中高生

織田信秀と織田信長の関係|功績と逸話・エピソードや生涯・生まれはどこか

織田信秀をご存知でしょうか?名前からもなんとなく分かるように、あの織田信長と関係の深い人物です!

今回は、織田信秀と織田信長の関係について紹介します。

また、功績と逸話・エピソードや生涯・生まれはどこかについても解説していきます。




織田信秀と織田信長の関係性や性格は?

織田信秀と織田信長にはどのような関係性があるのでしょうか?

また、織田信秀の性格は織田信長に似ていたのか、功績について見ていきましょう。

織田信秀の織田信長の関係性:良好な親子関係

今回紹介する織田信秀は、あの有名な織田信長の父です。

親子の間でも戦に発展する事があった戦国時代において、この2人はとても良好な親子関係を築いていました。

若い頃の信長は、うつけ(大バカ者という意味です)と呼ばれていました。

そのため、信長を後継者にする事に反対していた家臣も多かったのです。

しかし、そんな信長を一番支持していたのは父である信秀でした。

家中の有力な武将たちを呼んで、城を信長に譲る事を宣言したり、反対派の家老まで集めて信長の成人の儀式を行ったりと、信長こそ跡継ぎであるというアピールを欠かしませんでした。

 

実は、信長がうつけ者と呼ばれていたのは、下級武士の子などを集めて野原や河原で軍事訓練をしていたのが、他人から見ると荒くれ物の集団に見えて評判が悪かったから、という説があります。

しかし信秀は見た目や評判ではなく、信長の本質を評価していたのでしょう。

周りの評価に流されず、自分の考えを持って行動するあたりは似た者親子ですね。

他人に厳しいイメージのある信長ですが、自分の子供や兄弟、甥や姪にはとても甘かったようです。

権力争いの末に暗殺する事になった弟ですら、一度は裏切りを許している上、その息子を重臣に取り立てています。

これも、自分を大切にしてくれた信秀の影響ではないでしょうか。

織田信秀の功績や性格:2つの政策




織田信秀は「尾張の虎」と呼ばれるほどの野心家で、相当なやり手でした。

戦が上手いだけでなく政治面でも優秀で、信長が受け継いだ政策には

  • 居城政策
  • 経済政策

があります。

居城政策:本拠地を移動させる

まずは居城政策と呼ばれるものです。

戦国武将は自分の城を持つとそこを本拠地とし、別の場所へ移る事はほとんどしませんでした。

しかし信秀は、次々と本拠地を変えています。

最も効率よく指示が出せる場所へと移動していたのです。

信長も勢力を拡大する度に本拠地を移動しています。

これは父から学んだ事でしょう。

経済政策:街の活性化を図る

次に経済政策です。

織田家は、津島と熱田という2つの大きな街を治めていました。

それぞれ津島神社と熱田神宮という大きな神社があり、海にも面していたため、人と物、そしてお金の行き交う商業の発展した街でした。

信秀は、街の有力者と親族を結婚させたり、お祭りを奨励したりと街の活性化に力を入れました。

これにより更に商業が発展し、集まった資金を有効活用できました。

新しい城をどんどん建てることができたのも、この政策のお陰ですね。

信長も様々な経済政策によって資金を蓄え、大量の武器や人を集める事を可能にしました。

 

この政策はどちらも合理的で、信秀が切れ者だった事が分かります。

信秀こそ、信長にとっては一番の先生だったのではないでしょうか?

織田信秀の逸話・エピソードと生涯や生まれは?

織田信秀にまつわる逸話・エピソードにはどのようなものがあるでしょうか?

また、信秀の生涯や生まれはどこかについて見ていきましょう。

織田信秀の逸話やエピソード:狡猾で子煩悩

織田信秀に関する逸話・エピソードで有名なのは、幼い頃の徳川家康を人質にしたエピソードでしょう。

本来は今川家へ送られるはずだった家康を、横取りして織田家の人質にしてしまったのです。

 

また、敵対する武将と連歌を利用して親しくなって油断させ、自分の城に宿泊させて騙し討ちしたというエピソードもあります。

これらは残虐で目的のためなら手段を選ばないという、信秀の怖ろしい性格をよく表していると思います。

 

しかし信秀は朝廷を重視しており、皇居や伊勢神宮の修理費にどんどん寄付をしていました。

お陰で朝廷に信頼され、高い地位を与えられました。

自らの地位を実際に利用したことはないのですが、いざという時に利用しようと考えていた可能性は高く、信秀の抜け目なさがうかがえます。

 

面白い事に、信秀は家族に関するエピソードが多く残っています。

まず信秀は、後継ぎと決めた信長に英才教育を行っていました。

先生にふさわしい人物をわざわざ京都から集め、武芸なら武術に長けた人物を、勉強には学問に長けた人物を……というように、それぞれに一流の先生を付けていました。

そのための費用は惜しまなかったというのですから、息子にかける期待の大きさが分かります。

 

また、信秀は大層な女好きで、たくさんの子供をもうけました。

分かっているだけでも20人以上という子だくさんです。

ただし、女好きが過ぎて健康管理が疎かになり寿命を縮めたという説があり、これは少し情けないですね。

 

しかし、子供が多ければ結婚を利用して同盟を結ぶなどの戦略を行いやすくなります。

信秀はそのためにも、たくさんの子供を望んでいたのでは無いでしょうか?

