ニュースなギモン

増税後に買った方がいいもの2019!セールやポイント還元対象店舗についても

2019年10月1日にいよいよ消費税が8%から10%に増税されることになります。

今回は増税後に買った方がいいものを紹介します。

また、増税後のセールの実施予定店舗やポイント還元対象店舗がどこなのかについても紹介します。

増税後に買った方がいいもの2019!

増税後に買った方がいいものにはどのようなものがあるのでしょうか?

増税後に買った方がいいもの「軽減税率対象品」

増税後に買った方がいいものは、基本的には増税前にまとめ買いなどしなくてよかったものです。

最たるものは軽減税率対象品です。

基本的には消費税が2019年10月1日から10%へと増税されますが、飲食料品の多くは軽減税率の対象となっており、今まで通り8%で買うことができます。

また、ポイント還元をするように政府が主導していることもあり、現金でしか支払いができなかった店舗でもPayPayなどのキャッシュレス決済を導入するところもあります。

詳しくは後ほど紹介しますが、日頃よく使うお店がどのようなキャッシュレス決済に対応してポイント還元を受けられるのかをチェックしておくと、少しおトクに買い物ができます。

 

軽減税率の対象となる品目は

  • 飲食料品
  • アルコール濃度1%未満の酒類
  • 健康食品

が挙げられます。

ただし飲食料品でも軽減税率の対象外となるものがあったりするので、注意が必要です。

細かいところまで覚えようと思うと面倒なので、安くなったらラッキーくらいの感覚で基本的には「ポイント還元でトクをしよう」という考え方がストレスが少なくて良いでしょう。

増税後に買った方がいいもの「衣類・洋服」

衣類・洋服は軽減税率の対象ではありません。

増税後に購入を控える人が多くなりやすいことから、増税後に冷え込みを抑えるためにセールが行われる可能性が高いです。

店舗自体はポイント還元対象店舗になっていなかったとしても、楽天ペイなどがどこで購入してもポイント還元5%を得られるようにしてくれていたりします。

季節ごとに商品の入れ替えの都合でセールも行われやすいことから、セール時期を狙いつつポイント還元も利用していくスタイルがおトクでしょう。

 

特に子供用の服は子供の成長と相談する必要があります。

慌てて購入しない方が結果的におトクなことが多いです。

増税後に買った方がいいもの「車」

車に関しては増税前に値引き交渉なども行った上で購入できていれば、それに越したことはありません。

2019年10月1日からは車の購入にあたってもほとんどの2%の増税がなされ、特に高額な買い物であるため2%の増税の影響は大きくなります。

車両価格 増税前 増税後
1,000,000円の車 1,080,000円 1,100,000円(+20,000円)
1,500,000円の車 1,620,000円 1,650,000円(+30,000円)
2,000,000円の車 2,160,000円 2,200,000円(+40,000円)

しかし、2019年10月1日からは「自動車取得税」が廃止され、「環境性能割」が導入されます。

税金が廃止されて割引制度が導入されると捉えてしまうと、いまいちおトクなだけな制度で混乱してしまいますが、

ざっくり言うと

自動車取得税の割合がエコカーなら安くて済む。

ということです。

自動車取得税 3%
環境性能割 1%
2%
3%
非課税

今までは車を買うときには必ず3%の税金を支払わないといけなかった代わりに、環境に良い車の場合は割合を下げたり非課税(0%)で済むようになります。

なので、買いたい車が1%や非課税になるようなエコカーの場合には消費税が8%から10%へと増税された2%分よりも安く買えるかもしれません。

 

ただし、注意点が3つあります。

  • エコカーでない場合はあまりおトクではない
  • 中古車よりも新車の方がおトク
  • 消費税増税で維持費自体は上がる

あくまで「環境性能割」という言葉通りエコカーでないと旨味が少なく、中古車でも適用されますが新車と費用の計算方法が違います。

また、すでに車を持っている方にはあまり関係ありませんが、消費税増税の影響でガソリン代や高速料金をはじめ、維持費自体は上がることは変わりません。

 

なので、「エコカーを新車で乗り換えで買おうと思っていた人はおトクになるかもしれない」と言えます。

くれぐれも値引き交渉はお忘れなく。

増税後に買った方がいいもの「家電」

家電は増税前に買い替えを検討していた場合は買っている方がおトクです。

しかし、衣服・洋服と同じく新製品が発売されることや、決算セールなども確定で実施されやすいため、増税後であっても時期を見逃さなければおトクに買うことができる可能性があります。

増税後のキャッシュレス決済を利用した5%還元を利用する手もありますが、もともとの価格が還元分を考慮して割高に設定されていることが多いため、買いたい商品の在庫とも相談しながら買う時期には注意してください。

増税後セールやポイント還元対象店舗は?

増税後セールの実施予定店舗はどのようなところがあるでしょうか?

また、ポイント還元対象店舗はどこで調べたり確認できるのでしょうか?

増税後セールの実施予定店舗は?

増税後セールの実施予定店舗は、今まで増税後に冷え込みを恐れてセールを行ってきた店舗は今回も増税後セールを行うと考えられます。

家電量販店は実店舗もインターネット通販サイトも増税後セールをポイント還元や現金値引きなどの形で行うと予想されます。

ポイント還元が政府主導で行われていることもあり、2019年10月1日以降の増税後セールがあまり活発に行われない可能性もあります。

このあたりはそれぞれの店舗が増税に対して対策をすべきと考えているかどうかによって変わってきます。

大手家電量販店やネット通販の方が増税後セールを行いやすいため、購入を検討している商品がある場合は定期的に確認したり、店頭でセールがもうすぐ行われるかを尋ねてみると良いでしょう。

増税後のポイント還元対象店舗はどこ?

増税後のポイント還元を政府が「キャッシュレス消費者還元事業」と題して行うことが予定されています。

「キャッシュレス消費者還元事業」は2019年10月1日から2020年6月30日までの9カ月間限定で行われます。

キャッシュレス決済(クレジットカード決済・QRコード決済など)を行うとポイント還元されるキャンペーンで中小店舗の場合は5%、コンビニなどは2%のポイント還元があります。

今のところ全国に約200万店舗あるうち、60万店舗あまりしか対象店舗がない状況です。

キャッシュレス消費者還元事業の対象店舗は→こちら

今後インターネット上やアプリを使って地図上に対象店舗が表示されるサービスを提供する予定です。

今のところは対象店舗がただ羅列されたリストでしかないため非常に見にくいですが、よく使うお店が登録されているか確認しておくとよいでしょう。

 

楽天ペイがポイント還元対象店舗以外でも5%還元を保証していたように、PayPayも少し形は異なりますがキャンペーンを行っていたりします。

引用:ペイペイ

キャッシュレス決済サービスを手当たり次第に登録することはオススメしませんが、自分が日頃よく使うお店で対応しているキャッシュレス決済サービスがどれなのか?どのようなメリットがあるのかを確認しておきましょう。

まとめ

・増税後に買った方がいいもの2019!

  • 増税後に買った方がいいもの「軽減税率対象品」
  • 増税後に買った方がいいもの「衣類・洋服」
  • 増税後に買った方がいいもの「車」
  • 増税後に買った方がいいもの「家電」

・増税後セールの実施予定店舗は?

家電量販店は実店舗もインターネット通販サイトも増税後セールをポイント還元や現金値引きなどの形で行うと予想されます。

・増税後のポイント還元対象店舗はどこ?

キャッシュレス消費者還元事業の対象店舗は→こちら

今後インターネット上やアプリを使って地図上に対象店舗が表示されるサービスを提供する予定です。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!