はめふら

はめふら7話・カタリナの黒い影の正体は誰か!闇の魔法やポチ・シリウスディークについても

はめふら(乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…)の7話が放送されました!

後半戦にさしかかり、感動の物語とともに気になる黒い影や靄が出てきて不穏な空気を作り出しています。

今回は、はめふら(乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…)のアニメ7話で描かれたカタリナの背後の黒い影の正体は誰か考察します!

\「はめふら」全話を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
31日間 1990円
今すぐ見る >

U-NEXTならアニメ「はめふら(悪役令嬢破滅フラグ)」全話が見放題作品として配信されています!

U-NEXT登録時に600円分のポイントを獲得でき、14万本以上の見放題作品や小説・マンガも楽しめるためオススメです。

U-NEXTは初回登録で31日間無料トライアル期間中はさまざまな作品を無料で視聴することができます!

  1. 無料トライアルは600ポイント、翌月からは1200ポイントで実質月額790円(税抜)で楽しめる!
  2. 電子書籍などの購入金額の40%分のポイント還元がいつでも!
  3. 見放題動画14万本以上、1500冊以上の読み放題漫画も!
  4. 無料期間中の解約も会員ページから簡単で安心!
補足

・U-NEXTは31日間の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません。

・U-NEXT登録方法はこちら

U-NEXT(ユーネクスト)の登録方法|登録できない・メール届かない理由と原因対策についても

・U-NEXT解約方法はこちら

U-NEXT(ユーネクスト)の解約方法|無料トライアル・退会は電話でもできるかについても

はめふら7話・カタリナの黒い影の正体は誰か!

はめふら(乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…)のアニメ7話で描かれた黒い影の正体は誰なのでしょうか?

カタリナの黒い影の正体候補

はめふら7話で描かれた黒い影と関係がありそうな存在はいくつかあります。

可能性としては

  • 嫉妬する同級生女子の怨念
  • カタリナの特性
  • 夢の終わりの象徴
  • 闇の魔法と魔法使い
  • ダンジョンの大魔法使いのトラップ
  • シリウス・ディーク

このようなところが候補かと思います。

それぞれ見ていきましょう。

嫉妬する同級生女子の怨念

はめふら7話のダンジョンに入場する際に、カタリナを囲んだジオルドやキースたちの様子を見て「魔法がロクに使えないくせに、王子様たちに守られて・・・」といった妬みを口にする女子生徒たちが描かれていました。

こうした嫉妬のシーンは、6話のピアノ演奏会の時にもシリウス・ディークと会話をした後に女子生徒たちが嫉妬の眼差しを向けていました。

カタリナが迷子になった後、ことあるごとに「誰か人の気配」がしたと言っているため、人間によるものだと考えられます。

女子生徒たちがマリアに対していじわるをしていたのと同じように集団でカタリナに嫌がらせをしていたとも考えられますが、おそらくは間違いでしょう。

 

これは、カタリナの背後に漂う黒い靄とソフィアとともに風の魔法で救助された時に写っていた階下の人間が同一のものだと仮定した場合ですが、結果的にはカタリナを助けています。

