洋画

インデペンデンス・デイのエイリアンの中身は?宇宙人の能力や目的についても

「インデペンデンス・デイ」は1996年のアメリカで製作されたSF映画です。

アメリカ独立記念日の7月4日を目前とした地球に突如宇宙船が襲来し、地球侵略の危機が訪れます。

銃弾も核兵器すらも効かない侵略を目的とする宇宙人たちから地球を守るために男たちが立ち向かうというアカデミー賞の視聴効果賞を受賞した大人気作です。

今回は「インデペンデンス・デイ」に登場するエイリアンの中身についてや能力や目的についてご紹介します。




映画「インデペンデンス・デイ」のエイリアン・宇宙人の目的

映画「インデペンデンス・デイ」に登場するエイリアンは高度に知的で技術的に進歩しており、言語を用いずにコミュニケーションをとることができる地球外生命体です。

これまでエイリアンはさまざまな星を侵略し、その星の種族を絶滅に追いやると同時に資源や技術を奪い移動、発展させてきました。

より高度で洗練された技術を得ることが侵略の目的の一つです。

 

人類とエイリアンたちの最初の遭遇はロズウェルと事件で知られる1947年に起きた宇宙船の墜落事故です。

アメリカのニューメキシコ州ロズウェルとの郊外、フォスター牧場に宇宙船が墜落して2体のエイリアンが死亡し、3体が重傷を負いました。

それらはネバダ州レイチェル郊外にある新しいアメリカ空軍施設(エリア51)に運ばれましたが、重傷者も数週間のうちに死亡します。

エリア51ではその後49年間にわたりエイリアンの死体や宇宙船の研究を続けましたが、宇宙船の技術のどれも解明することができませんでした。

 

1966年7月2日、エイリアンは母船を地球に派遣し地球の侵略を開始します。

モスクワ、ワシントンDCなど世界中のほぼ全ての主要都市を破壊しますが、人間はこの事態に対抗することを決意します。

7月4日には偶然にもエイリアンが用いる信号をジャックすることに成功した人間は、コンピュータウィルスをエイリアンの母船のメインコンピュータにアップロードさせる計画を考案します。

その計画は功を奏し、エイリアンのもつエネルギーシールドを無効化し、ほんの数分とはいえエイリアンの艦隊を攻撃から無防備にさせることに成功しました。

そしてロズウェル事件で人間が手にした宇宙船を母艦に侵入させ、デイヴィッド(ジェフ・ゴールドブラム)とスティーブン・ヒラー大尉(ウィル・スミス)は母船のメインコンピュータにウィルスを植えつけることに成功し、シールドが無効化されます。

2人は脱出する前に核兵器も母船に向かって放ち、その結果母船は破壊されることになります。

映画「インデペンデンス・デイ」のエイリアン・宇宙人の中身はどれが本体?




ロズウェル事件で回収されたエイリアンの遺体を研究することで次のようなことがわかりました。

エイリアンの体は人間と同じかそれよりも耐久性に劣り、酸素を吸って呼吸を行い、人間と同じ環境条件で生活することができます。

しかし、外見は人間よりもはるかに細長いです。

エイリアンは一般的にバイオ・メカニカル・スーツを着用しており、バイオ・メカニカル・スーツを着ていないエイリアンの中身は人型に近い外見をしており、90〜120cmほどの体調の青灰色の生き物です。

人間と同じく2対の長い腕と足を持っています。

エイリアンの頭は後頭部が膨らんでおり、顔には2つの大きな瞳孔のない反射板のような目を持ちます。

映画「インデペンデンス・デイ」のエイリアン・宇宙人の中身の能力

テレパシー

声帯や口という器官を持たず、その代わりに通信手段にはテレパシーを用います。

バイオ・メカニカル・スーツの8本の触手を伸縮させることができ、3本の指が生えた手足を持っており、ターゲットの首に巻きつけることで、ターゲットの声帯を使い、ターゲットの言語を用いて通信することができます。

