パラサイト

映画・パラサイト半地下の家族がつまらないけどエロいし怖い!理由や評価・感想についても

映画「パラサイト 半地下の家族」は2019年に公開されたポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演のブラックコメディ作品です。

カンヌ国際映画祭でパルムドール賞、アカデミー賞では4部門受賞を果たしています。

今回は、映画「パラサイト 半地下の家族」はつまらないけどエロいし怖いといった評価・感想と、その理由を紹介します。

映画「パラサイト半地下の家族」あらすじ

映画「パラサイト 半地下の家族」は韓国に存在する富裕層と貧困層の格差社会を批判的に描きつつ、貧困家庭がたくましく生き抜く姿をユーモアを交えて描いたブラックコメディ作品です。

韓国に存在する半地下住宅に暮らすキム一家は父母・息子・娘の4人全員が失業状態にあった。

半地下住宅は貧困層の象徴でもあり、キム一家も宅配ピザの箱を組み立てる内職で日銭を稼ぎ、近くに飛んでいるWiFiを利用しているような暮らしだった。

ある日、長男ギウは親友から家庭教師のアルバイトを紹介されたことから事態は変化していく。

家庭教師先は、IT企業の社長を務めるパク家の豪邸だった。

パク家の娘・ダヘの大学受験に向けた家庭教師を引き受けることになったギウ。

富裕層の家庭と関係ができたことで、キム家の人々はパク家へと寄生を始めていく。

しかし、パク家にはある秘密があった。

映画「パラサイト半地下の家族」評価・感想|エロいし怖いけどつまらないしと感じる理由

では、映画「パラサイト 半地下の家族」の評価・感想、エロいし怖いといった意見やつまらないと感じる理由をツイッター上の声とともに紹介していきます。

展開が読めてつまらないし面白くない

映画「パラサイト 半地下の家族」は話の構成的には特に目新しいものはありません。

貧困層の人々が富裕層に復讐・寄生しようとしていく様子をコミカルに描きつつ、最後には報いを受けるというありきたりなストーリーです。

アカデミー賞やパルムドール賞を受賞したことで、日本国内でも知名度が増したため、どれほどのものか?と期待しすぎるとあっけなく感じてしまうことがあります。

イライラするしつまらない駄作

ポン・ジュノ監督の作品を嫌いな人は、やはり見るべきではないかもしれません。

また、ポン・ジュノ監督作品が好きな人の中でも、他の作品に比べると評価は低かったりします。

映画「パラサイト 半地下の家族」はテーマとして韓国に存在する格差社会を描いており、コメディ要素もありますが全体的には暗い雰囲気が漂い続けています。

パルムドール賞を受賞していることからも、明るく気分を変えられるような作品ではないと言えます。

期待するとつまらないし面白くない

映画「パラサイト 半地下の家族」は前半と後半で話の流れが大きく変わります。

前半で面白くない・つまらないと感じている人にとっては、後半の急展開のための伏線だったという満足感に浸れるでしょう。

逆に、前半の展開にワクワクしてしまった場合には、後半は思い描いていたストーリーではないとがっかりしてしまう可能性が高いです。

見るのがつらいし面白くない

単純に貧困層のキム家が成り上がっていくストーリーであれば、それほどモヤモヤして気持ちを抱かないかもしれません。

しかし、パク家の家政婦だったムングァンの境遇に同情できてしまうキム家だったがために、そういった割り切りもできません。

ラストもギウが父・ギテクの救出を誓って終わるだけなので心がスッキリ晴れるような映画ではありません。

しんどいしストレスで面白くない

感受性が豊かな人にとっては映画「パラサイト 半地下の家族」はショッキングな作品です。

貧しい境遇を経験したり、想像することができる人、あるいは家屋が浸水した経験がある人にとっては色々と考えさせられるところがあります。

特に避難所で寝泊りをしたことがある人の場合は。

何が良いのか分からないしつまらない

アカデミー賞などを受賞していることもあり、評価は比較的高い傾向にあります。

その場合、批判的な意見はバッシングを避けるためか、少なくなります。

「自分には合わなかった」という声は多く見られました。

映画にエンターテイメント・娯楽を求めている人には映画「パラサイト 半地下の家族」は適していません。

怖いしグロいから苦手

日本ではPG12に指定されていることもあり、ショッキングなシーンもいくつかあります。

グロテスクや怖さを感じるシーンはそれほど多くありませんが、ムングァンの夫・グンセがパーティ会場に侵入して包丁で殺人を始める場面は、グンセの顔にべったりとついた血や少しニヤけた表情も相まって怖いと感じるかもしれません。

