ヴィーガン

CHOICE (チョイス)カフェレストラン京都の感想|ヴィーガンでもチーズが食べられる!

形成外科の医師が監修した京都三条にあるヴィーガン・グルテンフリーのカフェ「CHOICE (チョイス)」をご紹介します。

なんとこちらはヴィーガンでも食べられる植物性チーズを開発・提供している数少ないお店でもあります。




CHOICEのコンセプト

今回ご紹介するCHOICEは形成外科の医師が監修するという面白いカフェ・レストランです。

現代医療は対症療法が基本であることに対し、何か根本的に原因を解消できる方法はないか?と考えた結果行き着いた答えが「医師の立場から食を見つめ直す」ということでした。

 

そこで掲げられているのがグルテンフリー、ヴィーガン、無添加のオーガニック食材へのこだわりです。

グルテンは小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳からできるタンパク質で、これを摂取しないグルテンフリーを実践することで体調が改善し痩せるということから人気です。

ヴィーガンはベジタリアンよりも厳格な菜食主義で乳製品・卵などの動物性の食材を一切使用・摂取しません。

ヴィーガン料理は肉や魚がないため物足りないと思ってしまいがちですが、CHOICEではしっかり満足できるメニューを揃え、美味しく健康的な満足できる食事を提供しています。

CHOICEへの行き方


京阪電鉄の三条駅の9番出口を出て東に徒歩3分の位置にある鈴木形成外科ビルの1Fです。

この他には、阪急電鉄で来る場合は河原町駅から徒歩で10分ほどで到着します。

阪急電鉄の河原町駅の1番出口Aから地上に上がり、左折して四条通りをそのまま東へ鴨川方面へ向かいます。

四条大橋を渡り鴨川を越えると南座や円山公園に行けますが、橋の手前の細道・先斗町通りを通ると、ザ・京都な雰囲気が漂う街並みを感じられていいです。


橋の直前、交番の手前に細道があるのでそこから入れます。所狭しと色々な料理屋さんが軒を連ねています。

外国人観光客もものすごい数すれ違いました。

舞妓さんも見かけました。

先斗町通りをまっすぐ道なりに歩いているとT字路になるので、右折します。

すると、鴨川沿いに出られます。

三条大橋を渡り、そのまま東に3分ほど歩くと三条通りの左手にCHOICEが現れます。

鈴木形成外科ビルの1FがCHOICEです。

CHOICEの外観

都会的で少し高級感のあるおしゃれな店構えです。

立て看板も写真がたくさん添えられていてわかりやすいです。

右壁面の黒板風の文字も特に女性が好きそうな雰囲気があります。

ガラス部分の注意書きの飲食物持ち込み禁止と手洗いのみの利用はお断りという掲示物が少し雰囲気を壊しています。

そういう人たちがよく来る地域なのでしょうか?

CHOICEの店内




店内に入るとちょうど若い2人組の日本人女性客がお会計を済ませていました。

少し待ってウェイターさんに席まで案内してもらいます。

2人掛けのテーブル席がメインで、観葉植物などが隅や壁面に配置されていて自然との調和がいい感じです。

自然派な雰囲気ですが、鏡であったりコートフックなどに装飾が美しい物が使われていて上品です。

天井からもカプセルのようなものに入った植物が何箇所か吊るされています。

2人掛けの席の奥には大人数で座れる席があります。

さらにその奥にも本棚で区切られて2人掛けの席があります。

キャンドルがおしゃれです。

本棚には食と健康をテーマにした本が多く並べられていました。

 

この壁の奥に厨房があります。

 

1時間ほど滞在しましたが、客層は外国人観光客と日本人が半々といった印象でした。

外観がおしゃれで女性受けすることもあり、私の隣の席に座られた日本人女性2人組はメニューを読むまでヴィーガンやグルテンフリーのカフェ・レストランだということを知らなかったようです。

トイレ前のところにはさまざまな言語のお店のパンフレットや自家製のヴィーガン用のチーズのパンフレットが置かれています。

 

トイレは厨房スタッフも帽子や手袋をした状態でそのまま使っていたのがどうなのだろうと思いました。

きっと衛生面はしっかりしているのだと思いますが、お客さんと厨房スタッフがトイレを共有しているのはせめて見えないようにしてもらえると嬉しいですね。

CHOICEのランチメニュー

CHOICEはランチメニューとディナーメニューの差があまりありません。

ランチセット数種類からしか選べないということはなく、かなりの種類のメニューから選ぶことができるのはすごく嬉しいです。

水はセルフサービスで、レモンとハーブが入っています。

店内にも飲食物持ち込み禁止の張り紙や飲食せずにトイレのみを使用することを禁止する掲示が目立っていたのが雰囲気を壊していて残念でした。

日本語で書かれているということはそういったお客さんがけっこう来るんでしょうかね・・・。

 

滞在している限りでは、全然治安が悪いと言った印象はなかったので不思議に感じました。

CHOICEのメニュー

どれも美味しそうですごく迷います。

何度も来てコンプリートしたくなる好奇心をくすぐるメニューですね。

やはり、え?ほんとにグルテンフリーなの?と思わせられるところと写真とで見てみたいし食べてみたい!という気持ちが強まります。

 

