洋画

映画「美女と野獣」ベルの父親モーリスのその後は?職業が画家の理由や原作との違いについても

ディズニーアニメとしても有名な「美女と野獣」が2017年にハリー・ポッターシリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン主演で実写版として映画化されました。

日本でも大人気を博し、アナと雪の女王を凌ぐ記録を残しています。

今回は映画「美女と野獣」ベルの父親・モーリスはその後どうなったのか?

ベルの父親・モーリスがバラを盗んだ理由について。

また、モーリスの職業が画家である理由や原作との設定の違いについて紹介します。




映画「美女と野獣」ベルの父親モーリスのその後は?

映画「美女と野獣」のヒロイン・ベルの父親であるモーリスはベルを愛し、村では変わり者と言われるベルを唯一受け入れてくれる人物でもあります。

ベルの父親モーリスの役どころは?

映画「美女と野獣」のベルの父親・モーリスは妻を悲劇によって亡くしてしまったことから、厳しい過保護な父親としてベルを守っています。

モーリスは画家であると同時にオルゴールを組み立てる仕事もしています。

街へと出かけるときに落雷に会い、野獣の住む城へと迷い込んでしまい、城の庭に植えられたバラを盗もうとしたことから、野獣に捕まってしまいます。

ベルと野獣が出会うことになるきっかけを生み出した張本人でもあります。

ベルの父親モーリスがオルゴールを組み立てている理由




ベルの父親モーリスは愛する妻をペストの大流行で亡くしています。

そのときにベルを託されたモーリスは、自分の目の届かないところにはベルを向かわせないことを誓うようになり、好奇心旺盛なベルを認める反面で、ベルが遠くの街に出かけることを決して許そうとはしませんでした。

その代わりにベルが他の国や都市について学んだり体験できたりするように、さまざまな国をモチーフとしたオルゴールを制作して、ベルがそれらに触れる機会を与えようとしています。

上の画像でモーリスが調整しているオルゴールはオランダの風車をイメージしたものです。

ベルの父親モーリスのその後は?

ベルを我が物にしたいガストンにハメられたモーリスは、頭がおかしくなってしまったとみなされて精神病院に収容されそうになります。

ベルの助けもあり、精神病院送りを免れたモーリスはベルが野獣の元へ向かえるように支援し、野獣の呪いが解けるのを見守りました。

城にかけられた呪いが解けてからは、城で催された舞踏会に画家として参加し、ベルたちが踊り舞う姿を一枚の絵として残しました。

1991年のディズニーアニメ映画「美女と野獣」ではベルたちのダンスをポット夫人のそばで見守っており、アニメ映画ではモーリスの妻の死については一切言及されていないことから、モーリスにも新たな恋が芽生えたことを暗示するエンディングとなっています。

しかし、実写映画「美女と野獣」では愛する妻の存在を印象深く描いたこともあり、最後の舞踏会のシーンでポット夫人から目線を送られる場面がありますが、モーリスは頷くだけで終わっています。

モーリスのその後は独り身のままで、愛するベルの幸せを見守り続けたと考えられます。

映画「美女と野獣」ベルの父親モーリスがバラを盗んだ理由は?

映画「美女と野獣」でベルの父・モーリスはヴィルヌーブ村を出ていくときにベルからバラを1本持って帰ってくるように託されました。

モーリスは道中で野獣の住む城にたどり着き、動くティーカップに驚き逃げようとしたにも関わらず、ふと目に入った白い美しいバラを摘み取ることにしました。

逃げることよりもそれほどバラを摘み取ることが優先された理由は何でしょうか?

おもちゃのバラとベルの母の関係は?