ただ、血飛沫が以上に飛ぶという感じではなく、展開もおとなしく流れていくように描かれています。

グロいし胸糞悪いし最悪

ラストの展開は、猫がグンセの腹に刺さった串についている肉を食べていたり、死体にハエが止まっていたり、あまり気分が良くなるものではありません。

あまりグロい表現に慣れていない人は覚悟しておく方がいいかもしれません。

地下室や人間が怖い

グロいシーンもあるものの、設定としてパク家の豪邸の地下に秘密の部屋があり、そこにずっと住み続けていたグンセの存在というのが恐ろしくもあります。

グンセが時間や自分が生まれた場所や結婚についてもおかしな理解をし、パク家に対して異常な忠誠心・尊敬の念を抱いている点、モールス信号を送り続けている場面など、想像すれば怖さを感じます。

ソファのパク夫妻がエロい

PG12のわりには、エロいシーンは直接的です。

あくまで夫婦なので、倫理的な部分ではおかしなことはないのでしょうが、視聴者としては前後の流れからして緊張感もありつつ、エロいシーンの気まずさもありつつで、どのような顔をして見れば良いのか困ります。

カップルや家族と見るシーンではないでしょう。

猛烈にエロくてびっくりするし興奮する

パク夫妻のエロシーンが濃厚に描かれています。

どこまでどうなったのかは定かではありませんが、手つきや攻め方が明らかに分かる描写をされています。

このあたりには、パク氏の人物設定も反映されていると言えるかもしれませんが、単純にエロいです。

映画「パラサイト半地下の家族」が面白い・感動したと感じるのはこんな人

映画「パラサイト 半地下の家族」の批判的な意見を中心に紹介してきましたが、多くは好意的であったり考えさせられたという感想です。

どのような人が面白い・感動したと感じられるのか紹介します。

パク家の娘・ダヘが可愛い

キム家の娘・ギジョンもですが、なにかと可愛かったりエロかったりする女性が登場しています。

ストーリーもさることならが、そういった女性陣の可愛さに魅了されたという声も多くありました。

偏見がなければ面白いし感動する

韓国というと、反日運動や教育など政治関連でネガティブなイメージを持っている人もいます。

そうした考えなしに、フラットな気持ちで視聴することができれば、オリジナル脚本だということもあり、十分に楽しむことができるでしょう。

映画「パラサイト 半地下の家族」の個人的な感想

映画「パラサイト 半地下の家族」。

原題や英語名はParasiteのみなので、こういった日本版の製作者の副題をつけたり原題を改変する部分はミスリードを含むのでどうかと思います。

このせいで、パラサイトとは半地下の家族のことを指しているのだという余計な視点を植え付けられてしまいます。

 

すでに日本公開時にはパルムドール賞を受賞しており、アカデミー賞の受賞もすぐに果たしたことで、どうしてもそういった受賞作という視点で見てしまうことになります。

映画「パラサイト 半地下の家族」はパルムドール賞を受賞し、貧困を描いた作品として映画「万引き家族」と比較されることがあります。

パルムドール賞はそうではない作品もありますが、こういった社会風刺的な作品が選ばれやすい傾向にあるように感じます。

 

受賞に関しては、ストーリーで判断されているのではないのかと思いました。

映画「パラサイト 半地下の家族」は視聴していると、さまざまな場面で「このシーンやカットの意味はなんだ?」と思わせられる部分が多々あります。

妙な「間」が置かれることもあります。

こういったものも、意図的に生み出されたものであり、単純に気持ち悪いものというよりも何か作品としてカメラワークや構図に対立関係を入れ込んだりするのと同じように役割を持たせているのだと考えられます。

その意味で言えば、アカデミー賞の受賞やその他受賞の理由には、作品のオリジナル性や面白さやテーマの盛り込み方というものだけでなく、論理的・技術的な部分が評価されているように感じます。

実際、映画「パラサイト 半地下の家族」はまったく新しい作品なのか?と言えばそんなことはありません。

パルムドール賞の審査委員は、まったく予期できないストーリー展開だったと評したようですが、本当か?と思ってしまいます。

むしろ、映画「パラサイト 半地下の家族」が評価されるべきポイントはストーリー展開の真新しさではありません。

映像機器が開発されてから100年以上が経過しており、舞台なども含めれば演劇の歴史はかなり長いです。

その中で新しいもの、完全なオリジナルは作りようがありません。

映画「パラサイト 半地下の家族」はその中でも、技術的な部分で「映画」という縛りを十分に生かした作品だという部分が評価されています。

 