悩みつつも注文したのは「CHOICE FROMAGE モッツァレラボロネーゼパスタ」と「CHOICEストロガノフ 自家製ヴィーガンバター添え」、「発芽玄米ミルクと甘酒のソフトクリーム」に紅茶Mサイズ。

 

店員さんに一人では食べきれない量か聞きましたが、そんな多くないから大丈夫と嬉しくも悲しい返答をもらったので、気にせず注文しました。

CHOICEのヴィーガン料理を食べた感想

CHOICEストロガノフ 自家製ヴィーガンバター添え


一般的なボロネーゼといえばひき肉の入ったイメージですが、もちろん使われていません。

キノアのようなものがひき肉代わりに使われています。

 

自家製のモッツァレラはこの店のウリの一つでもあります。

もちろんヴィーガン料理なので、乳製品であるチーズではなく、乳酸菌をカシューナッツや穀物などに注入して、発酵・繁殖させることで乳製品ではない新しいチーズを生み出しているそうです。

意識して食べてみても、チーズとしか思えません

 

パスタはボソボソしていて、硬さがありました。

もっちりした感じには小麦を使わないこともあり、難しいのでしょう。

柔らかさを出すために茹で時間を長めにしていたのだと思いますが、そのデメリットとして皿の下の方のパスタは短く潰れていたりしました。

ちょっと残念です。

 

チリパウダーだと思いますがスパイシーさがあって、食べ始めると止まらないほどよい辛さが癖になります。

パスタとキノア以外にはしめじがたまに顔を覗かせます。

けっこうキノコも大豆と同じようにヴィーガン料理においてのお肉的な役割を担うことが多い印象です。

キノコ類は独特の匂いがありますが、特にしめじが主張しすぎることもなく、食べた時の満足感に貢献してくれています。

サラダ

ボロネーゼにも、ストロガノフにもサラダが付いてきます。

かかっているドレッシングは甘酒ドレッシングです。

お酢の酸味が強くて、この黄味がかった色と甘ったるさがあります。

 

サラダには水菜、レタス、黄パプリカ、プチトマト、赤い乾燥した薄切りの実が入っています。

この薄切りの赤い実が何かわからないので店員さんに聞きましたが、「聞いてきますね」と行ったっきり帰ってこなかった。

なんなんだ、いったい・・・。

 

甘酒の甘い感じが主張してくるので、苦手な人も多いかもしれません。

CHOICEストロガノフ 自家製ヴィーガンバター添え

ストロガノフと聞くと「ビーフ」を接頭語につけたくなりますが、ヴィーガンなので絶対にビーフストロガノフにはなりません。

発芽玄米とともにいただきます。

こちらがメニューにも書かれている自家製ヴィーガンバターです。

これはすごいです、味も滑らかさもよくできています。

ただし、バターというよりはストロガノフにかける生クリームのイメージに近いです。

ストロガノフとよく混ざります。

 

ストロガノフの具材は玉ねぎとマッシュルーム、この他エリンギがゴロゴロとあります。

ルゥは何種類の野菜が溶けているか分かりませんが、とろみがしっかりあって濃厚です。

肉が入っていたらもっと美味しいんだろうなという気もしますが、肉なしで旨味がしっかり出るように工夫されているので、これはこれで完成形なんだと思います。

 

発芽玄米のぼそぼそする感じが完成されたストロガノフと相性が悪かったので、パンをつけるか具材をもう少し増やしてストロガノフのみで提供してみて欲しいと感じました。

発芽玄米ミルクと甘酒のソフトクリーム

上から撮るとなにがなにやら分かりませんね・・・。

上に発芽玄米ミルクと甘酒のソフトクリームがあって、下にコーンフレークが敷いてあります。

食べ進めていくとこんな感じになります。

 

ソフトクリームは、牛乳や生クリームが使えないのでどちらかというとソルベのようなしゃりしゃりとした食感です。

発芽玄米の香りに少しだけ甘酒の甘みがふわっと鼻を抜けていきます。

 

ソフトクリームの味が薄いのでコーンフレークと一緒に食べてしまうとコーンフレークのコーンの味が買ってしまい、冷たさで味覚が鈍くなるせいもあってあまり発芽玄米ミルクと甘酒の風味を感じられませんでした。

 

コーンフレークは無しで、せっかくなら甘酒のソフトクリームと発芽玄米のソフトクリームの2層とかにしてくれたほうが楽しめたかなという印象です。

淡白でシンプルな味のため、少し飽きがきます。

ヴィーガン用のチーズも楽しめる!

ヴィーガン料理のカフェは2店舗目でしたが、雰囲気も良くて料理も種類が多く大変気に入りました。

 

ヴィーガン料理を食べていて思うのは、やはりコスパが良くないところです。

もちろん有機野菜であったり、化学調味料を使わないために市販品を使えないので自家製で開発・製造する手間がそもそもかかることを考えると仕方ないところです。

この意味では、毎日ヴィーガン料理というよりは食事の選択肢の一つとして健康的な料理を取り入れるぐらいが今はちょうどいいのかなと思います。

今回注文しませんでしたが、卵を使っていないタマゴサンドなどの興味深いメニューがあるので、ぜひまた伺いたいなと思いました。

 

お客さんと従業員の動線とかが良くなっていると嬉しいですね。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です