洋画アニメ

映画「アラジン」ジーニーは自由になったその後どうなった?能力や強さについても

ディズニーアニメ映画「アラジン」は1992年に公開された映画で、続編映画が作られたり、テレビアニメも製作された人気の高い作品で、2019年には実写映画化されています。

挿入歌として使用された「ホール・ニュー・ワールド」はアカデミー歌曲賞を受賞しました。

今回は映画「アラジン」のジーニーは自由になったその後について、またジーニーの能力や強さについても紹介します。




映画「アラジン」ジーニーは自由になったその後どうなった?

映画「アラジン」のランプの精であるジーニーは、自由の身になったその後どこへ行ったのでしょうか?

映画「アラジン」ジーニーとはどんなキャラクター?

映画「アラジン」に登場するランプの精であるジーニーは、魔法のランプの所有者には誰であってもしもべとして振舞わなければならない使命を課されています。

陽気で明るい性格で、魔法の力を使って形を変えたり空間や時間を超越することが可能な宇宙のパワーを持っています。

超次元の能力を持つことの一端としてメタ的な魔法を使うことができ、他のディズニー作品や有名な小説の引用などの小ネタを盛り込んだりすることができます。

 

魔法のランプの所有者から願い事として自由を言い渡されて、世界中を旅する日がくることを願っています。

1万年もの間洞窟に封印されていましたが、主人公のアラジンが所有者となったことで、映画「アラジン」のラストで自由を手に入れます。

ジーニーは自由になったその後どこに行った?

映画「アラジン」のラストシーンで、主人公のアラジンは悪役・ヴィランのジャファーを倒し、再び魔法のランプの所有者になります。

アラジンは最後の願いとして約束通りにジーニーをランプの魔人の役割から自由にすることを願い、ジーニーの両手につけられた金の枷がはずれて、ジーニーは自由の身になることができました。

旅行の準備をしてスーツケースに荷物を詰めたジーニーは、アラジンとジャスミンの婚約を祝った後、旅に出ています。

どこの国をまわっていったのか?については特に言及されていませんが、世界中すべての国を訪問したと捉えられます。

ジーニーはエデンという名前のジーニーに出会い、恋に落ちます。

ジーニーがアラジンの元に戻ってきた理由は?

映画「アラジン」の続編では、ジーニーは再びアグラバー王国のアラジンの元に戻ってきています。

その理由として、自由を手に入れて世界中を回ることは楽しくはあったものの、一人ぼっちで友達もいない中で世界を旅行することはそれほど素晴らしいものではなかったと語っています。

友人であるアラジンとの生活が恋しくなったのでジーニーは戻ってきました。

ジーニーはアラジンに対して、自由の身になったことで魔力が減少したと語っていますが、それほど遜色のない宇宙のパワーを発揮し続けています。

映画「アラジン」ジーニーの能力や強さは?

映画「アラジン」に登場するジーニーはただのランプの精ではなく、宇宙のパワーを持った最も強力な存在として描かれています。

ジーニーの能力や強さはいったいどのようなものでしょうか?

ジーニーの強さの設定は?

映画「アラジン」で主人公アラジンが出会うジーニーは、宇宙で最も強力な存在のうちの一人として描かれています。

ジーニーの他にもランプの精は存在しており、ジーニーと同じく宇宙のパワーを利用することができる強さを持っています。

それゆえに、ジーニーには叶えられる願い事のルールや禁止事項が設定されています。

ジーニーの能力は?

ジーニーは宇宙のパワーを利用することができるので、自然界の法則を破り、どんなものでも形を変えたり、映画の世界を飛び越えてメタ的なネタを盛り込んだりすることが可能です。

唯一できないことは封印された洞窟から自ら出て行くことです。

アラジンの願い事によって自由の身になってからは魔力が弱まり、全能ではなくなりましたが、それでも無限の魔力や知識をもっているので、問題を解決するには十分です。

ジーニーの体が青い理由は?

ジーニーのモデルはアラブの国々に存在する「ジン」という万物に宿るとされている霊的な存在です。

原作にも雲のような存在として描かれていることも、ジーニーが青色をしている理由の一つと言えます。

ジーニーは映画「アラジン」の製作段階の初めには紫色の肌を保つことになっていました。

しかし、作品の世界観を簡潔に見せるためにジャファーと対立する構図として「赤と青」のイメージカラーが選ばれました。

悪役・ヴィランのジャファーはまさに赤を体現しており、人間のときにも赤色のローブを着ていたり、魔人になったときにも全身がまっかになります。

映画「アラジン」の中で「赤=悪」と「青=善」という構図ができており、ジーニーは善なる存在ということから青い肌を持つことになりました。

このイメージカラーはジャファーとジーニーに限ったことではなく、赤色の空が立ち込めていたり、赤色の服を着ているキャラクターは悪役や不吉な空気を表しており、ジャスミンを筆頭に青色の服を着ているキャラクターは善の象徴として描かれています。

ジーニーがアラジンに対して願い事の説明をしている時に赤い肌になるシーンがあるのは、終盤のジャファーの魔人化の伏線でもあります。

まとめ

・映画「アラジン」ジーニーとはどんなキャラクター?

陽気で明るい性格で、魔法の力を使って形を変えたり空間や時間を超越することが可能な宇宙のパワーを持っています。

・ジーニーは自由になったその後どこに行った?

どこの国をまわっていったのか?については特に言及されていませんが、世界中すべての国を訪問したと捉えられます。

・ジーニーがアラジンの元に戻ってきた理由は?

友人であるアラジンとの生活が恋しくなったのでジーニーは戻ってきました。

・ジーニーの強さの設定は?

映画「アラジン」で主人公アラジンが出会うジーニーは、宇宙で最も強力な存在のうちの一人として描かれています。

・ジーニーの能力は?

ジーニーは宇宙のパワーを利用することができるので、自然界の法則を破り、どんなものでも形を変えたり、映画の世界を飛び越えてメタ的なネタを盛り込んだりすることが可能です。

・ジーニーの体が青い理由は?

映画「アラジン」の中で「赤=悪」と「青=善」という構図ができており、ジーニーは善なる存在ということから青い肌を持つことになりました。

 

いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です