洋画アニメ

映画「トイストーリー4」のネタバレ結末は?あらすじや海外の反応についても

映画「トイ・ストーリー4」が世界では2019年6月21日に公開され、日本では7月12日に公開されます。

ピクサーの大人気アニメである「トイ・ストーリー」の続編ということでそのあらすじや内容には注目が集まっています。

今回はすでにアメリカなど多くの国では公開されている映画「トイ・ストーリー4」のあらすじや結末のネタバレを紹介するとともに、

映画「トイ・ストーリー4」のヒロインであるボー・ピープとはどんなキャラクターなのか?また海外の反応・感想について紹介します。

映画「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじや結末

映画「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじや結末を紹介します。

まずは新登場キャラクターなどについて見ていきましょう。

映画「トイ・ストーリー4」のキャラクターは?

映画「トイ・ストーリー4」にも今までのおなじみのウッディやバズ・ライトイヤー、ジェシーなども出てきますが、基本的にはウッディとボー・ピープの恋愛を中心に描かれています。

新登場キャラクターには

フォーキー

映画「トイ・ストーリー3」から新しくウッディたちの持ち主になった女の子のボニーが幼稚園で工作したゴミから作られたおもちゃ。

ボニーはおもちゃとして気に入っているが、本人は自分を「ゴミ」だと認識しており隙あらばゴミ箱に入ろうとする。

ギャビー・ギャビー

ウッディたちが迷い込むアンティークショップの住人。

背中にひもがあり声を出すはずだが不良品でひもがない。

ベンソンという腹話術人形を手下に持つ愛に飢えた人形。

ダッキー&バニー

予告編動画で公開されていた人形だが、映画ではあまり活躍はしない。

終盤の移動遊園地の景品として登場する。

デューク・カブーン

スタントマン人形で過去に持ち主の子供から飽きられたトラウマから自信がない。

終盤の移動遊園地のシーンでスタントの見せ場がある。

などがいます。

映画「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじ

映画「トイ・ストーリー4」はウッディとボー・ピープという恋人の再会を描きつつ、「持ち主のいないおもちゃは不幸なのか?」という前作で棚上げされていたテーマに向き合った作品です。

 

映画冒頭は「トイ・ストーリー2」と「トイ・ストーリー3」の間のシーンから始まります。

まだウッディたちの持ち主がアンディだったころ、電気スタンドの装飾人形だったボー・ピープはアンディが手放すことを決めてしまい、家から運び出されてしまいます。

ウッディはそれを阻止しようとしますが、ボー・ピープは事態を受け入れており2人の仲は引き裂かれてしまいます。

 

舞台は変わって現在のウッディたちはアンディからボニーという女の子に持ち主が変わり、仲間たちと楽しい日々を過ごしていましたがボニーは幼稚園に行きたがらない様子でした。

それを心配したウッディはこっそりとリュックの中に忍び込み幼稚園へとついていくことにします。

工作の時間に作品を作れずに困っていたボニーの目の前に、ウッディはゴミ箱から取り出した先割れスプーンや針金などを机にこっそり並べます。

するとボニーはそれらを使って「フォーキー」というおもちゃを完成させ、フォーキーの足の裏に「BONNIE」と書き込み、ボニーの家に一緒に連れ帰ることになります。

ペンで持ち主の名前を書かれることは、おもちゃたちにとって名誉あることでした。

家に帰り、バズやジェシーたちにフォーキーを新しいおもちゃとして紹介するウッディでしたが、フォーキーは自分自身を「おもちゃ」ではなく「ゴミ」だと思っており、ことあるごとにゴミ箱に入ろうとします。

 

ある日、ボニー一家はキャンピングカーに乗って出かけます。

ボニーは手作りのおもちゃ・フォーキーがお気に入りでしたが、フォーキーはボニーやウッディの目を盗んでは車の中のゴミ箱に入ろうとします。

ついには車の外のゴミ箱に入ろうとし、それをウッディも追いかけますが、ボニーたちは2人が車外にいることに気づかず車を出してしまいます。

フォーキーを捕まえたウッディは2人で家路を歩きながら、「おもちゃの素晴らしさ」を話して聞かせ、少しだけフォーキーは納得します。

 

時を同じくして車内ではボニーが、フォーキーがいなくなったことに気づき取り乱していました。

 

ウッディとフォーキーが通りを歩いていると、アンティークショップが目に入り、なんと店頭のショーケースにはボー・ピープの電気スタンドが置かれていました。

ウッディはもしかするとボー・ピープも店内にいるかもしれないと思い、店の中を探すことにします。

アンティークショップの中でボー・ピープには会えませんでしたが、ギャビー・ギャビーという女の子の人形と、腹話術人形のベンソンズに出会います。

彼らからボー・ピープの情報を得るために話をしますが、ギャビー・ギャビーは本来はウッディと同じく背中のひもを引くと声が出るのですが、不良品の人形のため声が出ないために売れないことを気にしており、ウッディのボイスボックスを奪い取ろうとします。

