邦画アニメ

映画すみっコぐらしがつまらないし面白くない!人気の理由や評価・感想についても

映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は2019年11月に公開されたアニメーション作品です。

今回は、映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」がつまらないし面白くないといった評価・感想、

人気の理由や逆詐欺映画について解説していきます。

映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」のあらすじは?

映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」はすみっコというキャラクターたちが絵本の世界を冒険するほのぼの系作品です。

すみっコぐらしは、「たれぱんだ」や「リラックマ」などで知られるサンエックスのキャラクター・すみっコたちを描いた作品で、映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」のメインは「ひよこ」という自分の正体が分からず、自分探しをしているキャラクター。

他にも本やゲームでお馴染みの

  • しろくま
  • ぺんぎん?
  • とんかつ
  • ねこ

などのキャラクターたちがさまざまな有名童話や絵本の世界で活躍します。

予告編として公開されている主題歌PVの雰囲気からも分かる通り、ほのぼのというよりもどこか物悲しさがある作品です。

物語はしろくまが営む「喫茶すみっコ」から始まります。

いつものように喫茶すみっコにはたくさんの仲間たちが集まって、思い思いにごはんを楽しんでいました。

すみっコたちはある時、喫茶すみっコの地下室で古くなった一冊の不思議なとびだす絵本を発見します。

とびだす絵本の仕掛けが動き出すと、すみっコたちは絵本の世界に吸い込まれて行ってしまいます。

絵本の世界には、自分がどこから来たのか誰なのかも分からないでいる「ひよこ?」というキャラクターがいました。

すみっコたちは協力してひよこ?の家を探す旅を始めます。

果たしてひよこ?の本当の家は見つかるのでしょうか?・・・

映画「すみっコぐらし」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

では、映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」がつまらないし面白くないといった評価・感想や理由を紹介していきます。

人気話題作だけどつまらないし面白くない

万人受けするかのようにネット上にレビューを投稿されている人もいますが、「話題作だから、人気だから」という理由で見に行くと拍子抜けします。

決して誰しもに向けて作られた作品ではなく、特に男性にとってはそもそもぬいぐるみのようなキャラクターに愛着がない傾向があるため、オススメできません。

映画館でも子供連れであったり、女性が目立ちます。

話題作だからといって、全年齢が共通して満足できる作品はあり得ません。

感動もなく泣けないしつまらない

絵本の世界を冒険するという構図をとられており、子供たちにも馴染みのある日本人ならほとんどがどこかで読んだり聞いたりしたことのある作品のキャラクターにすみっコたちが扮していきます。

さまざまな世界を冒険していきつつも、ひよこ?の居場所探しをしていくという別軸が邪魔をしているように感じられるかもしれません。

ネット上では泣けた、感動したといった、隣の席の大人も泣いていたといった投稿が目につきましたが、どうなのでしょうか?

そういう機会に出会すこともあるでしょうが、あまりそういった感動を期待しすぎない方が良いと思います。

映画館で見ず知らずの他人が感動していたかどうか、気にしていますか?

ナレーションが邪魔でつまらないし面白くない

V6の井ノ原快彦がナレーションを務めています。

作品・キャラクターの性質上、すみっコたちが喋る訳ではないこと、キャラクターがリアルではないため、表現力に乏しいこともありナレーションで補う必要があります。

そのナレーションがどうしても頻発するため、邪魔だと感じる可能性があります。

絵本や童話のようなあたたかい雰囲気のアニメに合わせるナレーションとして、井ノ原快彦の声を合っていると思う人は問題ありませんが、「これじゃない」と感じてしまうと気になって仕方がなくなります。

すみっコぐらしファンでも展開が微妙で面白くない

2019年の公開順として、直前にバットマンの宿敵・ジョーカーの誕生を描いた映画「ジョーカー」が公開され、世界的にも大ヒットしました。

そうした鬱展開の作品が大ヒットする中で、ほのぼの系の作品が満を持して公開されたため、映画「ジョーカー」と比較する人が多くいます。

映画「ジョーカー」のように人を鬱にさせたり精神的ショックが大きい作品ではないため、比較として映画「ジョーカー」が酷評されることがあります。

全くジャンルが異なるため、映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」と映画「ジョーカー」を比べて批判することに特に価値はないでしょう。

そうした見方をしないと映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の魅力を測れないという見方もできます。

また、すみっコぐらしファンでも微妙な部分があるという人もいました。

クレヨンしんちゃんオトナ帝国の二番煎じで泣けないし面白くない

映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」を表する言葉として、クレヨンしんちゃんの映画「オトナ帝国の逆襲」やトイストーリー4などが持ち出されることがあります。

ほのぼの系に見せかけつつ、若干物悲しさのあるストーリー展開とラストのオチなので、似ていると言えなくもありません。

こうした声を聞いて、「感動できそうだから見てみたい」と思った人は期待値を下げておく方が良いです。

そこまでの造り込みはなされていません。

映画「すみっコぐらし」が面白いし泣ける・感動するのはこんな人

映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の批判的な意見を紹介してきましたが、ネット上の多くは好評しています。

