洋画

映画「美女と野獣」魔女が渡したバラの意味は?ガラスドームに保管している理由ついても

ディズニーアニメとしても有名な「美女と野獣」が2017年にハリー・ポッターシリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン主演で実写版として映画化されました。

日本でも大人気を博し、アナと雪の女王を凌ぐ記録を残しています。

今回は映画「美女と野獣」で魔女が野獣に渡したバラの意味について考察するとともに、ガラスドームに入れて保管している理由についても紹介します。




映画「美女と野獣」魔女が野獣に渡したバラの理由や意味は?

映画「美女と野獣」にはさまざまな意味をもったバラが登場します。

その中でも重要なアイテムとなるのが魔女が野獣に渡した赤い1本のバラです。

魔女が赤い1本のバラを渡した理由やその意味について見ていきましょう。

魔女が野獣に渡したバラの理由は?

王子が若く幼いときに、年老いた醜い老婆が嵐を避けるためにお城にやってきて泊めさせて欲しいとお願いをしてきました。

そのときに老婆が対価として差し出したのは赤い1本のバラです。

宿代として老婆に払える精一杯の対価として差し出されたバラを野獣がどのように受け取るかを老婆は試しています。

 

王子がそれをバカにして老婆を追い出そうとします。

映画「美女と野獣」では、王子の「人を見た目の容姿で判断する心」に怒った老婆は真の姿を現して、魔女として王子を野獣へと呪いで変身させてしまいます。

このときに城内にいたルミエールやコグスワースらも魔女の呪いで姿を変えられます。

魔女の呪いは強大で、城だけでなく近くのヴィルヌーブ村の人々にまで影響を及ぼし、城の存在を忘れさせるほどでした。

魔女が野獣に渡したバラの意味は?

魔女が王子に赤い1本のバラを渡した意味は魔法のバラとして、王子に試練を課すためです。

その試練とは、バラの花びらが落ちきるまでに王子が真実の愛に気づけば呪いは解けますが、バラの花びらが落ちきるまでに真実の愛に気づけなければ王子は一生野獣のままになるというものです。

映画「美女と野獣」では明言されていませんが、この赤い1本のバラが花びらをすべて落としきるのは、王子が21歳を迎えるまでと原作では言われています。

バラをガラスドームに保管している理由は?

映画「美女と野獣」に出てくる魔女から渡された1本の赤いバラはガラスドームの中に入れて保管されています。

いったいなぜガラスドームに入れて保管しているのでしょうか?

なぜガラスドームに入れて保管しているのか?

映画「美女と野獣」に出てくる魔女が野獣に渡した赤い1本の魔法のバラは普通のバラではありません。

野獣が21歳になるまでは枯れないように魔法をかけられたバラです。

魔法のバラは宙に浮かび、野獣が21歳になるまでは月日の流れに関係なく咲き続けますが、誰かがバラに触れればすぐに花びらが落ちてしまい、そうすればカウントダウンが早まってしまいます。

そういったトラブルを防ぐために、野獣は赤い1本のバラをガラスケースに入れて保管していました。

バラは最後どうなったのか?

特に見た目に変化のなかった赤い1本のバラでしたが、21歳の日が近づくにつれて萎れ始めて行きます。

ルミエールによるとベルが城に現れる何ヶ月か前から花びらが落ち始めたそうです。

 

映画「美女と野獣」の最後には赤い1本のバラはすべての花びらを落としきってしまい、野獣も虫の息となっていましたが、ベルが野獣へと真実の愛を告白したために魔女が現れて赤い1本のバラを修復します。

そして魔女の呪いは解けて野獣はもとの人間の姿に戻り、ルミエールたちも元に戻ります。

ガストンたちとの戦いでボロボロになっていた城も修復され、周囲の森も元に戻り、ヴィルヌーブ村の人たちも失われていた記憶を取り戻し、コグスワースとポット夫人の2つの家族が再会を果たします。

その後はヴィルヌーブ村の人たちと城の人たちはずっと幸せに暮らしたとされています。

1本の赤いバラの意味は?

魔女が王子に赤い1本の魔法のバラを用意した理由や意味を花言葉や別と野獣の関係性から考察していきましょう。

1本の赤いバラの意味や花言葉

映画「美女と野獣」はラブストーリーです。

他の花でもよかったでしょうが、1本の赤いバラであることはラブストーリーを反映させた意味を持ちます。

1本の赤いバラの花言葉としては、

「1本」は「ただ一人の女性に対して」

「赤いバラ」は「愛」

を指します。

 

まさに魔女が王子に課した真実の愛に気づくという内容とマッチした花の選択だと言えます。

バラの花びらと城の関係は?

魔女が与えた赤い1本の魔法のバラの花びらが1枚落ちるたびに、城のどこかが崩壊していきます。

また、家具に変身させられているルミエールたちの見た目の動きが鈍くなり、少しずつ人間だった記憶や行動ができなくなり、家具に近づいていってしまいます。

1本のバラが野獣とベルのつながりを作った

ベルがバラを好きで、父・モーリスが出かけるときにお土産としてお願いしたのが1本のバラです。

偶然、野獣の城に迷い込んだモーリスが城を出てまもなく目についた白いバラから1本盗もうとしたことで、ベルと野獣のつながりが生まれていきます。

そして、モーリスが命からがら急いでいるにも関わらず、愛する娘・ベルのためにバラを用意しようと思うことになった要因として、亡き妻もバラ好きだったということがあります。

ベルと野獣の出会いのためにはバラは不可欠だったと言えます。

まとめ

・魔女が野獣に渡したバラの理由は?

宿代として老婆に払える精一杯の対価として差し出されたバラを、野獣がどのように受け取るかを老婆は試しています。

・魔女が野獣に渡したバラの意味は?

魔女が王子に赤い1本のバラを渡した意味は魔法のバラとして、王子に試練を課すためです。

・なぜガラスドームに入れて保管しているのか?

魔法のバラは宙に浮かび、野獣が21歳になるまでは月日の流れに関係なく咲き続けますが、誰かがバラに触れればすぐに花びらが落ちてしまい、そうすればカウントダウンが早まってしまいます。

・バラは最後どうなったのか?

映画「美女と野獣」の最後には赤い1本のバラはすべての花びらを落としきってしまい、野獣も虫の息となっていましたが、ベルが野獣へと真実の愛を告白したために魔女が現れて赤い1本のバラを修復します。

・1本の赤いバラの意味や花言葉

1本の赤いバラの花言葉としては、「1本」は「ただ一人の女性に対して」、「赤いバラ」は「愛」を指します。

・バラの花びらと城の関係は?

魔女が与えた赤い1本の魔法のバラの花びらが1枚落ちるたびに、城のどこかが崩壊していきます。

・1本のバラが野獣とベルのつながりを作った

ベルがバラを好きで、父・モーリスが出かけるときにお土産としてお願いしたのが1本のバラです。

偶然、野獣の城に迷い込んだモーリスが城を出てまもなく目についた白いバラから1本盗もうとしたことで、ベルト野獣のつながりが生まれていきます。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です