洋画アニメ

映画・アナと雪の女王がつまらないし面白くない!駄作と感じる理由や評価・感想も

映画「アナと雪の女王」は2013年に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが制作したミュージカルファンタジー映画です。

今回は、映画「アナと雪の女王」がつまらないし面白くないといった評価・感想、

駄作と感じる理由をツイッター上の意見とともに紹介します。

映画「アナと雪の女王」のあらすじは?

映画「アナと雪の女王」は2人のプリンセスを主人公とした自己犠牲と女性のたくましさを描いた作品です。

アレンデール王国には2人の可愛いプリンセスがいました。

第一王女のエルサは生まれながらに雪や氷を作る魔法の力を持っており、第二王女のアナとともに両親である王と妃のもとで幸せに暮らしていました。

エルサが8歳のときに、妹アナに魔法が当たってしまい命の危機に瀕してしまう。

王と妃の奔走でなんとか一命を取り留めたアナだったが、エルサの魔法や事故に関する記憶を失ってしまう。

エルサは自身の魔法が兄弟になっていく中で、城の自室に閉じ籠るようになり、アナは記憶を失っているゆえにエルサがどうして自分を避けるのか分からないままだった。

 

10年以上の時が経ち、両親は亡くなりエルサは女王として即位することになり、戴冠式が行われた。

久しぶりにエルサが人前に姿を表すことに喜んでいたアナは、招待客としてやってきていたハンス王子に一目惚れしてしまい、結婚の約束をしてしまう。

その話を聞いたエルサは突然のアナの婚約話に反対し、アナはそうしたエルサの態度に激昂して口論になってしまう。

感情に任せて大衆の面前で魔法を放ってしまったエルサは、奇異な目で見られてしまい王国を飛び出してノースマウンテンの奥地に魔法で氷の城を建設し、次こそは自分を押さえ込むためにひとりで生き抜くことを決意する。

その頃、エルサの魔法によって夏を迎えていたはずの王国は永遠の冬のなかにいた・・・。

映画「アナと雪の女王」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

では、映画「アナと雪の女王」がつまらないし面白くないといった意見、

駄作と感じる理由をツイッター上の評価・感想とともに紹介します。

期待すると面白くないしつまらない

ディズニー映画の中でもダントツのセールスを記録した作品ですが、期待をして鑑賞すると後悔します。

これといった作品の強みはありません。

物語にも深みも含蓄もありません。

評価されているのは、歌だけです。

人気の理由がわからない面白くないしつまらない

日本国内での歴代興行収入ランキングでもトップ3に入るほどの人気を博した映画「アナと雪の女王」。

しかし、どれほど素晴らしい作品なのかと人気の理由を知るために鑑賞すると、全く魅力を理解できないといった声が多くありました。

ありのまま〜の歌が有名なだけで面白くない駄作

日本ではMay Jが歌唱し、数多くの歌番組にも出演しました。

さまざまなバラエティ番組でも主題歌のパロディが制作され、動画投稿サイトYouTubeなどでも同様のパロディが制作・投稿されていました。

ディズニー作品ということもあり、もともとの認知度があったことに加えて、そういった大衆を巻き込んで拡散されていったことが興行成績にも反映されたと言えます。

しかし、歌も良い訳でもなく有名なだけであり、歌が有名なだけで映画「アナと雪の女王」のストーリーや映画として優れているのか、面白いのかと言えば否定的な意見が多く見受けられました。

ストーリーが破綻しすぎで面白くないしつまらない

映画「アナと雪の女王」のストーリーはありきたりで面白くないといった意見もある中で、そもそもストーリーが支離滅裂で破綻しているという意見も見受けられました。

ただの姉妹喧嘩を周りを巻き込んで盛大にしているだけであり、その姉妹喧嘩も中身がなく、とても一国のトップの人間たちの思考とは考えられない浅はかさです。

「知名度があって人気な作品を鑑賞した」というステータスを手に入れることができるというのが全てです。

話がくだらないしつまらない駄作

あまりにも多くの人が手放しに映画「アナと雪の女王」を絶賛しており、ネット上では批判的・否定的な意見を書き込むと、それだけで「人間ではない」とばかりに差別的な反論をなされることが多いです。

