洋画

映画メンインブラック3・アンディウォーホルとは誰?エージェントWのその後や死因についても

「メン・イン・ブラック3」は2012年に公開されたSFコメディ映画で、世界的に人気のある作品です。

2019年にはスピンオフ作品である「メン・イン・ブラック:インターナショナル」も公開されました。

今回は映画「メン・イン・ブラック3」に登場するアンディ・ウォーホルとは誰なのか?

またエージェントWのその後や死因について紹介します。




映画「メン・イン・ブラック3」アンディウォーホルとは誰?

映画「メン・イン・ブラック3」の中盤に登場するアンディ・ウォーホルとは誰でどんな人物なのでしょうか?

エージェントJとKがアンディ・ウォーホルのファクトリーに向かった理由は?

映画「メン・イン・ブラック3」の中盤で、1969年にタイムスリップして過去をねじ曲げようとする敵アニマルボリスを追うために、ボーリング場に到着するも、すでにパラキシアン星人は殺された後でした。

そこで次のターゲットの情報としてグラモリア星人が狙われると推察したエージェントJとKは、エージェントOからの情報と合わせて「ファクトリー」というアンディ・ウォーホルのアトリエスタジオへと向かいます。

アンディ・ウォーホルとは誰?




アンディ・ウォーホルは実在したアメリカ人芸術家で、前衛的な作品作りによって後世に多大なる影響を与えた人物です。

映画「メン・イン・ブラック3」では、そんな著名人がエージェントWとして活躍していることになっています。

アンディ・ウォーホルは1928年8月6日生まれで、映画「メン・イン・ブラック3」の1969年ごろはアンディ・ウォーホルの全盛期でもありました。

銀髪のカツラがトレードマークで、ポップアートの巨匠でもあります。

名前を聞いたことがない人でも下の画像のマリリン・モンローの肖像画は見たことがあるのではないでしょうか。

映画「メン・イン・ブラック3」にも登場するニューヨークのアトリエスタジオ「ファクトリー」はアンディ・ウォーホルが36歳の時に建てたもので、銀色の絵の具やアルミホイルで覆われた室内を映画でも忠実に再現しています。

映画「メン・イン・ブラック3」の舞台となる1969年の前年1968年には、アンディ・ウォーホルのファンでありフェミニスト作家であるソラナスという女性によって銃撃されています。

アンディ・ウォーホルは左肺、脾臓、胃、肝臓を損傷して重体となりますが一命を取り留めています。

1974年には来日を果たし、日本のテレビCMにも出演して話題になりました。

アンディ・ウォーホルがエージェントWである理由は?

アンディ・ウォーホルがエージェントWであることには大きな理由はありません。

映画「メン・イン・ブラック」シリーズに見られる著名人をエイリアンとして出演させたりするコメディ要素の一環として、1969年の時代背景にあっていて盛り上がる人物としてエージェントW (White hair)にアンディ・ウォーホルが選ばれることになりました。

映画「メン・イン・ブラック3」エージェントWのその後や死因は?

映画「メン・イン・ブラック3」に登場したエージェントWのその後や死因は何でしょうか?

エージェントWのその後は?

エージェントWはアンディ・ウォーホルという超有名芸術家として潜入捜査を行っていました。

「ファクトリー」を訪れたエージェントKとの別れ際に「私は死んだことにしてくれ」と頼んでいます。

映画「メン・イン・ブラック3」の中ではアイディアの枯渇しており、仕方なくバナナの絵やスープの缶の絵を描いていると語っています。

シタール音楽を聞きたくもなく、男と女を見分けることもできないのでアンディ・ウォーホルとしての潜入をやめたいと語っています。

しかし一番の理由は前年の1968年に起きた狙撃事件を受けて、これ以上アンディ・ウォーホルとしての潜入を続けていると危険であると判断したためと考えられます。

エージェントKは「チーフであるエージェントXに頼んでおく」と語っていますが、映画「メン・イン・ブラック3」の中では描かれていませんが、史実通りであればこの要求は認められなかったと言えます。

アンディ・ウォーホル(エージェントW )の死因は?

アンディ・ウォーホルは1987年まで生き続けています。

死の前日である1987年2月21日には先延ばしにし続けていた胆嚢の手術を受け、術後の容態は良好と思われていましたが翌日の2月22日に急変して心臓発作で死亡しました。

 

また、アンディ・ウォーホル(エージェントW)を演じたビル・ヘイダーは付け鼻をして鼻を高くして演じています。

まとめ

・エージェントJとKがアンディ・ウォーホルのファクトリーに向かった理由は?

アニマルボリスの次のターゲットが潜伏している場所として「ファクトリー」というアンディ・ウォーホルのアトリエスタジオへと向かいます。

・アンディ・ウォーホルとは誰?

アンディ・ウォーホルは実在したアメリカ人芸術家で、前衛的な作品作りによって後世に多大なる影響を与えた人物です。

・アンディ・ウォーホルがエージェントWである理由は?

アンディ・ウォーホルがエージェントWであることには大きな理由はありません。

・エージェントWのその後は?

映画「メン・イン・ブラック3」の中では描かれていませんが、史実通りであればエージェントWは引き続きアンディ・ウォーホルとしての潜入を続けたと言えます。

・アンディ・ウォーホル(エージェントW )の死因は?

死の前日である1987年2月21日には先延ばしにし続けていた胆嚢の手術を受け、術後の容態は良好と思われていましたが翌日の2月22日に急変して心臓発作で死亡しました。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です