洋画アニメ

映画「アラジン」ジャスミンがジャファーとキスした理由|原作設定との違いや年齢についても

ディズニーアニメ映画「アラジン」は1992年に公開された映画で、続編映画が作られたり、テレビアニメも製作された人気の高い作品で、2019年には実写映画化されています。

挿入歌として使用された「ホール・ニュー・ワールド」はアカデミー歌曲賞を受賞しました。

今回は映画「アラジン」のヒロインである王女ジャスミンがジャファーとキスをした理由について。

また、ジャスミンの年齢や原作との設定の違いについて紹介します。




映画「アラジン」ジャスミンがジャファーとキスをした理由は?

映画「アラジン」の終盤でジャスミンがジャファーとキスをした理由はなんでしょうか?

またジャファーはジャスミンをどう思っていたのか見ていきましょう。

映画「アラジン」王女ジャスミンはどんな人?

ジャスミンはディズニーアニメ映画では珍しい有色人種のプリンセスでもあります。

中東アラブの国であるアグラバー王国の王女であるジャスミンは時代遅れの法律に縛られ、過保護な父親によって王宮から出ることを禁じられていました。

ジャスミンは自由な暮らしと、王女としてアグラバー王国についてより多くの見地を広げて国民が豊かに暮らせる国を作れる人間になりたいという思いを持っていました。

王宮に軟禁状態のジャスミンの唯一の友人はラジャーという亡き母が名付けたペットのトラだけでした。

ジャスミンがジャファーとキスをした理由は?




映画「アラジン」の終盤で魔法のランプが悪役・ヴィランであるジャファーの手に渡り、ジャファーはアグラバー王国の真の支配者となり、王様サルタンや王女ジャスミンは奴隷にさせられてしまいます。

主人公アラジンはジャファーのいる王宮に魔法のランプを取り戻すためにやってきます。

ジャスミンはその姿に気づき、ジャファーの注意を自分に向けてアラジンが動きやすいようにとジャファーを誘惑します。

ジャファーが後方の物音に気付いて振り向こうとしたところで、振り向かせまいとするためにジャスミンはジャファーにキスをして時間を稼ぎます。

ジャファーはジャスミンを愛していた?

王様サルタンはジャファーのことをたいへん信頼していましたが、ジャスミンはジャファーのことを危険視していました。

映画「アラジン」の中でもジャスミンが王位についた時にはジャファーを追放すると宣言しています。

ジャファーがアグラバー王国の法律を偽ってジャスミンと国務大臣であるジャファーが結婚できると王様サルタンに言っていたのは、今まで気づきあげてきた地位を守るためです。

ジャファーは、もしジャスミンと結婚してアグラバー王国の王位を継承した時には、ジャスミンを殺害しようと計画していました。

この時はジャスミンのことを政治のための道具としてしか見ていませんでした。

 

その後、魔法のランプを手に入れてアグラバー王国の支配者となった後、反抗的なジャスミンに対して考えを変えています。

ジーニーにジャスミンがジャファーを好きになるように魔法をかけるよう指示をしています。

そしてジャスミンがジャファーの虜になったように行動し、キスをしてきたときには満足した様子です。

 

ジャファーは一度たりともジャスミンを愛そうなどとは考えておらず、決して一人の人間、一人の女性としてジャスミンのことを見ていません。

当初は政治の道具としてしか捉えていなかったところに、欲情して性的な目でしか見なくなる。

このジャファーの心理を描いた理由には中東の国々では当たり前にある高齢男性と若年女性の結婚の習慣に対する批判が込められています。

映画「アラジン」ジャスミンの原作設定との違いや年齢は?

映画「アラジン」のヒロインであるジャスミンの年齢や原作との設定の違いについて紹介します。

ジャスミンの年齢は?

映画「アラジン」に出てくるヒロインの王女ジャスミンは15歳で、3日後には16歳の誕生日を迎えるという設定になっています。

ディズニープリンセスとしても当時最も幼いプリンセスでした。

ちなみに有名なディズニープリンセスの年齢を挙げると次のようになります。

アリエル(リトルマーメイド) 16歳
ベル(美女と野獣) 17歳
シンデレラ(シンデレラ) 19歳

ジャスミンが結婚を急かされている理由は?

