邦画アニメ

映画「この世界の片隅に」つまらないし面白くない!気持ち悪い理由や評価・感想について

映画「この世界の片隅に」は2016年に公開されたアニメ映画で、制作費をクラウドファンディングによって集めたことでも大きな話題となりました。

口コミによって2年以上も上映され続けた作品です。

今回は映画「この世界の片隅に」がつまらないし面白くないといった意見、

気持ち悪いと感じる理由をツイッター上の声とともに紹介していきます。




映画「この世界の片隅に」のあらすじは?

映画「この世界の片隅に」は第2次世界大戦の日本・広島県呉市に住んでいた18歳のすずという女性が戦中・戦後の体験を描いた作品です。

1944年の広島で主人公・すずは顔も見たことのない周作という男性との縁談が進み、結婚して実家のある広島市中区・江波から20kmほど離れた呉市へと引っ越すことになります。

小姑との仲に苦労しつつも、小姑の姪といい関係を気づき新しい地での生活をたくましく過ごしていました。

次第に戦争は激しくなり、日本海軍の要所となっていた軍港・呉市はアメリカ軍の空襲を受け、軍艦も街並みも破壊されていきます。

正義のための戦争と信じて耐え忍んできたすずは、1945年8月14日の終戦を迎えることになります。

映画「この世界の片隅に」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由




では、映画「この世界の片隅に」がつまらないし面白くないといった意見、

気持ち悪いし嫌いだと感じる理由をツイッター上の声とともに紹介していきます。

何が言いたいのか意味不明でつまらないし面白くない

戦争をいけないこと、繰り返してはいけないことと主張したいのか日常をけなげに生きる主人公の明るさに注目して、厳しい社会の中であっても誰だってたくましく生きることができることを伝えたいのか意味不明です。

主人公の人物設定が普通でなさすぎるため、一切感情移入ができないためにぬるいだけの戦争映画を作って何がしたかったのかさっぱり分かりません。

グロいし気持ち悪いだけでつまらないし子供に見せたくない

可愛らしく日本昔ばなしかと思わせる淡い色合いのタッチで子供でも見られる戦争映画かと思いきや、主人公の不倫描写が脈絡もなく登場したり母親は腐って死んだり、なついていた姪っ子も死んだり主人公の腕はなぜか吹き飛んだり、必要性も分からない描写が多すぎます。

主人公の不倫描写に関しては、原作マンガを読めば多少なり理解ができるかもしれませんが、映画「この世界の片隅に」では遊郭と主人公とのつながりが一切描かれていないため、ただの馬鹿な女で異常者にしか見えません。

内容が薄っぺらくてつまらないし面白くない

原作マンガから適当にエピソードをいくつかピックアップして総集編化したように見えます。

「大人ならば映画の尺の都合から省かざるを得なかった部分を想像して理解できる」、「省略されていて意味がわからないと言ってるやつはアホ」などという感想もありましたが、この作品はそうしたファンムービーとして制作された作品だとは知りませんでした。

映画として公開、さらには世界各国でも上映されていることを鑑みれば原作マンガを読んでいない人や映画だけでは理解できなくなるシーンが多い作品というものが、そもそも映画作品として破綻しています。

省略すべきエピソードとそうでないところの取捨選択を確実に誤っています。

退屈でつまらない駄作で面白くない

戦争映画は今までにも数多く作られてきており、今更、特に真新しさもない戦争映画を作られたところで退屈にしか感じません。

「つまらないとか面白いとかいう次元じゃない」などという意味のよく分からない感想がツイッター上にも多く出回っていましたが、このフレーズは制作会社が投稿するように指示しているのでしょうか?

「つまらないとか面白いとかいう次元じゃない」というのであればなんなのでしょうか?それほどまでに高尚な作品には感じられない、ただの重ね刷りされた戦争映画の劣化版としか思えません。

主人公の声優・能年玲奈が下手でひどいし気持ち悪い

主人公は18歳の女性ですが、設定上もおっとりしたキャラクターということなのですが、声優の能年玲奈の演技がとにかくひどいです。

棒読みで機械のような演技はなぜOKになったのでしょうか?