慌ててウッディとフォーキーは逃げようとしますが、フォーキーがベンソンズに捕まってしまい、ウッディも捕まりかけた時に背中のひもを引いて店内の女の子の注目を集めます。

人間の前ではおもちゃとして振舞うことがルールであるため、追っていたベンソンズたちもフリーズし、女の子は床に落ちていたウッディに興味を持ちます。

店内にいたのはアンティークショップのオーナーの孫娘で、ウッディを気に入った孫娘はウッディを持って店を出ていきます。

孫娘が公園で遊んでいる隙をついてウッディはアンティークショップへ戻ろうとしますが、そのとき偶然にも9年前に離れ離れになってしまったボー・ピープとの再会を果たします。

ボー・ピープは以前までの清楚な服装をしておらず、性格も勝ち気になり、今は持ち主のいない生活をしていました。

ウッディはボー・ピープに、アンティークショップに置き去りにされているフォーキーの救出を手伝ってくれるよう願います。

 

そのころ車内にいたバズ・ライトイヤーはウッディたちの救出に向かいますが、飛行に失敗して移動遊園地の従業員に見つかり、景品として飾られることになってしまいます。

そこでバズは予告編動画でもおなじみのダッキー&バニーと出会います。

どうにか景品として飾られていたバズたちも脱出に成功し、偶然にもアンティークショップに向かうウッディたちと出会います。

フォーキーのいる棚には鍵がかけられており、ベンソンズが見張りをしていました。

ボー・ピープが計画を立てている時に、ウッディとフォーキーの持ち主であるボニーが母親と共にアンティークショップを訪れます、ウッディは衝動にかられて計画にない行動に出てしまいベンソンズにボー・ピープの連れていた羊たちを奪われてしまいます。

 

アンティークショップのおもちゃたちの秘密のパーティ会場に侵入して、ウッディとボー・ピープはフォーキーのいる棚の鍵のありかの情報を手に入れます。

そこで新たにスタントマン人形のデューク・カブーンを仲間に加え、鍵を手に入れて再びフォーキーとボー・ピープの羊の奪還に向かいます。

棚に入ることができましたが、アンティークショップで飼われている猫の襲撃に遭い、羊は助かりますが再びフォーキーの奪還に失敗してしまいます。

 

ウッディはもう一度フォーキーを助けに行こうと言いますが、ボー・ピープたちは「これ以上危険な賭けをしてまで助ける必要はないだろう」と言います。

さらに「フォーキーはボニーの元に帰ってこないけれど、ウッディはボニーの元に帰れるからいいじゃないか」と言われたウッディは咄嗟に「持ち主のいないボー・ピープには、持ち主の元へ帰りたいおもちゃのきもちが分からないんだ」と言ってしまいます。

ウッディを危険な目にあわせないために断ったボー・ピープはこの言葉にショックを受け、ウッディを置いて去っていきます。

ウッディは最後に残って聞いていたバズの言葉を遮り、もう一度アンティークショップへと戻ってしまいます。

 

アンティークショップへ戻るとすぐにギャビー・ギャビーとベンソンズたちに見つかってしまい、ギャビー・ギャビーからボイスボックスを渡してほしいこと、もし渡してくれれば交換条件としてフォーキーを返すことを説得されます。

不良品なせいで一度も持ち主を得ることがないままだったギャビー・ギャビーは、一度でいいからちゃんとしたおもちゃとして子供たちの前に現れて願わくばその子のおもちゃになりたい、できればアンティークショップにいつもやってきてはままごと遊びをしているオーナーの孫娘の元へ・・・。

 

その願いを聞いたウッディはギャビー・ギャビーにボイスボックスを与えることを受け入れます。

ウッディはフォーキーと再会することができ、ボニーの元へと帰ろうとしますが、ボイスボックスを手に入れたギャビー・ギャビーがオーナーの孫娘に拒絶され捨てられる場面を目撃してしまいます。

 

ウッディはギャビー・ギャビーのことをボニーなら持ち主になって大切に扱ってくれると説得します。

フォーキーに移動遊園地のメリーゴーランドのところへボニー一家を連れてくる計画をキャンピングカーに待機する仲間たちに伝えるようお願いし、ウッディはギャビー・ギャビーを遊園地へと連れていきボニーが持ち主になる計画を立てていると、戻ってこないと思われたボー・ピープがアンティークショップに戻ってきており、計画に協力してくれることになります。