バラにはただ単にベルが大好きな花という意味だけでなく、別の意味が込められています。

もちろん愛する娘が望むものなのでモーリスは強くその願いを叶えたいと思っています。

それだけでなく、ベルの母親がベルをあやすためにおもちゃのバラを持っている絵が描かれています。

また、パリでの別れの時にベルの母親はおもちゃのバラにキスをし、モーリスも同じくおもちゃのバラにキスをしています。

ベルの父親モーリスがバラを盗んだ理由

モーリスにとってバラは娘のベルだけでなく、妻であるベルの母親とも繋いでくれる花でもあります。

だからこそモーリスは野獣の城から脱出するようなときであっても、バラを持って帰ってくるという約束を優先して、バラを盗もうとしました。

また、野獣はベルとともにパリへ行きベルの母親の身に起きたことを見たときに、モーリスがバラを盗もうとした理由を理解するとともに、野獣の母である女王の死を思い出して、モーリスを罰しようとした自分を反省してベルに謝罪しています。

ベルの父親モーリスの職業が画家の理由や原作との違いについて

原作ではモーリスは発明家として描かれていますが、実写映画「美女と野獣」では画家として登場しています。

ベルの父親モーリスの職業が画家の理由は?

1991年のディズニーアニメ映画「美女と野獣」では、ベルへの愛情は変わりませんが、発明家として一発逆転を狙う風変わりなキャラクターとしてモーリスは描かれていました。

実写映画「美女と野獣」では発明家という設定はなくなり、画家という設定に置き換えられています。

これはベルの母親の死の理由を深く描こうとした結果、発明家よりも画家のほうが今でもベルの母親を愛し続けている愛情の深さが作品に現れて見えやすいこと。

そしてベルの母親の死の理由をひた隠しにし続けるモーリスの心の葛藤が描き出されやすくなるためだといえます。

ベルの父親モーリスの原作との設定の違いは?

実写映画「美女と野獣」ではベルたちの住むヴィルヌーブ村で変わり者・変人と言われているのはベルです。

原作では発明家である父親モーリスが独特の発明をすることから、変わり者とみられており、ベルはその巻き添えとして批判される立場でした。

 

また野獣に捕らえられるまでの流れも、アニメ映画「美女と野獣」では馬のフィリップは狼に囲まれた時点で逃げ出しており、モーリスは城に着くとルミエールたちが動き出したことを受け入れて食事を続けています。

まとめ

・ベルの父親モーリスの役どころは?

映画「美女と野獣」のベルの父親・モーリスは妻を悲劇によって亡くしてしまったことから、厳しい過保護な父親としてベルを守っています。

ベルと野獣が出会うことになるきっかけを生み出した張本人でもあります。

・ベルの父親モーリスがオルゴールを組み立てている理由

村から出られないベルのために他の国や都市について学んだり体験できたりするように、さまざまな国をモチーフとしたオルゴールを制作しています。

・ベルの父親モーリスのその後は?

城にかけられた呪いが解けてからは、城で催された舞踏会に画家として参加し、ベルたちが踊り舞う姿を一枚の絵として残しました。

1991年のディズニーアニメ映画「美女と野獣」ではベルたちのダンスをポット夫人のそばで見守っており、アニメ映画ではモーリスの妻の死については一切言及されていないことから、モーリスにも新たな恋が芽生えたことを暗示するエンディングとなっています。

・ベルの父親モーリスの職業が画家の理由は?

ベルの母親の死の理由を深く描こうとした結果、発明家よりも画家のほうが今でもベルの母親を愛し続けている愛情の深さが作品に現れて見えやすいこと。

そしてベルの母親の死の理由をひた隠しにし続けるモーリスの心の葛藤が描き出されやすくなるためだといえます。

・おもちゃのバラとベルの母の関係は?

ベルの母親がベルをあやすためにおもちゃのバラを持っている絵が描かれています。

・モーリスがバラを盗んだ理由

モーリスにとってバラは娘のベルだけでなく、妻であるベルの母親とも繋いでくれる花でもあります。

だからこそモーリスは野獣の城から脱出するようなときであっても、バラを持って帰ってくるという約束を優先して、バラを盗もうとしました。

・ベルの父親モーリスの原作との設定の違いは?

原作では発明家である父親モーリスが独特の発明をすることから、変わり者とみられており、ベルはその巻き添えとして批判される立場でした。

また野獣に捕らえられるまでの流れも、アニメ映画「美女と野獣」では馬のフィリップは狼に囲まれた時点で逃げ出しており、モーリスは城に着くとルミエールたちが動き出したことを受け入れて食事を続けています。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です