あまりにも人間離れしすぎているため、終戦にあたり感情を爆発させるところも説得力がなく、機械が暴走しただけにしか見えません。

単純に鬱屈したやり場のない気持ちを抑え込んできた女性としての演技があるからこそ、終戦を迎えて敗戦を告げられたことに対する怒りや失望・喪失が溢れ出すことに視聴者は感情移入することができます。

しかし能年玲奈の演技では、「やっと分かったのかよコイツ」というツッコミをせざるをえないイライラするだけの性格になってしまっています。

戦争の被害者ヅラをして気持ち悪いし面白くない

戦争映画である以上、こういった感想を抱く人は必ず出てきます。

映画「この世界の片隅に」は日常風景に重きを置いて、呉市に住んでいたにも関わらず常に被害者で振り回されただけの存在のように描かれた主人公に違和感を感じます。

ネジの抜けたようなキャラクターにすることでバランスをとっているのかもしれませんが、特に目立った才能がある特異な主人公というわけでもなく社会の歯車となっていた一人の女性として描かれていると受け取ります。

そうしたときに、戦中・戦後の主人公の描写はまるで戦争被害者に映ります。

もちろん、日本の軍部に振り回されて教育や統治をされているため被害者である一面はないわけではありませんが、不必要な恋愛要素と不貞行為を描くぐらいなら加害者としての側面も描かれるべきだったと感じます。

クラウドファンディング・エンドロールが気持ち悪いしつまらない

映画「この世界の片隅に」のネット上の評価は礼賛しているものばかりで、決まって「つまらないとか面白くないとかの次元じゃない」というフレーズから始まります。

そして、「この作品がつまらないっていうやつは頭おかしい」といった内容も多くあります。

そして、こういった異常なまでの高評価の多さの意味が分かるのが映画のエンドロールです。

映画「この世界の片隅に」は製作費の一部をクラウドファンディングによってまかなっています。

多くの出資者がいるため、必然的にわざわざ製作費のためにお金を出した人たちは作品を「自分の作品」と感じやすくなり責任感を持ちます。

そのため、宣伝活動にも熱心になる傾向があります。

まさに映画「この世界の片隅に」の評価や感想が高評価だらけで溢れている原因はクラウドファンディングの成果と言えます。

出資者は自分が製作費を負担した作品だという色眼鏡を無しにして正当に評価できているのでしょうか?

映画「この世界の片隅に」が面白いし感動できると感じるのはこんな人

映画「この世界の片隅に」の評価・感想として否定的な意見を紹介してきました。

高評価している、面白い・感動すると感じられた人はどういった理由からだったのかをいくつか紹介します。

大人になって戦争映画を見ることで面白いし感動する

学校でも反戦教育は行われてきており、その中で戦争映画を見せられてきました。

そうした時には真剣に見ることができていなかった人たちも、大人になって戦争映画を見ることで面白い作品で感動することができるようです。

第2次世界大戦について知識がない人は考えさせられて面白い

第2次世界大戦や原爆などについて勉強したことのない人、知識のない人にとっては戦争について学ぶ機会になるようです。

映画「この世界の片隅に」の個人的な感想

大まかには感想や評価を紹介した中で触れてはきたのですが、個人的な映画の感想を少し述べます。

好意的に映画「この世界の片隅に」を捉えるのであれば、主人公の声優・能年玲奈の下手くそさ加減も何かの意図があると考えられないこともないのでしょうが、どうしても違和感しかありません。

当時の日本人の多くはあれぐらいに呆けた人しかいなかったとでも言いたいのでしょうか?