映画「トイ・ストーリー4」のネタバレ結末

フォーキーは無事にキャンピングカーに戻り、仲間たちと協力して車を操作して移動遊園地へと向かわせることに成功します。

 

移動遊園地に到着したウッディたちでしたが、ギャビー・ギャビーはメリーゴーランドへ向かう途中で見かけた迷子で泣いている女の子のことが気になります。

その視線に気づいたウッディは計画を変更し、ギャビー・ギャビーが迷子の女の子と出会い、持ち主になってもらえるように取り計らいます。

当初の予定とは変わってしまいましたが、移動遊園地でボニーたちと再会できたウッディは、ボー・ピープに別れを告げて持ち主のボニーのもとへ帰ろうとします。

しかし愛するボー・ピープともう一度別れれば、2度と会えないかもしれないと考えたウッディは躊躇します。

するとバズが「ボニーのことは大丈夫、自分の気持ちに正直になれ」と背中を押します。

 

キャンピグカーにいたおもちゃたちもやってきて、ボー・ピープとの再会を喜ぶと共に、ウッディとの別れを理解します。

ウッディはジェシーに保安官のバッチを渡し、持ち主のいないおもちゃとしての人生を選択します。

移動遊園地から離れていくボニー一家のキャンピングカーの中でウッディとボー・ピープを眺めながら、恐竜のレックスは「ウッディが持ち主のいないおもちゃになっちゃったね」と呟きます。

バズはそれに対して「To Infinity」と呟き、ウッディは「and Beyond」と答えるシーンで本編が終了します。

「To Infinity and Beyond」はバズのおきまりのセリフ「無限の彼方へさあいくぞ!」ですが、この場合は持ち主のいないおもちゃになったことは劣っていたり悲しいことではなく、たくましく生きるおもちゃたちの人生は素敵だという意味が込められています。

 

エンドロールでは、一年が経過してボニーは小学一年生になっています。

ボニーは新しくフォーキーの仲間の「ナイフィー」というナイフでできた女の子のおもちゃを作り、ジェシーがおもちゃの仲間たちに紹介しています。

そしてフォーキーは先輩風をふかせようとしますが「ナイフィー」は「なぜ私は生きているのか?」という質問をしてフォーキーを困惑させます。

映画「トイ・ストーリー4」ボー・ピープや海外の反応・感想は?

映画「トイ・ストーリー4」のヒロインであるボー・ピープについて、また海外の反応や感想を見てみましょう。

ボー・ピープとウッディの関係は?

ボー・ピープはシリーズ第1作の「トイ・ストーリー」から登場する乙女なキャラクターです。

アンディが持ち主だった頃からウッディを異常なまでに愛しており、バズ・ライトイヤーがおもちゃに加わり焦りを感じていたウッディをなだめすかしたりもしていました。

映画「トイ・ストーリー4」でもウッディが話していますが、アンディの妹モリーの夜泣きを和らげる才能もあるやさしい包容力のある女性でした。

映画「トイ・ストーリー4」では9年に及ぶサバイバル生活の中で、たくましく生き延びるすべを手に入れています。

映画「トイ・ストーリー4」海外の反応や感想は?

映画「トイ・ストーリー4」はアメリカではシリーズ最高記録で第1週目から観客動員数第1位でスタートしています。

ツイッター上の感想は総じて高評価で、「過去最高の作品」といった評価ばかりです。

ただし、中には作品に漂う物悲しさが苦手という意見もあります。

まとめ

・映画「トイ・ストーリー4」のキャラクターは?

映画「トイ・ストーリー4」にも今までのおなじみのウッディやバズ・ライトイヤー、ジェシーなども出てきますが、基本的にはウッディの彼女であるボー・ピープや、新登場の手作りおもちゃフォーキーや愛に飢えているギャビー・ギャビーなどが登場します。

映画「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじ

映画「トイ・ストーリー4」はウッディとボー・ピープという恋人の再会を描きつつ、「持ち主のいないおもちゃは不幸なのか?」という前作で棚上げされていたテーマについて触れられた作品です。

・映画「トイ・ストーリー4」の結末

愛するボー・ピープと再会したウッディは、ボニーのもとへは帰らずに持ち主のいないおもちゃとしての人生を選択します。

・ボー・ピープとウッディの関係は?

アンディが持ち主だった頃からウッディを異常なまでに愛しており、バズ・ライトイヤーがおもちゃに加わり焦りを感じていたウッディをなだめすかしたりもしていました。

・映画「トイ・ストーリー4」海外の反応や感想は?

ツイッター上の感想は総じて高評価で、「過去最高の作品」といった評価ばかりです。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です