洋画

映画「美女と野獣」のベルが変わり者・変人と言われる理由|なぜ本を読むことがおかしいのか?

ディズニーアニメとしても有名な「美女と野獣」が2017年にハリー・ポッターシリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン主演で実写版として映画化されました。

日本でも大人気を博し、アナと雪の女王を凌ぐ記録を残しています。

今回は映画「美女と野獣」でベルがヴィルヌーブの村人たちから変わり者や変人と言われる理由について。

また、作品の舞台・モデルとなった時代との関係についてご紹介します。




映画「美女と野獣」のベルが変わり者・変人と言われる理由は?

映画「美女と野獣」の主人公であるベルはヴィルヌーブ村という小さいフランスの田舎に暮らす17歳の女性です。

村人たちからは変わり者や変人と言われて忌み嫌われているベルですが、いったいベルの行動の何がおかしいのでしょうか?

映画「美女と野獣」の舞台・モデルとなった時代は?

現代人の私たちにとっては特にベルの行動におかしいと感じるところはなく、むしろ村人たちの方が変わり者や変人と平気で言い続けられるところに異常さを感じてしまうくらいです。

もしかするとベルは昔悪いことをしたのか?とも思いますが、そうした描写は一切ありません。

考えられるのは映画「美女と野獣」の舞台・モデルとなった時代では変わり者や変人と言われるような行動をベルがしているということです。

 

映画「美女と野獣」の舞台・モデルとなったのは18世紀のフランスと言われています。

18世紀のフランスを完全に再現しているわけではなく、特に教育水準や識字率に関してはあまり時代に縛られずに、この映画の世界の常識だと捉えた方が正しいと思います。

変わり者・変人と言われる舞台の時代背景は?

ヴィルヌーブの村人たちがベルのことを変わり者や変人と言う理由は、ベルが本を読むからです。

映画「美女と野獣」の18世紀フランスでは、女性は結婚のために生活し、子供を産むことが至高の喜びとされています。

自分の考えなど持つ必要はなく、教養なども必要はありません。

男に言われたことをただ実行し、言われた作業をただ寡黙に実行することが女性のあるべき姿だとされています。

 

ガストンのベルに対する発言はこのことを言い表しています。

映画「美女と野獣」の冒頭でガストンが登場して「朝の風景(Belle)」を歌います。

その歌詞の中には

ごらんあの娘は いつでも少し風変わり
夢見る瞳 本を読みふける
なぞめいた娘だよ ベルは

(中略)

あの娘は俺のものだ

ベルは本を読みふけることが村人からすれば変わり者で変人なのです。

「校長」と揉めたという話も出てきますが私たちのイメージする学校ではなく、女に教えるのは学問ではなく、料理や裁縫・洗濯といった嫁入り修行が全ての学校なのでしょう。

そして村の女たちの夢はガストンのようなたくましい男に結婚相手として選ばれ、子供を産むこと。

それを当たり前と思っているガストンは村で一番の美女であるベルを我が物にしたいという所有欲でのみ行動しています。

なぜ本を読むことがおかしいのか?

ベルはヴィルヌーブの村の常識から外れ、自らで考えて行動・選択しようとする女性は変わり者で変人だと言う風にみなされているということです。

洗濯をするシーンでもこのことは表現されています。

ベルがロバを使って選択をするシーンの少し前に、同じ炊事場でヴィルヌーブ村の女たちが洗濯板に必死に洗濯物をこすりつけて洗っている様子が描かれています。

このヴィルヌーブ村にとっての洗濯とはロバを使ってするものではなく、村の女たちが協力してするものであり、その常識を崩して炊事場を別の使い方をするベルはもはや異常者といっても過言ではないのでしょう。

 

新しい常識を受け入れられない大人たちという構図は現代でも変わらずあり続けるものなので、ヴィルヌーブ村の人間になるか、ベルや父・モーリスのような人間になるかを考えさせられます。

原作とは違うベルの設定の理由は?

映画「美女と野獣」ではベルはヴィルヌーブ村の人たちから変わり者や変人だといって嫌われる役になっています。

しかし、1740年に書かれた原作小説では3人の兄と2人の姉がいる裕福な家の末の妹という設定になっています。

原作でも姉たちからは本ばかり読み、貴族の遊びに参加しないことをバカにされていますが、村人たち全員から変わり者や変人と言われる設定ではありません。

このあたりは1991年にディズニーがアニメ映画化するにあたり、ストーリーを過激にして盛り上げようとしたことが分かります。

まとめ

・映画「美女と野獣」の舞台・モデルとなった時代は?

映画「美女と野獣」の舞台・モデルとなったのは18世紀のフランスと言われています。

・変わり者・変人と言われる舞台の時代背景は?

映画「美女と野獣」の18世紀フランスでは、女性は結婚のために生活し、子供を産むことが至高の喜びとされています。

・なぜ本を読むことがおかしいのか?

自分の考えなど持つ必要はなく、教養なども必要はありません。

そうした常識を外れて教養を積もうとするベルは村人たちにとっては、変わり者や変人に写ってしまいます。

・原作とは違うベルの設定の理由は?

原作でも姉たちからは本ばかり読み、貴族の遊びに参加しないことをバカにされていますが、村人たち全員から変わり者や変人と言われる設定ではありません。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です