エイリアンの外見には口や声帯がないように見えますが、スティーブン・ヒラー大尉が暴行を加えたエイリアンのように、攻撃を受けた際などにバイオスーツから、あるいはバイオスーツの中の本体から叫び声のような音を聞いたという目撃情報があるので、口や声帯が目につかない首の真下などにある可能性があります。

また、エイリアンは自分の考えを他の生命体の心に映像の形で投射したり、他の生命体をテレパシーによって殺したり傷つけたりすることもできます。

また、一度テレパシー攻撃を受けた人間にはエイリアンの心と意識がつながってしまうという副作用もあります。

このエイリアンとの心や意識のつながりは、ブラキッシュ・オークン博士のように物理的にエイリアンと接触をした場合、あるいはエイリアンのテレパシーによる攻撃を受けた場合に発生します。

ときには物理的接触やテレパシー攻撃のあとにはターゲットが昏睡状態に陥ることもあります。

エイリアンが接近してきているときに心や意識のつながりは強くなりやすい傾向があり、ブラキッシュ・オークン博士もエイリアンが地球に再び接近してきたことで20年間の昏睡状態から覚めることができました。

ちなみに、エイリアンの抱いている映像を人間が感知することはできますが、人間はテレパシーを飛ばすという高次な技術を持たないため、エイリアンにテレパシーを飛ばすことはできません。

テクノロジー

エイリアンの機械技術は非常に高度なレベルにあります。

エネルギーを集めてレーザーのように放射したり、物理攻撃を無効化するシールドを展開したり、巨大宇宙船の建設と運用を可能にしたりしています。

エイリアンたちは直線的な移動の非効率さを認識しているので、移動にはワームホールを利用して航行時間を大幅に短縮します。

エイリアンの持つ飛行船には母船であるマザーシップ、アメリカ上空に現れていたシティ・デストロイヤー、戦闘機とのバトルで使用されたアタッカーがあります。

エイリアンの技術は本質的には機械的であり、生物学的なものです。

よって、機械でありながらも製造するのではなく成長していきます。

バイオ・メカニカル・スーツの耐久力

彼らの本体は脆弱なため、バイオ・メカニカル・スーツを着用することで強度を高めて、物理的な戦闘にも耐えられるようにしています。

バイオ・メカニカル・スーツは戦闘目的だけでなく、その触手を用いてターゲットにコミュニケーションを肩代わりさせる昨日も有しています。

バイオ・メカニカル・スーツは腕力とわずかな耐久性をあげてはくれますが、それでもスティーブン・ヒラー大尉がエイリアンの顔を殴った際に数時間に及び意識をなくしてエリア51で解剖の時になって目を覚ますほどに脆弱です。

まとめ

・映画「インデペンデンス・デイ」のエイリアン・宇宙人の目的

映画「インデペンデンス・デイ」に登場するエイリアンはその星の種族を絶滅に追いやると同時に資源や技術を奪い移動、発展することが目的です。

・映画「インデペンデンス・デイ」のエイリアン・宇宙人の中身はどれが本体?

エイリアンは一般的にバイオ・メカニカル・スーツを着用しており、バイオ・メカニカル・スーツを着ていないエイリアンの中身は人型に近い外見をしており、90〜120cmほどの体調の青灰色の生き物です。

・映画「インデペンデンス・デイ」のエイリアン・宇宙人の中身の能力

声帯や口という器官を持たず、その代わりに通信手段にはテレパシーを用います。

また、エイリアンは自分の考えを他の生命体の心に映像の形で投射したり、他の生命体をテレパシーによって殺したり傷つけたりすることもできます。

 

エネルギーを集めてレーザーのように放射したり、物理攻撃を無効化するシールドを展開したり、巨大宇宙船の建設と運用を可能にしたりしています。

エイリアンたちはワームホールを利用して航行時間を大幅に短縮します。

 

彼らの本体は脆弱なため、バイオ・メカニカル・スーツを着用することで強度を高めて、物理的な戦闘にも耐えられるようにしています。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です