十二人の死にたい子どもたち

12人のしにたいこどもたちがつまらないし面白くない!駄作と感じる理由や評価・感想

映画「十二人の死にたい子どもたち」は冲方丁原作の小説を映画化した作品です。

今回は、映画「十二人の死にたい子どもたち」がつまらないし面白くないと感じる理由、

駄作といった評価・感想をツイッター上の意見とともに紹介します。

U-NEXTなら映画「十二人の死にたい子どもたち」を今すぐ実質無料で視聴することができます♪

登録は1分程度で解約も会員ページから簡単!

31日間の無料トライアル期間に解約すればお金は一切かかりません。

補足

・U-NEXTは31日間の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません。

・U-NEXT登録方法はこちら

U-NEXT(ユーネクスト)の登録方法|登録できない・メール届かない理由と原因対策についても

・U-NEXT解約方法はこちら

U-NEXT(ユーネクスト)の解約方法|無料トライアル・退会は電話でもできるかについても

映画「十二人の死にたい子どもたち」のあらすじ

映画「十二人の死にたい子どもたち」は冲方丁によるサスペンス小説を、堤幸彦監督が映画化した作品です。

新田真剣佑や杉咲花、橋本環奈など多くの若手俳優たちが出演していることで話題にもなりました。

 

自殺願望があるものの、痛い思いをして死ぬことにはためらいがある12人の少年少女が廃病院の一室に集まる。

12人の目的は集団安楽死だった。

安楽死の目的はさまざまだったが、病室で12人を待っていたのは一体の遺体。

まだ温もりのあるこの遺体は誰なのか、自分たちと同じく安楽死を望んでいた人間であり、13人目の仲間だったのか、それとも何者かによって殺されてしまった姿なのか?

あくまでも12人の目的は安楽死であり、遺体の正体は関係ないと思いつつも、このまま安楽死を実行すればこの13人目の遺体は自分たちが殺したことになってしまい犯人に仕立て上げられてしまう可能性があった。

周囲には犯人のものと思われる痕跡が残されていた。

死ぬことを目的に集まった12人だったが、自分たちの中に殺人犯が紛れ込んでいるかもしれないという事実に疑心暗鬼に陥る・・・。

映画「十二人の死にたい子どもたち」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

では、映画「十二人の死にたい子どもたち」はつまらないし面白くないといった感想、

駄作と感じる理由や評価をツイッター上の声とともに紹介して行きます。

ハッピーエンドでつまらないし面白くない

映画「十二人の死にたい子どもたち」の盛り上げ方やダークな雰囲気、タイトルのインパクトの強さから、かなりの問題作を期待していた人が多くいます。

密室で行われるデスゲーム・サスペンスを見たかった人には、ある意味で最初から底が見えてしまっているエンディングに向けて突っ走っていくだけの作品はつまらない作品でした。

自殺に至る動機も、それを身に纏っているはずの俳優たちの演技も薄っぺらいものです。

予想通りの結末でつまらないし面白くない

ラストは無事に安楽死を成し遂げるか、犯人によって無惨に殺されていく展開。

この2つが妥当です。

しかし、厚生労働省とのタイアップで自殺予防の作品でもあるためか、とても生温いお涙頂戴で終わりです。

12人それぞれの自殺をしなければならない理由に感情移入できません。

人数が多すぎることも要因かと思いますが、現実感がないように思えます。

最終的に自殺をしないという結論に至ること自体は構いませんが、初対面の人の言葉で説得されてしまうようなものだったのでしょうか?

脚本が倉本裕だからつまらないし駄作

映画「十二人の死にたい子どもたち」の脚本を倉本裕が担当しています。

1972年生まれである程度キャリアのある方のようですが、過去に倉本裕が脚本を担当した作品がつまらなかったことから、映画「十二人の死にたい子どもたち」がつまらないことも仕方がないと納得する人もいました。

想像と内容が違いすぎて面白くない駄作

デスゲームやサスペンスものといった想像と、映画「十二人の死にたい子どもたち」の内容が一致していないことでがっかりした人は多くいました。

道徳的な展開でエンターテイメント性に欠けることも影響して、何度も繰り返し見たくなるような魅力を持っていない作品だという声がありました。

自殺志願者が救われない映画で面白くない

さまざまな背景を持った子どもたちが安楽死のために集まりますが、ステレオタイプ的な部分が多いです。

本当の意味でそれら一人ひとりの個性を生かして、それぞれにとって納得のいく「自殺をしないで生き続ける理由」を答えられていません。

ラストがクソでつまらないし演技も下手

ラストの展開には考えさせられて面白かったという人がいる一方で、多くの場合はがっかりしたり、呆れてしまったりという意見でした。

俳優たちの演技も、脚本に無理があるせいなのか演技力に欠けるのか、その両方なのか分かりませんが、ひどい演技でした。

魅力がないし面白くないしつまらない

物語の起伏も特になく、安楽死をめぐるストーリーかと思えば最後まで探偵ごっこをして終わります。

自分たちの死について深く言及した訳でもなく、脚本ありきのめちゃくちゃな推理で事件を解決しただけなのにハッピーエンドで終わる部分も何もかも納得がいきません。

いったい何を見せられていたのか?何のための映画だったのか分かりません。

ストーリーがめちゃくちゃでつまらない駄作


結論から作られている作品なのでしょう。

それ自体は良いとしても、視聴者に感情移入させてくれるだけの作品には仕上がっていません。

私たちが脚本の足りない部分を補いながら、好意的に見ていかないと破綻したストーリーが気になって仕方ありません。

映画「十二人の死にたい子どもたち」が面白いし楽しめるのはこんな人

映画「十二人の死にたい子どもたち」に対して批判的な意見を紹介してきましたが、好意的なものもあるのでいくつか紹介します。

どのようなタイプの人が映画「十二人の死にたい子どもたち」を面白い・楽しかったと感じられるのでしょうか?