ドキュメンタリー・記録映像でもないのであれば、主人公とは基本的に感情移入をしてもらえるような魅力を持っていて、共感することのできるキャラクターであるべきです。

また、原作マンガで言えば主人公は夫の元恋人の存在を断片的な情報から推測することができたり、夫との関係性が破綻して行っていることを感覚として察知することのできる側面も持っています。

明るい女性ではあっても、思考を放棄した人物ではなかったはずです。

国家総動員法もあり、女性であっても戦争に参加しているという意識は明確に持っていたと考えるのが普通ですが、映画「この世界の片隅に」の描かれ方では「女性はただの犠牲になった被害者・可哀想」ということを訴えたかったようにしか見えません。

原作マンガならばもっと利口な主人公として描かれており、太極旗の意味についても理解をすることができています。

なんのために「馬鹿なだけの女」に設定変更したのか理解ができません。

そしてやはり、映画作品として完成していない点は無視できません。

原作マンガがある作品の場合、中途半端な部分や伏線を回収しないことで原作の売上増を図るという意味があったりしますが、戦争を扱った作品でその価値観を持ち出すのは個人的に気持ち悪さしか感じません。

所詮は商業ポップで反戦を訴えるための作品ではなく、注目度と否定的な意見をねじ伏せて高評価しかしにくいテーマを選んだだけなのだと理解できます。

まとめ

・映画「この世界の片隅に」のあらすじは?

映画「この世界の片隅に」は第2次世界大戦の日本・広島県呉市に住んでいた18歳のすずという女性が戦中・戦後の体験を描いた作品です。

・映画「この世界の片隅に」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

  • 何が言いたいのか意味不明でつまらないし面白くない
  • グロいし気持ち悪いだけでつまらないし子供に見せたくない
  • 内容が薄っぺらくてつまらないし面白くない
  • 退屈でつまらない駄作で面白くない
  • 主人公の声優・能年玲奈が下手でひどいし気持ち悪い
  • 戦争の被害者ヅラをして気持ち悪いし面白くない
  • クラウドファンディング・エンドロールが気持ち悪いしつまらない

・映画「この世界の片隅に」が面白いし感動できると感じるのはこんな人

  • 大人になって戦争映画を見ることで面白いし感動する
  • 第2次世界大戦について知識がない人は考えさせられて面白い

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




POSTED COMMENT

  1. アバター ツナ より:

    私は、この映画を見て考えるところが色々とあった。
    面白いとは思わなかったが、斬って捨てる映画ではないと思った。

    戦争映画は、特に経験者によるそれは、嘗ての強い参戦意識とそこから繋がる強い反省、戦争を知らない世代への警告に満ちている。
    それを”伝える”という強い意志を持ち得た人間が、自分の経験をもとに作品を作れば、なるほどそれは強い作品となると思う。

    でも、少くとも現在、大多数の人間に強い意志や覚悟など無い。(私自身は昭和の人間も、大多数は明日死ぬ覚悟や戦う強い意志など無かったのでは?と疑う。自身に被害が及んで初めて意識したはずだ)
    そして、そんな人たちには、強い戦争映画は届かない。おそらく、観てすら貰えない。

    だから、主人公はスズなのだと思う。
    序盤の彼女はボンヤリしており、戦争の事にあまり意識を向け無い。牧歌的な情景描写も相まって、彼女の周辺はとても観やすい。
    (なお、彼女がバカなだけとは見えなかった。明らかに広島と呉の言葉の違い、文化違いに口数は減っていったが、貧しい日々を工夫して逞しく生きている様に見えた。原作は見ていないので比較できない)

    しかし、物語の進行に沿って、徐々に戦争を意識せざるを得なくなる。親元を離れてお嫁に行き、兄が死に(石が帰ってくるだけなので、まだ実感が薄い)、配給が減り、空襲警報が増え、そして自身と身近な人物にまで容赦なく死傷が及んだ事で、決定的に戦時中にあることを無視出来なくなる。

    この映画は、戦争体験の無い世代が、観やすい導入から戦争を意識し、敗戦に怒り泣き(負けて悔しかったのではない。どうせ敗けを認めるのなら、なぜ被害が自分に及ぶ前で無かったのかと怒ったのだと思う)、それでも明かりが付く迄を体験させる良い映画だと思う。

    戦争について考える切欠として、優れた作品であると思う。

    私は原作を読んでいないが、完成していないとは思わなかった。
    どちらかというと、暗転とモノローグの多さが気になった。その辺はあまり好きではない。

    長文にて失礼しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です