また、あくまで女子生徒たちも同じ1年生であり、ダンジョンの難易度を考慮すればいくら嫉妬の念があったとしてもあれほど狡猾に姿を隠して立ち回ることは困難でしょう。

1年生の女子生徒たちの怨念がカタリナの背後に具現化するほどの憎しみかと言えば・・・まだそこまで強いものではないように思われます。

あくまで恋愛感情や思慕でしかないように感じます。

カタリナの特性

脳内会議が烏合の衆と呼ばれたりもしますが、カタリナの空回りっぷりはいつものことです。

いつもの空回りする性格特性を、カタリナに憑いた霊のように描写したと考えられなくもありません。

最終的には迷子になってキノコを取るために使っていた石が魔法石だったというアンラッキーからのラッキー展開がありました。

これで終わっていればカタリナの特性だという考え方が正しいと言えます。

しかし、最後にマリアが意味ありげな表情で黒い影に気づいていることから、ストーリーに大きく関わるものだと考えられます。

夢の終わりの象徴

カタリナの転生は夢であり、もうすぐこの夢が終わり現実に引き戻されることの象徴・暗示だという意見もありました。

一つアリかもしれませんが、やはりマリアが違和感を感じた理由が分かりません。

転生は闇の魔法によるものだとすればおかしくはないのですが・・・。

闇の魔法と魔法使い

そこで挙がってくるのが「闇の魔法」と「闇の魔法使い」の存在です。

はめふら4話でカタリナたちが魔法学園に入学した際に、魔法の授業で次のようなセリフを先生が話しています。

この世界には5つの魔法属性がある

  • 水の魔法
  • 土の魔法
  • 風の魔法
  • 火の魔法
  • 光の魔法

五行思想と呼ばれる考え方かと思われましたが、その場合は光ではなく金です。

光の魔法と聞けば、おのずと思ってしまうのが「あれ、闇の魔法は?」ということなので、はめふらの世界では闇の魔法は異端なのだと考えられます。

道を外れた魔法使いが存在し、その闇の魔法に狙われた存在がカタリナだという見方ができます。

候補としては

  • 新しい闇の魔法使い
  • すでに登場している人物が闇の魔法使い

この2通りです。

ただ、果たして誰が闇の魔法使いなのか?という点で疑問が残りますし、全くの新しい登場人物であれば、「なぜカタリナが狙われるのか?」という部分が明確ではありません。

今後の展開としてラスボス的な闇の魔法使いが現れる可能性もあります。

しかし、今回の7話はあくまでアニメオリジナルストーリーとのことなので、ここから特殊なキャラが生まれるとは考えにくいです。

ダンジョンの大魔法使いのトラップ

よって、一つの選択肢としてあり得た新しい魔法使いの登場は不適切です。

ご都合主義で言えば、後付けでどんどんキャラを増やしていけば解決するのですが、ミステリーっぽい要素を醸し出している回でもあったので「ノックスの十戒」にも従っているように感じられます。

ちなみに、ノックスの十戒とは推理小説を作る上でのルールブックのようなものです。

  1. 犯人は物語の当初に登場していなければならない
  2. 探偵方法に超自然能力を用いてはならない
  3. 犯行現場に秘密の抜け穴・通路が二つ以上あってはならない
  4. 未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない
  5. 中国人を登場させてはならない
  6. 探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない
  7. 変装して登場人物を騙す場合を除き、探偵自身が犯人であってはならない
  8. 探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない
  9. サイドキックは自分の判断を全て読者に知らせねばならない
  10. 双子・一人二役は予め読者に知らされなければならない

改めて見返すと関係ない気もしますが、特に「手がかりは提示してあるべき」という部分は共通しているでしょう。

シリウス・ディーク

つまり、一番可能性が高い人物はシリウス・ディークです。

風の魔法をシリウス・ディークが使えるのかは原作を未読なので不明ですが、ソフィアとカタリナが助かったあとに風の魔法使いであるニコルも遅れて駆けつけています。

このシーンがなければ、「助けてくれたのはニコルだったのか」で解決なのですが、時間的にも階下にニコルが立って救出した後にみんなと合流するという二度手間をするとは考えられません。

ましてやカタリナ一人であればまだしも、ソフィアの危機でもあったのであり得ないでしょう。

 

すでに登場している人物で、カタリナが不必要にフラグを立てた人物といえば、生徒会長シリウス・ディークが最有力候補です。

新しいキャラクターや無名の先生キャラが闇の魔法やソフィアとカタリナの救助をするというのは考えにくいです。

あえて、補助として参加した2年生として紹介されていた「ニコルとシリウス・ディーク」がカギを握っていると考えるのが自然でしょう。

ニコルにはすでにカタリナ探索という活躍シーンが与えられていました。

では、シリウス・ディークは?と役割が不足してしまうので、それが黒い影の正体だと言えます。

 

アニメと一緒に盛り上がりたいので、不必要に情報は入れたくないのですが断片的に調べて得たことを踏まえれば、このあとのはめふらはシリウス・ディークにまつわるストーリーになっていくと考えられます。

あるいは、完全なアニメオリジナル展開で締める可能性もありますが。

 

闇の魔法を使いつつも、結果としてはカタリナがテストに合格できるように仕向けているため、恋愛感情だとは言い切れませんがポジティブな好意であることは間違い無いでしょう。

ここから先は8話以降を楽しみにするのみです。

黒い影がポチの可能性

調べていると、「ポチ」という存在が今後登場することが分かります。

ただ、これは現在アニメで放送されている魔法学園が舞台のシリーズではないため、さすがにそこまで先取りをするとは考えにくいです。

あくまでも全12話と公表されていることを踏まえると、すでに登場したキャラクターたちでもう一悶着あって、ハッピーエンドで終わるくらいがちょうど良いでしょう。

まとめ

・カタリナの黒い影の正体候補

可能性としては

  • 嫉妬する同級生女子の怨念
  • カタリナの特性
  • 闇の魔法と魔法使い
  • ダンジョンの大魔法使いのトラップ
  • シリウス・ディーク

このようなところが候補かと思います。

・シリウス・ディーク

一番可能性が高い人物はシリウス・ディークです。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!