洋画

映画インデペンデンスデイ・特攻親父がカッコいい!ラッセル・ケイスのセリフとその後についても

「インデペンデンス・デイ」は1996年のアメリカで製作されたSF映画です。

アメリカ独立記念日の7月4日を目前とした地球に突如宇宙船が襲来し、地球侵略の危機が訪れます。

侵略を目的とする宇宙人たちから地球を守るために男たちが立ち向かうというアカデミー賞の視聴効果賞を受賞した大人気作です。

今回は映画「インデペンデンス・デイ」の最後の戦いを切り開く一撃にもなった特攻のセリフ「帰ってきたぜ」について、そしてラッセル・ケイスのその後についてご紹介します。




映画「インデペンデンス・デイ」特攻親父ラッセル・ケイスの役どころは?

映画「インデペンデンス・デイ」に登場するロサンゼルスの郊外で農薬散布の仕事をする軽飛行機パイロットで、かつてはベトナム戦争で活躍したベテランパイロットだが今はアルコール中毒の冴えない男ラッセル・ケイス(ランディ・クエイド)。

ラッセル・ケイスはかつてエイリアンによって誘拐されたことを主張し、周囲からは変人扱いをされ、3人の子供たちにはアルコール中毒で迷惑をかけてしまっています。

そんなラッセル・ケイスですが、かつてベトナム戦争でパイロットとして活躍したことから最後の戦いにパイロットとして参加することになり、重要な役割を担うことになります。

 

映画「インデペンデンス・デイ」の前半ではダメ親父として描かれていますが、ダメ親父なりに子供達を愛していることがわかる描写がところどころに挟まれています。

特攻親父がかっこいい!ラッセル・ケイスのセリフとは?




映画「インデペンデンス・デイ」の最後の戦いにおいて、宇宙船シティ・デストロイヤーが主砲を発射するために口を開けた絶好のタイミングで周りの戦闘機はミサイルを全て撃ち尽くしてしまっていました。

そんな中で唯一ミサイルを残していたのがラッセル・ケイスの乗る戦闘機でした。

ここで一撃を浴びせれば宇宙船シティ・デストロイヤーを破壊することができるというときに、発射装置が故障し発射することができなくなってしまいます。

その一撃の重み、地球のため、国のため、愛する子供達の未来のためにラッセル・ケイスは戦闘機ごと宇宙船シティ・デストロイヤーに突撃します。

そこで放つラッセル・ケイスの言葉がダメ親父だからこそ感動させられます。

ケイス「頼みがある、俺のガキたちに愛してると伝えてくれ。
よーしエイリアンのクソ野郎ども!!!
でっけぇケツあけて待ってな!
ぶっこむぞおおおおおお!!!」

息子ミゲル「親父!なにすんだよ」

ケイス「・・・さぁ行くぞバケモンども!!クソー!!」

ホイットモア大統領「幸運を、ケイス」

ケイス「ははははは、よぉ、タコ野郎、帰ってきたぜぇえええ!!!」

ネット上でもこのシーンを映画「インデペンデンス・デイ」の名シーンとして挙げる声は多いです。

最後のセリフは、かつて自分を誘拐したエイリアンへの仕返しを果たすことができるという意味で使われています。

映画「インデペンデンス・デイ」特攻親父ラッセル・ケイスのその後は?

ラッセル・ケイスは1986年ごろにエイリアンに誘拐され、トラウマを植え付けられるとともにエイリアンが人類を殺す計画をしていることを帰還後に主張しましたが、周りの人たちは変人だと言って信じてくれませんでした。

また、ラッセル・ケイスは妻が病床に伏していたときも、エイリアンの誘拐を証明することに必死でろくに妻の介抱をしてきませんでした。

そのため、妻の連れ子であった長男・ミゲルとの関係は特に悪くなってしまいました。

 

ラッセル・ケイスが宇宙船シティ・デストロイヤーに特攻をして破壊に成功したことで、この戦いは勝利に終わることができました。

戦いの後、ラッセル・ケイスの名誉は回復されて英雄として人々の心に記憶されます。

そしてその名はワシントンDCの国立記念碑に刻まれました。

ラッセル・ケイスのエイリアンに誘拐された話は映画の中では真実か語られていませんが、小説版ではスティーブン・ヒラー大尉が捕らえたエイリアンを見て、同じエイリアンだと確信しています。

まとめ

・映画「インデペンデンス・デイ」特攻親父ラッセル・ケイスの役どころは?

ラッセル・ケイスはかつてエイリアンによって誘拐されたことを主張し、周囲からは変人扱いをされ、3人の子供たちにはアルコール中毒で迷惑をかけている男。

そんなラッセル・ケイスですが、映画「インデペンデンス・デイ」の最後の戦いにパイロットとして参加し、重要な役割を担います。

・特攻親父がかっこいい!ラッセル・ケイスのセリフとは?

地球のため、国のため、愛する子供達の未来のためにラッセル・ケイスは戦闘機ごと宇宙船シティ・デストロイヤーに突撃します。

そこで放つラッセル・ケイスの言葉がダメ親父だからこそ感動させられます。

・映画「インデペンデンス・デイ」特攻親父ラッセル・ケイスのその後は?

戦いの後、ラッセル・ケイスは英雄として人々の心に記憶され、その名はワシントンDCの国立記念碑に刻まれました。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です