいい面白い
  • 池田エライザが可愛いし面白い
  • お金に関して考えている人には面白いし泣ける

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です