いくらアグラバー王国の王族とはいえ、15歳の女性に対してアクメッド王子だけでなく結婚を急かしすぎているようにも見えます。

映画「アラジン」の中で王様サルタンはその理由として、サルタン自身がすでに高齢であり、いつ死んでもおかしくないため、王位継承を済ませてしまいたいと語っています。

この他にはアグラバー王国の結婚法として王家の女性は16歳の誕生日を迎えるまでに王子と結婚しなければならないと定められています。

王様サルタンは娘であるジャスミンを可愛がる心とともに、伝統を重んじる人でもあるので、結婚法に従わなければならないと強く思っています。

ジャスミンの原作「アラビアンナイト」との設定の違いは?

映画「アラジン」のヒロインである王女ジャスミンは原作「アラビアンナイト」に登場するプリンセス・バッドロールバドアの設定に基づいて作られたキャラクターです。

王女の名前はジャスミンではなく、「バッドロールバドア」でした。

ちなみに「バッドロールバドア」の意味は直訳すると「満月の中の満月」となり、月は女性の象徴として使われるものなので「女性の中で最も女性的な美しさを持つ人」という意味が込められています。

映画「アラジン」では王女の名前はジャスミンとなっており、ジャスミンの花言葉は「愛らしい人」です。

原作では容姿に注目した名前がつけられていたところを、王女の人格や性格に注目した花言葉を持つ名前に変更しています。

 

バッドロールバドアは原作の中でアラジンと結婚しますが、その後に悪役である魔法使いがアラジンの持つ地位や名誉、そして妻であるバッドロールバドアを奪おうとします。

その後、魔法使いに討ち勝ったアラジンは長い間、王座に君臨したとされています。

原作「アラビアンナイト」でジャスミンはジャファーとキスをしている?

原作「アラビアンナイト」では、ジャファーの役割は2人のキャラクターに分かれています。

一人は国務大臣を務める女性で息子をバッドロールバドアと結婚させようと企みます。

もう一人は魔法使いの男性で、アラジンから魔法のランプを奪い、バッドロールバドアとともに王宮を乗っ取ります。

ランプを奪われたアラジンは、ランプではなく指輪の魔人の力を借りて魔法使いを倒しに戻ってきます。

 

原作では魔法使いがアラジンから魔法のランプを奪うときには既にバッドロールバドアと結婚しています。

アラジンが指輪の魔人を見つけるまでの間に自室に閉じこもり時間稼ぎをし、最後には魔法使いと夕食を共にする際にワインに毒を仕込み毒殺します。

映画「アラジン」にあるようなジャファーにキスをして時間を稼ぐというアグレッシブなシーンはありませんが、王女らしさを残した助け方をしています。

まとめ

・映画「アラジン」王女ジャスミンはどんな人?

ジャスミンは自由な暮らしと、王女としてアグラバー王国についてより多くの見地を広げて国民が豊かに暮らせる国を作れる人間になりたいという思いを持っていました。

・ジャスミンがジャファーとキスをした理由

愛するアラジンのためを思い、ジャスミンはジャファーにキスをして時間を稼ぎます。

・ジャファーはジャスミンを愛していた?

ジャファーは一度たりともジャスミンを愛そうなどとは考えておらず、決して一人の人間、一人の女性としてジャスミンのことを見ていません。

・ジャスミンの年齢は?

映画「アラジン」に出てくるヒロインの王女ジャスミンは15歳で、3日後には16歳の誕生日を迎えるという設定になっています。

・ジャスミンが結婚を急かされている理由は?

アグラバー王国の結婚法として王家の女性は16歳の誕生日を迎えるまでに王子と結婚しなければならないと定められています。

・ジャスミンの原作「アラビアンナイト」との設定の違いは?

王女の名前はジャスミンではなく、「バッドロールバドア」でした。

・原作「アラビアンナイト」でジャスミンはジャファーとキスをしている?

映画「アラジン」にあるようなジャファーにキスをして時間を稼ぐというアグレッシブなシーンはありませんが、王女らしさを残した助け方をしています。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です