洋画

映画「美女と野獣」コグスワースの妻は誰?クロチルドやその後についても

ディズニーアニメとしても有名な「美女と野獣」が2017年にハリー・ポッターシリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン主演で実写版として映画化されました。

日本でも大人気を博し、アナと雪の女王を凌ぐ記録を残しています。

今回は映画「美女と野獣」のラストシーンでコグスワースに抱きついた女性は妻なのか誰なのか?

クロチルド・コグスワースやその後について紹介します。




映画「美女と野獣」コグスワースの妻は誰?

映画「美女と野獣」の終盤で野獣がガストンの銃弾に倒れるも、ベルから真実の愛をもたらされたことで、アガット・魔女によって復活してもらい呪いも解くことができました。

城や周囲の村にかけられていた呪いが解けたことで、人々の城に関する記憶も元に戻ります。

そのときにコグスワースの元に駆け寄り抱きついた女性は一体誰なのでしょうか?

コグスワースの役どころは?

コグスワースは野獣・王子に使える執事にあたり、まだ若い野獣の政治を手助けする役割を与えられていました。

魔女が現れてコグスワースは時計に姿を変えられてしまいます。

コグスワースの本名は「アンリ・コグスワース」で、「クロチルド・コグスワース」という妻がいます。

野獣の城では領主である野獣に次いでナンバー2のポジションにおり、野獣からも絶大な信頼を寄せられている人物ですが、召使いたちの中ではルミエールの方が尊敬を集める存在であったりします。

コグスワースはルミエールと親友や兄弟といった間柄にあります。

ルミエールがアグレッシブな意見を主張するのに対して、コグスワースは保守的で慎重な意見の持ち主なので、ほとんどの場合2人の意見は対立してしまいます。

コグスワースの妻・クロチルドの役どころは?




野獣の城の時計に返信させられた召使いのコグスワースの妻・クロチルドは村で生活をしていたために夫のコグスワースとは異なり、呪いで姿を変えられはしませんでした。

しかし、呪いの影響で野獣の城の存在や、城で働いている夫・コグスワースのことを忘れてしまっています。

クロチルドはいつも頬を赤らめている酔っ払いの女性です。

映画「美女と野獣」では、ヴィヌルーブ村の洗い場にロバを連れてきて洗濯を自動化させていたベルを村人と一緒に避難し、洗濯機を破壊します。

ガストンが野獣の城へ攻め入ろうとしたときに、相棒のル・フウはガストンに対して恐怖していた中で、クロチルドはガストンと意気投合して村人を先導していく役割を担いました。

野獣の城での戦闘では、マエストロ・カデンツァを破壊するように村人達に指示を出したりしていました。

コグスワースは妻・クロチルドと会いたくなかった?

野獣の城での戦いの末に、野獣は呪いを解かれて城に光が戻り周囲の村人達の奪われていた記憶も元に戻ります。

コグスワースも元の姿に戻り、親友でもあるルミエールと抱き合って喜びを噛み締めていたところに、村人達と一緒に妻・クロチルドが現れて抱きしめられます。

このときにコグスワースは「元の時計に戻りたい」と言います。

映画「美女と野獣」の中でうかがえるクロチルドの性格は気性が荒く、酒浸りでどうしようもないタイプに見えます。

だからこそコグスワースは妻であるクロチルドとの再会を快く思っていなかったと言えます。

 

しかし、クロチルドは日常的には映画の中で見られるような無礼で意地悪な性格をしていますが、夫のコグスワースの前では甘えたがりな一面を隠し持った女性でもあります。

コグスワースと再会して抱きしめたときもクロチルドは幸せそうな表情を浮かべ、再会に感動し興奮しています。

また、ラストシーンの舞踏会でもクロチルドはコグスワースと一緒に踊っており、その顔には笑顔が溢れています。

 

コグスワースが会いたくなかった理由には、クロチルドが怖いからではなく、ものすごく強烈な愛情を毎日ぶつけられる日々がまた始まることへの恐怖と言えます。

コグスワースと妻・クロチルドのその後は?

映画「美女と野獣」では、ラストシーンの舞踏会のあとは描かれていませんが、コグスワースはルミエールとともに野獣・王子を支え続け、毎夜毎夜、妻・クロチルドの愛情表現を受け止め続けたことでしょう。

原作でのコグスワースは人間の姿に戻れれば、「執事の職を早く引退して余生を海辺の小屋で静かに暮らしたい」と語っています。

しかし、コグスワースの場合はその性格からして自分自身の夢よりも、主人である野獣・王子のために生涯仕えたと考える方が自然です。

まとめ

・コグスワースの役どころは?

コグスワースは野獣・王子に使える執事にあたり、まだ若い野獣の政治を手助けする役割を与えられていました。

コグスワースの本名は「アンリ・コグスワース」で、「クロチルド・コグスワース」という妻がいます。

・コグスワースの妻・クロチルドの役どころは?

野獣の城の時計に返信させられた召使いのコグスワースの妻・クロチルドは村で生活をしていたために夫のコグスワースとは異なり、呪いで姿を変えられはしませんでした。

しかし、呪いの影響で野獣の城の存在や、城で働いている夫・コグスワースのことを忘れてしまっています。

・コグスワースは妻・クロチルドと会いたくなかった?

コグスワースが会いたくなかった理由には、クロチルドが怖いからではなく、ものすごく強烈な愛情を毎日ぶつけられる日々がまた始まることへの恐怖と言えます。

・コグスワースと妻・クロチルドのその後は?

映画「美女と野獣」では、ラストシーンの舞踏会のあとは描かれていませんが、コグスワースはルミエールとともに野獣・王子を支え続け、毎夜毎夜、妻・クロチルドの愛情表現を受け止め続けたことでしょう。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です