どのような人が面白いし泣ける・感動するのか見てみましょう。

すみっコのキャラクターがかわいいし面白いし感動する

前提として、すみっコたちのぬいぐるみ感をかわいいと思えるかは重要な要素です。

たれぱんだやリラックマといったキャラクターたちを輩出してきた企業の作品であるため、系統としてはやはりすみっコたちに癒しを感じられる人のための作品です。

意外と泣かせにきて感動する

あまり興味を持っていない人でも、面白くないと思いつつ観ていると泣かされているということがあるようです。

同じように興味がない人でも、観て後悔したという意見もあるため人によるとしか言いようがありません。

もしかすると興味がなくても受け入れることができれば楽しむことができるでしょう。

刺さる人には刺さるし面白いし感動する

万人受けはしない作品で、子供向けですが話題作に興味を持って観に行った人の中にも心にグッとくるものがあるかもしれません。

ある程度は実際に観に行ってみるしかありません。

映画「すみっコぐらし」人気の理由や逆詐欺映画の意味

映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」はツイッターを中心にネット上では多くの高評価がされています。

また、「逆詐欺映画」という言葉も使われたりしています。

これらは総じて、映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」がゆるい可愛らしいキャラクターたちを描いた子供向けのアニメ映画だと思われていたものの、意外と大人向けに作られている点が理由です。

単純にすみっコたちが絵本の世界でさまざまな物語の主人公になって冒険をするだけのストーリーであれば、これほど人気が出ることもなかったでしょう。

そこに「ひよこ?」という迷子を放り込むことによって、物語に暗い影を持たせることに成功しています。

また、すみっコたちのキャラクター設定に秘められている主人公ではなく脇役であったり、影を秘めた設定が映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の中でうまく融合しているため、高評価へとつながっています。

こうした子供向けアニメの皮をかぶって、「どうせ子供向けで面白くないだろう」という予想を裏切る作品ということで、「逆詐欺=面白くないと思っていたら面白かった」と称されています。

映画「すみっコぐらし」個人的な感想

映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」には特に興味がありません。

私がやったことがあるのはゲームで言えば「すみすみ」だけです。

クレヨンしんちゃんの映画「おとな帝国の逆襲」の二番煎じという意見に対しては、比べてどうこう言うものではないと感じています。

ただ、昨今の「大人向け」と称した作品の傾向にはうんざりしているところがあります。

ディズニーの実写版「ダンボ」、くまのプーさんの実写版映画「プーと大人になった僕」をはじめとして、

サンエックスの人気キャラクター「リラックマ」のドラマ「リラックマとカオルさん」、映画「トイストーリー4」・・・。

なぜどれも大人向けになると暗くなるのか?

アンハッピーエンドといかないまでも、暗く重苦しい雰囲気であったり、ストレスを抱えているキャラクターたちが主人公なのか?

大人ってそういうことなんですか?

というか、現実だけでなく映画やアニメ・ドラマの世界でも重苦しかったり社会のしがらみのようなものを感じさせる作品にすることが大人向けってことなのか?

もちろん映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」を観て、考えさせられるものや悲しみを背負って生きることの重要性を感じることができたという感想もありました。

分からなくはありません。

ただ、個人的にはそんなものは映画やアニメ・ドラマを見なくても生きていれば勝手に分かっていく、思い知らされていくことなので、フィクションの世界でまでそのようなものを見せつけられたくありません。

あえて見たいのであれば、社会はドラマとかを見ます。

すみっコたちの「隅っこ」という設定も、日本人・日本社会を風刺した部分があるのかもしれませんが、そうした欠落したところを持っているどうのということは描かないで欲しかった。

言いたいことは分かります。

分かるんだけれども、このせいで大人向けと子供向けの中途半端なところに着地してしまっているように感じます。

子供向けと言うにはストーリーが暗すぎます。

最後にひよこ?が報われずに、映画のために消費されただけの悲劇を背負わされたキャラクターです。

むしろすみっコたちに対する見方が変わってしまいます。

夢は夢のままでいてほしい。

逆に大人向けと言うなら、もっと振り切るべきです。

まとめ

・映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」のあらすじは?

映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」はすみっコというキャラクターたちが絵本の世界を冒険するほのぼの系作品です。

・映画「すみっコぐらし」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

  • 人気話題作だけどつまらないし面白くない
  • 感動もなく泣けないしつまらない
  • ナレーションが邪魔でつまらないし面白くない
  • すみっコぐらしファンでも展開が微妙で面白くない
  • クレヨンしんちゃんオトナ帝国の二番煎じで泣けないし面白くない

・映画「すみっコぐらし」が面白いし泣ける・感動するのはこんな人

  • すみっコのキャラクターがかわいいし面白いし感動する
  • 意外と泣かせにきて感動する
  • 刺さる人には刺さるし面白いし感動する

・映画「すみっコぐらし」人気の理由や逆詐欺映画の意味

子供向けアニメの皮をかぶって、「どうせ子供向けで面白くないだろう」という予想を裏切る作品ということで、「逆詐欺=面白くないと思っていたら面白かった」と称されています。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!