浅田次郎が「映像をイメージした作品作りは、シェイクスピアを超えることはできない」と発言したことがあります。

古典を越えるためには不必要にカメラでの撮影などを意識しない自由な発想が重要だということです。

これも一つの到達点と言えますが、同時に映画なら映画の世界での完成形を目指すことも一つの到達点です。

 

分かりやすいところで言えば、「下」という部分についての徹底した価値観があります。

パク家の人々が、豪邸で宴会をしていたキム家の人々がこっそりと抜け出そうとしている場面でことごとく気づかない部分は滑稽とも言えます。

特にソファで妻のおっぱいを触り始めたドンイクは、テーブルの下に隠れている3人に気づくべきです。

こうした「普通なら気づくだろう」と思う部分を「脚本として不自然」と思うか、「一つの演出の形」と捉えるかが分かれ目です。

この直前にも、ダヘがベッドの下を覗き込む犬を拾う場面で、普通なら下に誰かがいるのかと覗き切るべきですが、そうはなりませんでした。

地下の秘密の部屋の存在に気づかないことも、隠されているとはいえ、パク家とキム家を隔てています。

つまり、下とは貧困層の象徴だからこそ、パク家の人々は下を見ることに制限をつけられた演出がなされていると捉えられます。

もちろん、これをただの偶然や破綻だと言い切ることもできますが、おそらくはそうではありません。

 

終盤のギテクの行動には違和感がありました。

大雨で家に泊まれなくなったギテクたちが避難所で夜を過ごすときに、ギテクはギウに「計画を立てないこと」の重要性を語っています。

そしてドンイクを刺殺してしまった場面。

あの時にギテクは一瞬、目を閉じています。

その後の回想では、夢を見ているようだったと話しているため、テーブルの下で盗み聞いたドンイクの「キムからは変な匂いがする」という話と、グンセをひっくり返そうとした時に顔をしかめたドンイクがリンクしたこと。

そして、キム家の人々はムングァンやグンセを完全に除け者にしようとしていた訳ではなく、むしろ同情的だったと言えます。

パーティの料理を運ぼうとしたり、ギテクがモールス信号を知った理由はグンセと会話したことに始まります。

そこでグンセのパク家への感謝の気持ちを聞いており、初めてグンセがドンイクと面会した時にも、グンセはドンイクに感謝の意を伝えました。

しかし、ドンイクはその気持ちを受け取らなかった。

ギテクは単純に自分を否定されただけでなく、グンセの長い地下での人格を狂わされるような生活も理解をした上で、グンセのドンイクに対する気持ちが届かなかったことから刺殺という衝動的な出来事に至ったと言えます。

 

他にはギウがダヘの部屋でキスをした後に尋ねる「ここにいて良い人間なのか?」という問いです。

ムングァンたちに自分たち一家のことがバレてしまったことや、避難所で寝泊りした状態でパーティにやってきてしまったことなどが重なった疑問だとも言えます。

ただ、その後の行動や裁判も終了してから山に登ってパク家が住んでいた豪邸を双眼鏡で覗いて父親の存在に気づくという場面からも、この時ギウは自分もグンセのような生き方をすべきと思っていたのではないかと考えられます。

 

映画「パラサイト 半地下の家族」のテーマには格差社会の存在、そして匂いというものがあります。

それらを上手く織り交ぜていることも評価されているでしょうが、映像や脚本としてイメージを組み込んでいる部分があること、さらにはキャラクターの行動の理由を考えた場合に、いくつかの可能性が存在する部分が評価のポイントだと言えます。

まとめ

・映画「パラサイト半地下の家族」あらすじ

映画「パラサイト 半地下の家族」は韓国に存在する富裕層と貧困層の格差社会を批判的に描きつつ、貧困家庭がたくましく生き抜く姿をユーモアを交えて描いたブラックコメディ作品です。

・映画「パラサイト半地下の家族」評価・感想|エロいし怖いけどつまらないしと感じる理由

  • 展開が読めてつまらないし面白くない
  • イライラするしつまらない駄作
  • 期待するとつまらないし面白くない
  • 見るのがつらいし面白くない
  • しんどいしストレスで面白くない
  • 何が良いのか分からないしつまらない
  • 怖いしグロいから苦手
  • グロいし胸糞悪いし最悪
  • 地下室や人間が怖い
  • ソファのパク夫妻がエロい
  • 猛烈にエロくてびっくりするし興奮する

・映画「パラサイト半地下の家族」が面白い・感動したと感じるのはこんな人

  • パク家の娘・ダヘが可愛い
  • 偏見がなければ面白いし感動する

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!