洋画

実写版「アラジン」ジャスミン役の評価と演技力は?吹き替え声優・木下晴香の歌が上手い

2019年に公開された実写版映画「アラジン」は、1992年に公開されたディズニーアニメ映画「アラジン」をもとに実写でリメイクされた作品です。

ストーリーやキャラクターの設定が現代的にアレンジされていたりしますが、挿入歌「ホール・ニュー・ワールド」をはじめとした楽曲は大変人気です。

今回は実写版映画「アラジン」でヒロインの王女ジャスミンの日本語吹き替え声優を担当した木下晴香の歌が上手いといったツイッター上の意見、

また、木下晴香がジャスミンを演じることになった起用の理由や演技力についても見ていきましょう。




実写版映画「アラジン」吹き替え声優・木下晴香の歌が上手い

実写版映画「アラジン」の日本語吹き替えでヒロインジャスミンの声優をしている木下晴香とは誰なのか?

またジャスミン役の演技の評判はどうなのでしょうか?

実写版映画「アラジン」のあらすじは?

実写版映画「アラジン」はアラブのとある国のアグラバーという都市を主な舞台にした作品です。

貧しいながらも優しく強い心の持ち主である主人公のアラジンが、偶然にも王宮を抜け出した王女ジャスミンと出会い恋に落ち、3つの願い事を叶えてくれる魔法のランプの魔人ジーニーと出会い運命の歯車が動き出す・・・。

といった物語です。

1992年のディズニーアニメ映画「アラジン」に比べると、ヒロインである王女ジャスミンの描かれ方が「活躍する女性」といった最近の風潮を反映した設定に変更されていたりします。

実写版映画「アラジン」王女ジャスミンの役どころは?




父親であるアグラバーの王様サルタンに過保護に扱われており、王宮から出ることを許されないでいる王女ジャスミン。

絶世の美女であり、諸外国の王子たちが見合いに現れますが政治のための結婚には消極的な王女です。

自分自身で結婚相手を選び、アグラバーの王国の民衆の幸せを実現できるような強い女王になりたいと思っています。

偶然王宮を抜け出したときに出会ったアラジンと恋に落ちることになります。

実写版映画「アラジン」吹き替え声優・木下晴香のジャスミン役の歌が上手い

実写版映画「アラジン」でヒロイン・ジャスミンの吹き替え声優を担当した木下晴香。

あまり馴染みのない人ですが、1999年生まれでまだ20歳の若手女優で舞台を中心に活動しています。

「アラジン」といえば、1992年のディズニーアニメ映画「アラジン」でも挿入歌「ホール・ニュー・ワールド」をはじめとした多くの楽曲がたいへん人気なミュージカル映画です。

実写版映画「アラジン」でもその歌に注目が集まっています。

日本語吹き替え声優・木下晴香の歌や評価はどうでしょうか?

主人公アラジンの日本語吹き替え声優を担当したのは俳優の中村倫也の歌唱に対しての批判は多くありましたが、ジャスミン役の木下晴香は総じて好評でした。

耳の肥えた人たちや、1992年のディズニーアニメ映画「アラジン」のジャスミン役・麻生かほ里との違いが気にかかる人もいるようです。

多くの観客は約30年ぶりの実写リメイクを好意的に受け入れており、特にジャスミン役の木下晴香の「芯のある透き通った歌声」の評価は高いです。

実写版「アラジン」ジャスミン役の評価と演技力は?吹き替え声優・木下晴香の歌が上手い

実写版「アラジン」ジャスミン役の評価と演技力は?

実写版映画「アラジン」はディズニーアニメのリメイクということもあり、早くから注目を集めていました。

そんな作品のヒロイン・ジャスミン役にどうして20歳の若手女優が起用されたのでしょうか?また木下晴香の演技力についても見ていきましょう。

実写版映画「アラジン」ジャスミンの吹き替え声優・木下晴香は誰でプロフィールは?

©Triston Entertainment .Inc
木下晴香
生年月日:1999年2月5日(20歳)
出身:佐賀県
所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

所属事務所のトライストーンは俳優・小栗旬のいる事務所です。

歌や舞台鑑賞が趣味で、小学3年生のころから地元・佐賀のミュージカル劇団「キッズミュージカル鳥栖」に所属していました。

2015年 「赤毛のアン」で全国公演のアンサンブル役(無名キャラクター)で舞台デビュー

「全日本歌唱力選手権・歌唱王」で決勝進出

2017年 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」ジュリエット役
2018年 ミュージカル「モーツァルト!」コンスタンツェ役(モーツァルトの妻)
2019年 実写映画「アラジン」ジャスミン役日本語吹き替え声優

「銀河鉄道999 さよならメーテル〜僕の永遠」メーテル役

ミュージカル「ファントム」クリスティーヌ役(ヒロイン)

舞台女優として活躍されてきましたが特に歌唱力の評価が高く、ミュージカルへの出演が主だっています。

実写版映画「アラジン」木下晴香がジャスミン役の理由・評価?

舞台女優として主に活躍をしている木下晴香は歌唱力が高く評価されています。

実写版映画「アラジン」のヒロインである王女ジャスミンの日本語吹き替え声優への起用の理由も、木下晴香の歌唱力によるものです。

また、映画「アラジン」の挿入歌「ホール・ニュー・ワールド」の人気は高く、この曲は主人公アラジンとヒロイン・ジャスミンのデュエット曲です。

実写版映画「アラジン」で主人公アラジンの吹き替え声優を担当する俳優の中村倫也とのハーモニーの美しさから、木下晴香の起用が決定しました。

しかし観客の評判としては、中村倫也と木下晴香のハーモニーはあまりよくないと評されています・・・。

実写版映画「アラジン」木下晴香の演技力は?

実写版映画「アラジン」のジャスミンの日本語吹き替え声優・木下晴香の歌唱力への評価は多く見受けられましたが、「演技がいい!」といった声はあまり見つかりませんでした。

ミュージカルへの出現が主だっていることもあり、どうしても歌唱力が注目されてしまうので、木下晴香の演技力に注目した意見が少ないのは仕方ないことではあります。

2018年に出演した舞台「モーツァルト!」の演技については

といった評価はありました。

原作のある人物を演じることが多いので、今後は「木下晴香の演技」というものが見られる役を演じられることを期待しています。

まとめ

・実写版映画「アラジン」のあらすじは?

実写版映画「アラジン」はアラブのとある国のアグラバーという都市を主な舞台にした作品です。

・実写版映画「アラジン」王女ジャスミンの役どころは?

父親であるアグラバーの王様サルタンに過保護に扱われており、王宮から出ることを許されないでいる王女ジャスミン。

偶然王宮を抜け出したときに出会ったアラジンと恋に落ちることになります。

・実写版映画「アラジン」吹き替え声優・木下晴香のジャスミン役の歌が上手い

主人公アラジンの日本語吹き替え声優を担当したのは俳優の中村倫也の歌唱に対しての批判は多くありましたが、ジャスミン役の木下晴香は総じて好評でした。

・実写版映画「アラジン」ジャスミンの吹き替え声優・木下晴香は誰でプロフィールは?

プロフィールをまとめました。

・実写版映画「アラジン」木下晴香がジャスミン役の理由・評価は?

実写版映画「アラジン」のヒロインである王女ジャスミンの日本語吹き替え声優への起用の理由も、木下晴香の歌唱力によるものです。

・実写版映画「アラジン」木下晴香の演技力は?

実写版映画「アラジン」のジャスミンの日本語吹き替え声優・木下晴香の歌唱力への評価は多く見受けられましたが、「演技がいい!」といった声はあまり見つかりませんでした。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です