邦画アニメ

未来のミライがつまらないし面白くない!理由は意味不明さと声優がひどい評価から?

2018年に公開された細田守監督作品「未来のミライ」は2018年度の日本アカデミー賞・長編アニメーション部門にノミネートされた作品です。

今回は映画「未来のミライ」がつまらないし面白くないと感じる理由、

声優が合ってないしひどい下手くそだといった評価や感想をツイッター上の意見とともに紹介していきます。

映画「未来のミライ」のあらすじは?

映画「未来のミライ」は家族の日常を描いた作品で、ごく当たり前な家族の普通な日々の中にある葛藤や感動に焦点を当てています。

主人公の「くんちゃん」という男の子のもとに、出産のために入院していたお母さんが生まれた妹ともに家に帰ってきます。

妹の名前は「未来」。

両親は新しい家族の世話を焼いてばかりで、くんちゃんは自分の居場所を感じられないため、しだいに妹・未来に対して嫉妬心が芽生えてきます。

妹・未来にいじわるをしたりしていたある日、くんちゃんの目の前にセーラー服をきた女の子が現れ、未来からやってきた妹・未来だと告げます。

映画「未来のミライ」の評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

では、映画「未来のミライ」がつまらないし面白くないと感じる理由や意見、

声優がひどい下手くそだといった評価・感想をツイッター上の声とともに紹介していきましょう。

何が言いたいのか意味不明でつまらないし面白くない

家族の日常を描きつつ、そのつながり・団結をテーマとしていることは分かるのですが、日常を描きすぎているためになんの感動も興奮もなく、感情移入できないためにつまらないと感じてしまうようです。

日本アカデミー賞の長編アニメーション部門でノミネートされたことも、つまらないと感じた人の気持ちに拍車をかけているようです。

タイムスリップする理由が意味不明で面白くない

日常を描いておきながら中途半端にファンタジーの要素を盛り込んでいるため、違和感がある人が多いようです。

特にそのタイムスリップに意味があるわけでもなく、なんのための設定なのか理解ができないと感じてしまいます。

せっかく家族の日常を描くなら、すべて日常に寄り添った上で壁を越えていくストーリーにすべきだったのではないでしょうか?

細田守作品が好きな人にはつまらないし面白くない

バケモノの子やサマーウォーズなどで有名な細田守監督といえば、分かりやすい作品づくりが魅力でもあります。

シンプルにかっこいい、感動すると思える作品に惹かれて映画「未来のミライ」を見てしまうと、あまりのギャップに失望してしまいます。

日本の家庭が見たい外国人は面白いと感じる

海外では評価が高く、アメリカでは780館で公開されるほど期待されていました。

日本人にとっては家族の日常をいまさら長編アニメ映画で見させられることに必要性を感じられませんが、日本に興味のある外国人にとっては「普通の日本」を知ることができるという意味でも評価が高いのかもしれません。

ただし「普通の日本の家族」の描写に対しても批判的な意見も多くあります。

主人公くんちゃんの声優がひどい下手くそでつまらない

主人公の「くんちゃん」の声を務めたのは女優の上白石萌歌で、4歳の男の子らしさはなく、女子高生くらいの女の子にしか聞こえません。

努力はしているのでしょうが、違和感が強いため作品にも集中できなくなるほどひどいです。

声優が俳優だらけでひどい下手で面白くない

主人公の「くんちゃん」だけでなく、脇を固めるキャラクターもほとんど俳優です。

黒木華、福山雅治、星野源などが主なキャラクターの声優を務めており、話題作りのために本職の声優ではなく俳優や著名人を起用するやり方にうんざりしている人たちにとっては特につまらないと感じるポイントの一つです。

映画「未来のミライ」を面白いし楽しいと感じるのはこんな人

映画「未来のミライ」についてつまらないし面白くないといった意見を紹介してきましたが、面白いと感じる人たちもいます。

どういった人たちが映画「未来のミライ」を楽しめるのか見ていきましょう。

想像力がある人は面白くて楽しいと感じる


「なんで?」という理屈ではなく、自分自身の想像力で補うことが得意な人にとっては楽しむことができる作品のようです。

また、主人公「くんちゃん」の住む普通の家に魅力を感じる人にとっては、そこでの暮らしぶりに想像が膨らみ、より一層面白いと感じられます。

兄弟や子供がいる人は面白いと感じる

兄弟との思い出を振り返り「自分にもこういった経験があったな」と思いを馳せたり、子育てをしていて経験した「あるあるネタ」として共感できる人にとっては面白いと感じることができます。

懐かしい日々を思い返したいという人には打ってつけの作品と言えそうです。

まとめ

・映画「未来のミライ」のあらすじは?

映画「未来のミライ」は家族の日常を描いた作品で、ごく当たり前な家族の普通な日々の中にある葛藤や感動に焦点を当てています。

・映画「未来のミライ」の評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

  • 何が言いたいのか意味不明でつまらないし面白くない
  • タイムスリップする理由が意味不明で面白くない
  • 細田守作品が好きな人にはつまらないし面白くない
  • 日本の家庭が見たい外国人は面白いと感じる
  • 主人公くんちゃんの声優がひどい下手くそでつまらない
  • 声優が俳優だらけでひどい下手で面白くない

・映画「未来のミライ」を面白いし楽しいと感じるのはこんな人

  • 想像力がある人は面白くて楽しいと感じる
  • 兄弟や子供がいる人は面白いと感じる

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!