ニュースなギモン

マイカースポンサーの収入はいくら?口コミ・評判や車のステッカー広告で稼ぐ方法についても

さまざまな方法で広告収入を得ることができる時代になりました。

今回は、マイカースポンサーの収入はいくらなのか?

口コミ・評判や車のステッカー広告で稼ぐ方法について紹介します。




マイカースポンサーの収入はいくら?

マイカースポンサーの収入はいくらになるのでしょうか?

マイカースポンサーとは?:車の広告で収入を得る

マイカースポンサーとは株式会社モノクスが運営する車を広告媒体としてスポンサー料を得ることができるサービスです。

2018年にも株式会社オートプラスがマイカースポンサーを運営していましたが、2019年9月に運営会社が変更になりました。

単純に新聞広告やテレビCMのように掲載・放送すればお金が支払われるという考え方ではなく、スポンサー・ファンという位置付けに近いサービスです。

マイカースポンサーの公式ホームページでも

マイカースポンサーとユーザーは、対等なビジネスパートナーであり、お互いをサポートし合う関係でなくてはならない

企業理念がユーザーの理念と一致し企業または製品のイメージに共感・興味を持たないとステッカー広告を申請できない

と謳われています。

誰でも申し込めば契約できるわけではありません。

私たちが企業理念を含めてすべてを好きであるか?という点が定かでなければ広告を出稿しないようになっています。

新聞やテレビと異なり、企業が私たち個人と契約することになるため、このような心や思いといった部分への制約をかけていると言えます。

マイカースポンサーの仕組み:ステッカーと走行メーターで確認




マイカースポンサーの仕組みは、基本的には車のリアガラス(背面)に企業のステッカーを貼り、1ヶ月間貼った状態で走行していればスポンサー料が得られます。

申し込み・会員登録はマイカースポンサーの公式ホームページから行うことができます。

ステッカーを貼った状態でどれだけ人目についたのか?という点が専用のアプリで写真撮影することで行えるようになっています。

 

ステッカー到着後に、車のリアガラスにステッカーが貼られた状態を撮影し、1ヶ月にわたってステッカーを貼った状態で普段通りに運転します。

その後、ひと月が経ってから専用アプリで走行メーターとともに撮影することで、スポンサーとしての役割を果たせていたかが評価されます。

マイカースポンサーの収入はいくらか:2種類のプラン

株式会社モノクスの「マイカースポンサー」には2種類の契約プランがあります。

キャンペーンプラン 一部の都市で申し込みでき、アンケートに答えて当選すると利用可能。
フリープラン 全国で申し込みでき、先着順で選ばれると利用可能。

それぞれ見ていきましょう。

キャンペーンプラン:10,000円/月〜

キャンペーンプランは条例の関係で一部の都市でのみ申し込みを行うことができます。

現在、対象となっている都市は以下の通りです。

・北海道(札幌市を除く)
・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・福島県
・埼玉県(さいたま市のみ)
・千葉県(千葉市を除く)
・新潟県
・富山県
・石川県
・福井県
・山梨県
・長野県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県(名古屋市を除く)
・三重県
・滋賀県
・京都府(京都市を除く)
・大阪府(大阪市、堺市を除く)
・奈良県
・和歌山県
・鳥取県
・島根県
・岡山県
・山口県
・徳島県
・香川県
・愛媛県
・高知県
・福岡県
・佐賀県
・長崎県
・大分県
・沖縄県

引用:公式ホームページ

地方の方が申し込みしやすいと言えます。

キャンペーンプランは広告物報酬として、ひと月あたり10,000円〜50,000円(税込)が支払われます。

毎月コンスタントに契約することができれば、

最低でも10,000円/月 × 12ヶ月 = 120,000円(税込)

が得られることになります。

ただし、アンケートの解答と企業のマッチング次第なので必ずしも申し込めば当選して広告収入を得られる訳ではありません。

フリープラン:12,000円/年〜

フリープランは全国どこでも申し込みをすることができます。

先着順で当選がひと月ごとに決まり、リアガラスには最大2枚まで貼ることができます。

表示物謝礼として、1枚あたり500円〜10,000円(税込)が支払われます。

先着にもれずに毎月2枚ずつ契約することができれば

最低でも500円/枚 × 2枚 × 12ヶ月 = 12,000円(税込)

が謝礼として支払われることになります。

支払い・手数料

支払いは合計金額が3,000円以上になってから行われるようになります。

ただし、振り込み手数料がかかるのでその点は注意が必要です。

三井住友銀行青山支店から送金されるので、同一支店や三井住友銀行であれば振り込み手数料を抑えられます。

また支払い金額によっても手数料が変わってくるので詳しくは三井住友銀行の振り込み手数料をご確認ください。

 

ステッカーの大きさが10cm×10cm〜40cm×40cmまで用意されており、大きさや企業などによって支払われる金額に違いがあります。

ステッカーは郵送で送られてくるため、その郵送料300円が支払い金額から差し引かれる形になります。

マイカースポンサーの口コミ・評判や車のステッカー広告で稼ぐ方法は?

マイカースポンサーの口コミ・評判や、車のステッカー広告で稼ぐ方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

マイカースポンサーの口コミ・評判:今のところ見られない

マイカースポンサーは一度2018年にサービスが開始されましたが、サービス品質向上のために休止されて2019年になり改めて再開されました。

再開されたばかりということもあり、ネット上でも支払いについての口コミ・評判は今のところ見られません。

自分自身でも申し込みをしてみつつ、随時更新していきます。

車のステッカー広告で稼ぐ方法・詐欺の見極め

日本国内で今のところ車のステッカー広告で稼ぐ方法は「マイカースポンサー」以外にはありません。

海外でも車の広告で収入を得るというものは流行していますが、多くの場合が詐欺であることが知られています。

マイカースポンサーのステッカーとは異なり、カーラッピングという表現が近いサービスであることが多く、車にラッピングをするために施工費用の前払いが求められることがあります。

約3万円が支払われるはずが、自分が詐欺で3万円奪われて音沙汰がなくなるパターンが一般的です。

 

そんな中でもアメリカであればCarvertiseやPay Me for Drivingなどは信用できる車で広告収入を得られる企業として認知されています。

これらに共通する点は

  • お金を要求してこない
  • 小切手を書くよう求めてこない
  • 車の運転習慣に関する質問がなされる
  • 自動車保険に加入している必要がある
  • ウェブサイトに企業の連絡先情報が記載されている

まとめ

・マイカースポンサーとは?

マイカースポンサーとは株式会社モノクスが運営する車を広告媒体としてスポンサー料を得ることができるサービスです。

・マイカースポンサーの仕組み

マイカースポンサーの仕組みは、基本的には車のリアガラス(背面)に企業のステッカーを貼り、1ヶ月間貼った状態で走行していればスポンサー料が得られます。

・マイカースポンサーの収入はいくらか:2種類のプラン

  • キャンペーンプラン:10,000円/月〜
  • フリープラン:12,000円/年〜

・マイカースポンサーの口コミ・評判:今のところ見られない

再開されたばかりということもあり、ネット上でも支払いについての口コミ・評判は今のところ見られません。

・車のステッカー広告で稼ぐ方法・詐欺の見極め

日本国内で今のところ車のステッカー広告で稼ぐ方法は「マイカースポンサー」以外にはありません。

 

 

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です