そうした環境もあり、良さを分からない自分の価値観や頭がおかしいのではないか?と思ってしまうといった書き込みも多く見られました。

人気作・一般受けした作品ではよく起こる現象の一つですが、周りがどう言おうが面白くないものは面白くありません。

ディズニーが苦手な人はつまらないし面白くない

ディズニー作品の雰囲気やキャラクターが苦手な人は、どれだけ人気作だとしてもつまらないと思うでしょう。

キャラクター造形の好みもあるため、気持ち悪いと感じる人は苦手なことに変わりはありません。

3Dアニメがつまらないし面白くない

他のディズニー作品が好きだったとしても、3Dアニメで制作された映画「アナと雪の女王」は違和感を覚えるかもしれません。

3Dに機械っぽさを感じてしまう場合には、普通のアニメーションが持つ魅力が存在しないため物足りなさを感じるでしょう。

原因・動機が意味不明でつまらないし面白くない

エルサだけがどうして魔法を使えるのか、他の遺伝関係はどうなっているのか?

そうしたキャラクターのバックボーンが不明なままストーリーが進んでいき、解決とも言えない解決で物語が終わります。

原因や動機を理解した上で作品を楽しみたいという人にとっては、ご都合主義展開のオンパレードで消化不良になってしまいます。

映画「アナと雪の女王」が感動するし面白いと感じるのはこんな人

映画「アナと雪の女王」に関して批判的な意見を紹介してきました。

もちろん、好意的な意見もあるのでいくつか紹介しましょう。

神田沙也加の演技が感動するし面白い

アナの吹き替え声優を担当した神田沙也加の演技を評価する声が多くありました。

意外な活躍やクオリティが高く評価されています。

曲が良いし感動するし面白い

楽曲に関する高評価は多いです。

ミュージカル作品ということもあり、いくつもの楽曲が使われておりミュージカル調の演出が好きな人にはたまらない作品だと言えます。

映画「アナと雪の女王」個人的な感想

人気作品とはいえ、ディズニーが好きでない人は面白くないというか拒否反応がすごいです。

ミュージカル調の演出はディズニー作品ではありがちですが、受け付けない人は何のために歌うのか?と考えてしまい全く集中できません。

そして、あくまでも子供向けです。

大人にとっての作品、特に男にとっての作品ではありません。

「女の子」と呼ばれるにふさわしい人たちが大手を振って喜ぶための作品です。

どうしてプリンセスでありながらも思慮深さのかけらもないのか?という点に疑問を感じてはいけません。

子供たちが自己を投影して、このようなお姫様気分を楽しむための作品であり、その後はディズニーリゾートへと向かい、より一層映画「アナと雪の女王」の世界に浸るためにあります。

そこでエルサやアナなどに出会ったり、自分が仮装をしてみてお姫様気分を味わったり、そうした妄想の世界に生きるための入り口がこの映画です。

映画「アナと雪の女王」を見て、一目惚れして婚約までしてしまう愚かなアナがエルサから頭を冷やすように言われ、その通りだと感じてしまってはいけません。

クリストフの役割やバックボーンが生かされていなかったり、ハンス王子を批判しておきながら結局同じように一目惚れでアナとくっついてしまう展開も受け入れるべきです。

なぜならば、ハンス王子は悪でありクリストフは正義の王子様だからです。

エルサとアナの姉妹間の愛の形についても、作品を通して育まれたということで納得すべきです。

当初からエルサはアナのことを大切に思っており、距離を置いていたことも十分な無償の愛だという考え方は間違いであり、ラストでようやく愛が生まれたのです。

劇中で描かれたことが全てであり、それらをすべて受け入れることができない人間こそが間違いです。

まとめ

・映画「アナと雪の女王」のあらすじは?

映画「アナと雪の女王」は2人のプリンセスを主人公とした自己犠牲と女性のたくましさを描いた作品です。

・映画「アナと雪の女王」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

  • 期待すると面白くないしつまらない
  • 人気の理由がわからない面白くないしつまらない
  • ありのまま〜の歌が有名なだけで面白くない駄作
  • ストーリーが破綻しすぎで面白くないしつまらない
  • 話がくだらないしつまらない駄作
  • ディズニーが苦手な人はつまらないし面白くない
  • 3Dアニメがつまらないし面白くない
  • 原因・動機が意味不明でつまらないし面白くない

・映画「アナと雪の女王」が感動するし面白いと感じるのはこんな人

  • 神田沙也加の演技が感動するし面白い
  • 曲が良いし感動するし面白い

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!