ニュースなギモン

吉本興業に契約書がないのは本当?存在しない理由や闇営業とアルバイトの違いについても

2019年に吉本興業所属のお笑い芸人・カラテカ入江慎也が2014年12月に、振り込め詐欺グループとともにイベントを主催し、関係のあるお笑い芸人たちをイベントに参加させたとして契約解消になりました。

この件に関して、テレビに出演している吉本興業に所属しているお笑い芸人たちが口を揃えて「吉本に契約書なんかない」と言っています。

今回は、吉本興業に「契約書」が本当にないのか?

また、契約書が存在しない理由や闇営業はダメでアルバイトはOKになっている違いについて解説します。

吉本興業に契約書がないのは本当?

テレビに出演している吉本興業に所属しているお笑い芸人たちの言っている「吉本興業に契約書はない」というのは本当なのでしょうか?

吉本興業とはどんな事務所?

吉本興業には、お笑い芸人たちを扱っている「よしもとクリエイティブエージェンシー」をはじめ、多くの部門ごとに子会社が分かれていますが、お笑い芸人のマネジメントの雄であることは間違いありません。

創業100年以上の歴史を持ち、テレビ番組や映画制作、グランド花月などの劇場の創設・運営、NSCと呼ばれるお笑い芸人の養成所の経営まで行っています。

かつてはプロ野球の読売巨人軍の設立、日本プロレス協会の立ち上げなど日本をエンターテイメントの側面で支えてきた会社です。

歴史と伝統のある会社ですが、古き良き日本の会社という体質をもったところでもあります。

吉本興業に契約書がないのは本当?

吉本興業のお笑い芸人・カラテカ入江慎也の闇営業をめぐる契約解消の報道を受けて、情報番組に出演している吉本興業所属のお笑い芸人たちが口を揃えて「吉本興業に契約書はない」という発言をしています。

テレビ番組「スッキリ!」に出演した際に、吉本興業に所属するお笑い芸人・ハリセンボン近藤春菜は

「契約という部分では、吉本興業と芸人との間に契約書というのもがない」

と話しており、

司会で同じく吉本興業に所属する加藤浩次も

「俺らは交わしたことがない」

と同調しています。

また、テレビ番組「ビビット」に出演した吉本興業所属の千原ジュニアは

「今後、契約書が交わされることも絶対にない」

と話しており、吉本興業にお笑い芸人との間で契約書が交わされた事実は今までにないと言えます。

では、なぜ契約書を交わしていないのでしょうか?

吉本興業に契約書が存在しない理由や闇営業とアルバイトの違いは?

吉本興業に契約書が存在しない理由はなんでしょうか?

また闇営業はダメでアルバイトはOKとされているのはなぜか、その違いについて見ていきましょう。

吉本興業に契約書が存在しない理由は?

吉本興業に契約書が存在しないことは事実なようですが、だからと言って「お笑い芸人と吉本興業の間で契約がなされていない」という訳ではありません。

現代ではトラブルの元となるため、契約書をつくることが当たり前になっていますが、「口約束」も立派な契約手段と言えます。

 

テレビ番組「スッキリ」でお笑い芸人・ハリセンボン近藤春菜は

「芸人は特に(契約書を)交わしたことがないので、契約解消というのであれば、会社としても契約書をちゃんと作って、これこれこういう契約でやるので、何か営業、お話があった際にはちゃんと会社は通しましょうね!とか、そういう契約交わすときに何もなかったのでわからない部分もある」

と話していますが、千原ジュニアの発言を信じるならば今後も契約書は作られない可能性もあります。

 

しかし、今まで吉本興業が「契約書」の形をとっていなくても問題がなかった理由には、いわば「口約束の徹底」がなされていたと言えます。

口約束だからこそ柔軟にトラブルや新しい企画に対応することができるようになります。

この点に関しては、吉本興業所属のお笑い芸人・キングコング西野亮廣は自身のブログで

吉本興業と契約書なんて交わしていたら、クラウドファンディングもできなかったし、オンラインサロンもできなかったし、国内外の個展や、美術館建設もできませんでした。

吉本100年の歴史で、こんなことをやった芸人が一人もいないので、こんな芸人の活動に対応した契約書が存在しないんです。

と話しています。

100年以上の歴史を持つ昔気質な企業だからこそ、口約束を大事にしてきたところがあったのではないか?と考えられます。

闇営業とアルバイトの違いは?

吉本興業に契約書がなく、「話し合った上での口約束が重視」されてきたことを踏まえて考えると、次のことが言えます。

吉本興業の場合においては、アルバイトはOKで闇営業も友人・知人の結婚式・披露宴などのビデオレターなどは許されてきたのではないかと考えられます。

また、反社会的勢力に対する闇営業はもちろん認められはしなかったでしょうが、「所属事務所に許可を得ていない」という意味での「闇営業」の中には話し合いをすれば事務所が売り上げに手を出さないこともあり得たでしょう。

吉本興業以外の事務所においては「闇営業は契約書で禁止されている事項だから」というのがアルバイトとの違いと言えます。

吉本興業においては義理人情が判断基準の一番にあったのではないかと考えられます。

まとめ

・吉本興業とはどんな事務所?

創業100年以上の歴史を持ち、テレビ番組や映画制作、グランド花月などの劇場の創設・運営、NSCと呼ばれるお笑い芸人の養成所の経営まで行っています。

・吉本興業に契約書がないのは本当?

吉本興業にお笑い芸人との間で契約書が交わされた事実は今までにないと言えます。

・吉本興業に契約書が存在しない理由は?

口約束だからこそ柔軟にトラブルや新しい企画に対応することができるようになります。

・闇営業とアルバイトの違いは?

吉本興業以外の事務所においては「闇営業は契約書で禁止されている事項だから」というのがアルバイトとの違いと言えます。

吉本興業においては義理人情が判断基準の一番にあったのではないかと考えられます。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です