高杉真宙好きなら面白いし考えさせられる

終始重たく暗い雰囲気で進んでいくため、考えさせられる部分があって見る価値があったと感じる人もいました。

また、高杉真宙のファンにとっては活躍する高杉真宙の姿が見られるため、見る価値があると言えます。

死にたくてしんどい人は見ると面白い

自殺をしたい人には見る価値がないという人もいれば、死にたくてしんどい人ほど見て欲しいという意見もありました。

人によっては映画「12人の死にたい子どもたち」のキャラクターたちに感情移入をして、自分も救われた気持ちになることができるのかもしれません。

真剣佑や俳優のファンは楽しめる

若手俳優たちが目白押しなので、一人でも自分が応援している俳優が出演しているのであれば、見てみると良いかもしれません。

橋本環奈が可愛いし面白い

橋本環奈の可愛さは評価されています。

演技力に関しても橋本環奈や杉咲花は、雰囲気もしっかりしていて魅力的だったという意見がありました。

伏線・フラグ回収が気持ちいいし面白い

推理モノとして見ることができていれば、そこかしこに散りばめられた数多くの伏線・フラグが次々と終盤にかけて回収されていくため気持ちよさを感じられるようです。

映画「十二人の死にたい子どもたち」個人的な感想

過激なタイトルや宣伝手法から、バトルロワイアルのような問題作を期待していた部分もありました。

しかし、厚生労働省のタイアップという時点で、むしろ国が奨励するような綺麗事のオンパレードで終わる作品だということは決定していました。

なので失望する反面、ごく当たり前のありきたりなエンディングの軽さにも納得がいきました。

また、自殺志願者がこの作品を見ることで救われる可能性があるのか?という部分については、高校生程度ならあるのかなと思います。

 

そもそも、本当に自殺をしたい人間の何割が集団安楽死というめんどくさいプロセスを踏みたがるのか?

これは作中でも言われている通り、「痛いのはいやだけど死にたい」という程度の思考が許されている人にできる選択です。

なのである意味では「死にたいわー」と、口癖のように言っているような若者が登場人物であり、その程度の悩みだと言えます。

そういったファッション感覚で自殺を口にしているような人たちにとっては、ちょうどいい作品なのでしょう。

 

密室のデスゲームを期待してしまっていましたが、集団安楽死をしたがる上に全員一致でなければ行動を決定しないというヌルさからして、そもそも期待していたこと自体が間違いでした。

自殺の目的に関しても、薄っぺらさを感じてしまいましたが、そもそも登場人物たちの重さはその程度であり、自殺予防としての映画の役割も、ファッション感覚で自殺を口にしている程度の人たちであるならば、むしろターゲット層に刺さる作品だと言えます。

つまり、映画「十二人の死にたい子どもたち」は、本当に自殺をしようと覚悟を決めてしまっている人ではなく、ファッション感覚で「自殺したい、死にたい」と言っている自分がカッコいいと思っている人たちが、自殺を口にしたがらなくすることを目的としているのでしょう。

まとめ

・映画「十二人の死にたい子どもたち」のあらすじ

映画「十二人の死にたい子どもたち」は冲方丁によるサスペンス小説を、堤幸彦監督が映画化した作品です。

・映画「十二人の死にたい子どもたち」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由

  • ハッピーエンドでつまらないし面白くない
  • 予想通りの結末でつまらないし面白くない
  • 脚本が倉本裕だからつまらないし駄作
  • 想像と内容が違いすぎて面白くない駄作
  • 自殺志願者が救われない映画で面白くない
  • ラストがクソでつまらないし演技も下手
  • 魅力がないし面白くないしつまらない
  • ストーリーがめちゃくちゃでつまらない駄作

・映画「十二人の死にたい子どもたち」が面白いし楽しめるのはこんな人

  • 高杉真宙好きなら面白いし考えさせられる
  • 死にたくてしんどい人は見ると面白い
  • 真剣佑や俳優のファンは楽しめる
  • 橋本環奈が可愛いし面白い
  • 伏線・フラグ回収が気持ちいいし面白い

 

U-NEXTなら映画「十二人の死にたい子どもたち」を今すぐ実質無料で視聴することができます♪

登録は1分程度で解約も会員ページから簡単!

31日間の無料トライアル期間に解約すればお金は一切かかりません。

補足

・U-NEXTは31日間の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません。

・U-NEXT登録方法はこちら

U-NEXT(ユーネクスト)の登録方法|登録できない・メール届かない理由と原因対策についても

・U-NEXT解約方法はこちら

U-NEXT(ユーネクスト)の解約方法|無料トライアル・退会は電話でもできるかについても

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ABOUT ME
シゲゾウ
シゲゾウ
アラサーのエンタメ好き兄ちゃんデス。 教育関連の仕事に就いています。 エンターテイメントを肌で体感してあなたに新鮮な感動と興奮する情報をお届けします!!! やってみなきゃ分からない!をモットーに何にでも前のめりで挑戦していきます!!