洋画アニメ

映画アラジンの過去や両親は死んだ?父親のその後や母親の死因についても

ディズニーアニメ映画「アラジン」は1992年に公開された映画で、続編映画が作られたり、テレビアニメも製作された人気の高い作品で、2019年には実写映画化されています。

挿入歌として使用された「ホール・ニュー・ワールド」はアカデミー歌曲賞を受賞しました。

今回は映画「アラジン」の主人公アラジンの過去について、

また父親と母親は死んだのか生きているのか?死因やその後について紹介します。




映画・アラジンの過去や両親は死んだ?

映画「アラジン」の主人公アラジンの過去や両親との関係はどうなっているのでしょうか?

映画「アラジン」主人公アラジンとはどんな人?

1992年のディズニーアニメ映画「アラジン」の主人公であるアラジンはアグラバー出身で路上生活者の少年です。

相棒の猿アブーと一緒に食べ物を盗んで生活をしていました。

アラジンには両親がいないように見えます。

アラジンはアラビアの民話「千夜一夜物語」に登場する同盟のキャラクターをもとに作られています。

映画「アラジン」の主人公アラジンの過去は?




アラジンは父親カシームと母親ゼナという両親のもとに生まれました。

貧しい家の生まれであり、父親カシームは家族のためによりよい環境や物を与えれるようにすることを望んで、アラジンと母親ゼナをアグラバーに残して出て行ってしまいます。

父親カシームが家を出て行ってしばらくすると、アラジンの母親ゼナは亡くなってしまいます。

アラジンは父親カシームがアグラバーに戻ってくることを夢見ていましたが、その日は一向に来ないため、父親カシームも亡くなったものだと信じたまま生きていくことになります。

早くから孤児になったため、アラジンは正式な教育を受けたことがなく、尊敬できたり先生として従っていくべき人にも巡り会えずにいました。

働くということもなく、アラジンはアグラバーの路上で生き残る方法を身につけることを余儀なくされました。

アラジンが盗みを繰り返していたのはただひたすらに命をつなぐためでした。

しかしそれと同時にアラジンは周りの貧しい人々に自分が盗んだものを分け与えたりしています。

アラジンは7歳の時に果物屋台からリンゴを盗んでいた時にサルタンの警備兵に捕まった経験があります。

アラジンが10代半ばのときには物干しロープにかけられていたベスト、ズボンなどのアラジンのトレードマークと言える服をゲットしています。

アラジンが16歳の時にはアグラバーにやってきたサーカスの一団のなかにいた猿のアブーを出会います。

サーカスはアグラバーをさって行きましたが、アブーはアラジンと兄弟関係を築き、そのままアグラバーでの生活が始まりました。

主人公アラジンの能力や強さは?

映画「アラジン」の主人公であるアラジンは驚異的な身体能力を持っています。

また、教育は受けていませんが巧みな話術と機転の利いた発想力を持っています。

アラジンは動物ともコミュニケーションが取れる能力を持っているため、相棒である猿のアブーと会話することができます。

7歳から盗みを繰り返しているため、優れた盗みの技術を持っています。

主人公アラジンの両親・父親と母親は死んだ?

映画「アラジン」の主人公であるアラジンには両親が出てきません。

父親カシームに家族を豊かな生活を与えるために、アグラバーの家を出て行きました。

父親カシームは映画「アラジン」の中でほとんど話題にされていませんが、健在です。

母親ゼナは父親カシームが家を出て行ってすぐに亡くなってしまっています。

映画・アラジンの父親のその後や母親の死因は?

映画「アラジン」の主人公アラジンの両親であるカシームとゼナの死因やその後はどうなっているのでしょうか?

アラジンの父親カシームのその後は?

アラジンの父親カシームは、アグラバーの街を出た後に盗賊団の団長になっています。

映画「アラジン」の続編シリーズの完結編である「盗賊王の伝説」に父親カシームが登場しており、息子であるアラジンの結婚式を中断させています。

その後、父親カシームはアラジンと再会して、どうしてアラジンと母親ゼナを見捨てて他の国に行ってしまって帰ってこなかった理由などを説明し、盗賊団とのトラブルをアラジンによって解消された後は、アラジンと王女ジャスミンの結婚式を祝福する場面があります。

アラジンの母親ゼナの死因は?

主人公アラジンの母親ゼナは、父親カシームがアグラバーを出て行きしばらくして亡くなっています。

病気によって亡くなったものとされています。

病名は公表されていませんが、路上生活者であり衛生面は決して良好とは言えないこと、中東が舞台となっており、アグラバーの王宮はインドのタージ・マハルだということを考慮すると、可能性としては「赤痢」が挙げられます。

原作小説ではアラジンは母親ゼナとともに生活をしているのですが、ディズニーアニメ映画化されるにあたり、ストーリーを分かりやすくするために、できる限り不要なキャラクターは排除された一環で母親ゼナの存在が描かれないことになりました。

まとめ

・映画「アラジン」主人公アラジンとはどんな人?

1992年のディズニーアニメ映画「アラジン」の主人公であるアラジンはアグラバー出身で路上生活者の少年で、相棒の猿アブーと一緒に食べ物を盗んで生活をしていました。

・映画「アラジン」の主人公アラジンの過去は?

貧しい家の生まれであり、父親カシームは家族のためによりよい環境や物を与えれるようにすることを望んで、アラジンと母親ゼナをアグラバーに残して出て行ってしまいます。

・主人公アラジンの能力や強さは?

映画「アラジン」の主人公であるアラジンは驚異的な身体能力を持っており、教育は受けていませんが巧みな話術と機転の利く発想力を持っています。

・主人公アラジンの父親と母親は死んだ?

父親カシームは健在ですが、母親ゼナは父親カシームが家を出て行ってすぐに亡くなってしまっています。

・アラジンの父親カシームのその後は?

アラジンの父親カシームは、アグラバーの街を出た後に盗賊団の団長になっています。

・アラジンの母親ゼナの死因は?

病名は公表されていませんが、路上生活者であり衛生面は決して良好とは言えないこと、中東が舞台となっており、アグラバーの王宮はインドのタージ・マハルだということを考慮すると、可能性としては「赤痢」が挙げられます。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です