このように見ていくと、信秀は目的のためには何をすべきかを、しっかりと筋道を立てて考えられる、論理的思考の持ち主だったように思います。

織田信秀の生涯と生まれ:繁栄と衰退

織田信秀は永正8年(1511年)、尾張の国(現在の愛知県西部地方)で生まれました。

織田氏は分家が多く、信秀の家系は勝幡城とその周辺(現在の愛知県愛西市と稲沢市近辺)を支配していましたが、それほど高い身分ではありません。

この頃の尾張は、斯波氏という一族がもっとも偉い立場ではありましたが、有力な一族同士での領地争いが当たり前のように起こっていました。

特に力を持っていたのは岩倉織田氏と清州織田氏という2つの家で、信秀の家系は清州織田氏に仕えていました。

 

大永6年(1526年)頃、信秀は当主の座を譲られ、天文7年(1538年)頃には城主を策略で騙し討ちにして、那古野城(現在の名古屋市中区。名古屋城がある場所です)を奪い取り、この城に移り住みます。

そして愛知郡(現在の名古屋市周辺)も支配していきます。

この時期の信秀は、パフォーマンスの意味が強い戦も多く行っています。

天文元年(1532年)に清州織田氏とも戦をしていますが、わざわざ京都の貴族を呼んで和睦することで、貴族とも繋がりがある事をアピールしています。

また相手が主君であっても、交渉の主導権は信秀が握れるという事を示した出来事です。

このように自分が持つ力を上手く宣伝することで、信秀は一気に勢力を拡大することに成功しました。

これはとても効率の良い方法で、信秀がとても頭の良い人物だったことが分かります。

こうして信秀は、織田氏の中でも一番力の強い、尾張の一大勢力になりました。

 

更に他の国とも戦を始めます。

まず標的にしたのは三河国(現在の愛知県東部地方)です。

徳川家康の祖父にあたる松平清康が急死した隙を突いて、三河に攻め込みます。

天文9年(1540年)には安祥城(現在の愛知県安城市)を攻略、天文11年(1542年)には松平氏を支援する今川家の軍を破って、三河地方への足掛かりを得ます。

 

次に美濃国(現在の岐阜県南部地方)へも進軍します。

天文11年(1542年)、斎藤道三が美濃を奪い取ると、敗れた土岐氏の頼芸・頼次親子は尾張へと追放されました。

そこで信秀は頼芸を支援し、同じく土岐氏を保護した越前(現在の福井県北部地方)の朝倉氏と協力して、美濃へ攻め入ります。

天文13年(1544年)には道三が住む稲葉山城(現在の岐阜県岐阜市。後の岐阜城です)を攻撃し、城下まで攻め込むまで追い詰めました。

しかし道三の反撃により大敗し、美濃からは撤退する事になります。

 

ここから、信秀にとっては苦しい日々が始まります。

家臣が反乱を起こしたり、美濃や三河への侵攻拠点を奪い返されてしまったりと、負け戦も増え始めました。

清州織田家との関係も悪化し周りが敵だらけとなった信秀は、斎藤道三と和睦します。

信長と道三の娘、濃姫が結婚し、これにより織田家と斎藤家の関係は改善されました。

織田家にとって困難な状況が続く中、天文21年(1552年)3月3日、信秀は病により亡くなりました。

享年42歳でした。

 

信秀の死後、後を継いだ信長は尾張を統一。

そして天下統一へと向かっていきます。

信長の人生と尾張の国に、しっかりとした土台をつくった事。

それが織田信秀の一番大きな功績だと思います。

まとめ

・織田信秀の織田信長の関係性:良好な親子関係

親子の間でも戦に発展する事があった戦国時代において、この2人はとても良好な親子関係を築いていました。

・織田信秀の功績や性格:2つの政策

  • 居城政策
  • 経済政策

・織田信秀の逸話やエピソード:狡猾で子煩悩

織田信秀に関する逸話・エピソードで有名なのは、幼い頃の徳川家康を人質にしたエピソードでしょう。

・織田信秀の生涯と生まれ:繁栄と衰退

織田信秀は永正8年(1511年)、尾張の国(現在の愛知県西部地方)で生まれました。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です