洋画

映画メンインブラック3・アークネットをアポロ11号に取り付けた理由は?アポロ計画についても

「メン・イン・ブラック3」は2012年に公開されたSFコメディ映画で、世界的に人気のある作品です。

2019年にはスピンオフ作品である「メン・イン・ブラック:インターナショナル」も公開されました。

今回は映画「メン・イン・ブラック3」に登場するアークネットがアポロ11号に取り付けられた理由について、

またアポロ計画とは何かを紹介します。




映画「メン・イン・ブラック3」アークネットをアポロ11号に取り付けた理由は?

映画「メン・イン・ブラック3」の重要なアイテムであるアークネットとは何でしょうか?

またアークネットをアポロ11号に取り付けた理由は何でしょうか?

エージェントKとアークネットの関係は?

エージェントKは1969年にボグロダイト星人の襲撃を察知して、事前に対処するために捜査をしていました。

ボグロダイト星人は資源のある惑星を渡り歩いては枯渇するまで貪り尽くす種族です。

高い科学技術を持っており、銃火器では対処できないところをエージェントKはアークネットシールドを地球の表面に展開して防護壁とする計画を実行します。

また、ボグロダイト星人の一人であるボリスがアークネットシールドの破壊を試みるために、エージェントKのもとに現れますが、撃退することに成功して無事にアークネットシールドが地球上を覆います。

アークネットシールドとは何か?




アークネットシールドは、グリフィンが所持しているあるアルカナン星人が作り出した装置です。

アークネットシールドは何かの物体の周辺に貫通できないシールドを形成するという能力を持ち、映画「メン・イン・ブラック3」では、地球の周囲に展開するようになっています。

2012年のマンハッタンの空に大量のボグロダイト星人の宇宙船の侵入があり、これを防ぐためにグリフィンはエージェントJやKにアークネットを渡しました。

また、グリフィンはアルカナン星人の最後の生き残りであり、グリフィンがアークネットをエージェントJとKに託した理由の一つには、有るカナン星人の絶滅を防ぐためという思いも込められています。

アークネットシールドは休止状態では手のひらに乗るサイズの小さなペンダントに似ています。

(C) 2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

装飾がなされたチェーンがついており、アークネットのペンダントの中央には原子の内部の動きに似た脈そうする青緑色のコアがわかります。

アークネットシールドを起動するためには、アークネットのペンダントを地球の引力から離れた場所に持っていくことです。

アークネットをアポロ11号に取り付けた理由は?

1969年の映画「メン・イン・ブラック3」の世界では、人間はまだ宇宙空間へと脱出することができる装置を開発していません。

MIBにもハイテク機器がたくさんありますが、安全にターゲットを宇宙空間へと運ぶ機器は開発されていないために、1969年7月16日に行われたアポロ11号の打ち上げに便乗して、アークネットを宇宙に打ち上げる計画を立てます。

(C) 2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

人間は当時、まだ宇宙空間へと移動するための乗り物を持っていませんが、地球にやってくる宇宙人たちは宇宙空間を移動できる乗り物を所有しているので、アポロ11号にどうしても取り付けなければならないという理由はありません。

強いて言えばどれだけ親交の深いエイリアンであっても、いざとなれば裏切る可能性があるため、失敗も許されない以上は人間たちの手でやるしかありませんでした。

また、エイリアンの乗ってきた宇宙船を使った場合、大々的にエイリアンの存在を知らしめることになってしまうため、やはり理想的な方法とは言えません。

「メン・イン・ブラック3」アポロ計画とは何か?

アポロ計画やアポロ11号とは何でしょうか?

アポロ11号とは何か?

アポロ11号は世界で初めて2人の人間が月に着陸した宇宙飛行機です。

ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン月着陸船操縦士の2人がイーグル号を月に着陸させました。

2人が月面で月の表面の物質を採取している間に、もう1人の乗組員であるマイケル・コリンズは月の周回軌道上でコロンビア号を飛行させて待機していました。

ソ連との間で冷戦が続いており、世界で一番早く月面着陸を成功させるかが争われていましたが、アポロ11号の成功で宇宙に関する競争は終わりを告げました。

また、1961年に暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領の「1960年代が終わるまでに人間を月に着陸させ、安全に地球に帰還させる」という目標は達成されました。

アポロ計画とは何か?

アポロ計画とは、NASAによる人類初の月への有人宇宙飛行計画のことを指します。

1961年から1972年まで行われた中で6回の有人月面着陸に成功しています。

アポロ1号からアポロ17号まで合計18機存在します(初代はアポロ1A号)。

まとめ

・エージェントKとアークネットの関係は?

エージェントKは1969年にボグロダイト星人の襲撃を察知して、事前に対処するために捜査をしていました。

・アークネットシールドとは何か?

アークネットシールドは、グリフィンが所持しているあるアルカナン星人が作り出した装置で、地球の周辺に貫通できないシールドを形成するという能力を持ちます。

・アークネットをアポロ11号に取り付けた理由は?

ボリスの脅威が迫っていたこともあり、1969年7月16日に行われたアポロ11号の打ち上げに便乗して、アークネットを宇宙に打ち上げる計画を立てます。

・アポロ11号とは何か?

アポロ11号は世界で初めて2人の人間が月に着陸した宇宙飛行機です。

・アポロ計画とは何か?

アポロ計画とは、NASAによる人類初の月への有人宇宙飛行計画のことを指します。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です